さらに久しぶりのカヤックフィッシング2022/9/5

2022年11月1日fishing,pictures,アウトドア,カヤック,釣り,釣行記

前回カヤックフィッシングをしたのは5月だったか。

魚の気配がなく、魚探にも全く反応はなく、結局一匹も釣れなかった。

6~7月にはサゴシを釣りに行きたかったが、うまく休日と波の低い日が合わず、一度も行けずじまいになってしまった。

 

夏も終わりに近づき、ようやく条件の良い日が巡ってきた。

久しぶりにカヤックで出航しよう。

 

前日まで悪天候で、さらに数日後には日本列島を台風が通過する予定だ。

それでも、この日は朝に少し波があるだけで、その後は波が落ち着くようだ。

カヤックフィッシングには問題ないくらいの波高だろう。

 

 

魚探を見ながら漕ぎ進むと、良さそうな反応が頻発する。

 

 

海岸近くはカヤックが揺れるぐらいの波だったが、沖へ出ると波は落ち着いている。

 

 

今日は暑いので、何かあったときにすぐ戻れるよう、あまり沖には出ずに釣りをする。

水深16mぐらいでジグを落とし込む。

 

 

丁度よく空には雲がかかり、日差しを遮ってくれている。

 

 

この日は魚の活性が高かったようで、早速ジグに魚がヒット!!

 

 

30cmに満たないぐらいのワカシが掛かった。

 

 

このぐらいの大きさでも結構な引き。

さらに釣りを続ける。

 

またも何かがヒット!!

今度は引きが強い。

 

 

釣れたのはマダイだ。

底付近で食ってきた。

サイズはそれほど大きくなく、25cmぐらいではないだろうか。

 

またジグを落とし込み、すぐに何者かが掛かる。

引きはそれほど強くない。

 

 

釣れたのはエソだ。

毎回エソを釣っている気がする。もうおなじみになってしまった。

 

魚探の反応が出ていない場所で落とし込んでいたが、ジグが中層付近に達すると、急に反応が現れだした。

何匹もの魚がジグめがけて来ているようだ。

 

すぐに魚がヒットした。

結構強い引きだ。

 

上げてみると...

 

何とワカシが2匹同時に掛かっていた!!

これは初めての経験だ。

 

 

釣った魚を捌いてみたが、胃の中には何も入っていなかった。

ワカシもマダイも、餌となる小魚を探して回遊していたのだろう。

 

その後、またマダイがヒット。

 

小さいのでリリースした。

 

今回はカヤックが陸に流されるようで、いつの間にか魚探に表示される水深が浅くなっていた。

日が昇り暑さが増してきたので、陸に向かうことに。

 

途中、底付近に魚が固まっているような反応が出ていたので、ジグを落とし込んでみると、手のひら半分程のサイズのマダイが掛かってきた。

ジグよりも小さいのによく掛かってきたなと思う。

餌が少なく飢えているのだろうか。

 

陸に上がって荷物を片付ける。

気付けばカヤックを運ぶのが楽になっている。

運搬のコツをつかめたようだ。

 

釣れた真鯛は清蒸にした。

 

これまでのカヤックフィッシング一覧