知る人ぞ知る新潟の秘湯・西方の湯探訪

2022年5月2日観光,趣味

知る人ぞ知る新潟の秘湯・西方の湯について

 

スポンサーリンク

西方の湯へのアクセス


 

新潟市の中心から国道7号の新潟バイパスで北へ向かい、蓮野ICで海側の道に降りる。

大型商業施設のPLANT4免許センターを通り過ぎ、国道113号を道なりに進んでいく。

海沿いの道をひたすら進み、加治川、松林、落堀川などを越えてしばらく進むと、遠くに異様な姿が見えてくる。

親鸞聖人の立像だ。

そのふもとに秘湯・西方の湯がある。

 

 

スポンサーリンク

西方の湯の営業時間


 

西方の湯の駐車場はとても広く、40~50台ぐらいは車が停まれそうです。

塀を抜けて入口へ向かいます。

 

入り口には営業時間が貼ってありました。

火曜日が定休日で、AM10時~PM8時まで営業しているそうです。

入場には大人500円子ども300円の入館料がかかります。

ちなみに、タオルは持参していった方が良いと思います。

 

年末年始も無休で営業しているようです。

 

館内に入ってみましょう。

 

スポンサーリンク

西方の湯の中へ


 

館内に入ると下足場とロッカーなどがあります。

靴を脱いで置いてあるスリッパをはきます。

入口の左手に受付がありました。

 

昔、テーマパークを作る予定だったらしく、色々な物が置かれています。

館内は全体的に薄暗く、それらが相まって異様な雰囲気を醸し出しています。

西方の湯がアングラな紹介の仕方をされやすい理由だと思います。

 

以前、ここのおやじさんや奥さんと話をしたことがありますが、館内の雰囲気に反してとても気さくな方たちでした。

踏み込みにくい雰囲気の施設ですが、だからこそ人が少ないですし温泉の質も良いので、好きな場所の一つです。

近くに住んでいる人や、東港などで釣りをした帰りの人が寄ることが多いようです。

 

受付で料金を支払いますが、受付の人は事務室の中にいることが多いです。

受付に置いてあるベルを鳴らして呼びます。

このベルは強めに鳴らした方が良いようです。

 

初めての人は料金を払うときに、浴場の場所を教えてもらえます。

入口から見て右奥の通路を進むと浴場があります。

 

これは通路の浴場側から撮った写真です。

壁には宗教画のようなものが掛かっています。

通路の突き当りに男湯があります。

ここから左手に行くと、トイレ女湯があります。

 

暖簾をくくって脱衣所へ。

 

スポンサーリンク

西方の湯の脱衣所


 

スリッパを脱いで脱衣所へ上がります。

脱衣所にはロッカーの他に健康器具などがあります。

ロッカーは縦長で大きく、鍵が付いています。

洗面台ドライヤーも用意されています。

 

大きな窓からは露天風呂が見えます。

冬季は営業していないようです。

 

脱衣所は寒いので、急いで浴場に入ります。

 

スポンサーリンク

西方の湯の浴場


 

浴場には人がいたため、写真は撮りませんでした。

 

浴場にはシャワーがいくつかありますが、それぞれお湯を出すためのノブが違っています。

リンスインシャンプーボディーソープが揃っています。

身体を洗ってお湯に入ります。

 

お湯はぬるい湯あつい湯に分かれています。

ぬるい湯よりあつい湯の方が広さがあります。

ぬるい湯には人がいたので、誰もいないあつい湯に入りました。

 

お湯の色は淡黄色で、少し濁っているが透明です。

臭いはよく消毒やヨードの臭いと言われていますが、正直よく分かりません。

独特な臭いだというのは間違いありません。

 

お湯が口に入るとしょっぱい味がします。

海の側で源泉を汲んでいるからでしょうか。

効果の強そうな湯です。

肌がすべすべします。

 

あつい湯と書かれているだけあって、あまり長く入っていられません。

お湯から上がって少し体を冷まし、再度入ってを繰り返しました。

 

しばらくしてから脱衣所に戻りました。

とても心地良い湯でした。

 

スポンサーリンク

まとめ


 

西方の湯は知る人ぞ知る秘湯ですが、車であればアクセスしやすく、一度入ればやみつきになること間違いなしです。

玄関や館内は暗くて雰囲気があるので人を選ぶかもしれませんが、浴場が広々としていることもあり、お湯はとても心地が良いです。

 

話の種にもなるので一度通ってみることをオススメします。

スポンサーリンク