マイクロフォーサーズの300mmレンズで月の写真撮影

2024年3月24日

オリンパスのOM-D E-M5 Mark IIIを購入しました。

初めて購入した一眼ミラーレスカメラであり、機能を試しながら写真を撮りまくっています。

 

300mmレンズを使って月の写真も撮ってみました。

撮影して画像を拡大してみると、今までに見たことがないくらい、クレーターや模様を細かく見ることができ、しばらく月の撮影にはまりました。

 

以下に掲載している画像は、撮影した写真をトリミングしたものです。

 

 

 

 

 

月を見ると、欠けて明暗の境目ができている部分に、クレーターがよく見えます。

月は観察する日によって欠け具合が変わるので、クレーターが見える位置も変わり、何度観察しても飽きません。

 

朝の月。

 

300mmで、オリオン座のオリオン大星雲のあたりも写してみました。

薄いもやがオリオン大星雲です。

4つの重星(トラぺジウム)も見えています。

きれいに写すには、専用の機材が必要ですし、撮影に適した環境も吟味しなければなりません。

アストロアーツというサイトなどで、もっと鮮明な画像を見ることができます。

 

オリオン座は見飽きるぐらい見てきましたが、今までオリオン大星雲というものの存在を知りませんでした。

双眼鏡や天体望遠鏡などでも観察することができます。


2024年3月24日写真

Posted by 無郷庵