新潟県村上市の多岐神社探訪

2021年5月16日アウトドア,サイト全般,サブカルチャー

スポンサーリンク

新潟県村上市の多岐神社


 

新潟県の県北にある村上市。

ここから海沿いに北へ進むと、私がよく釣りに行く笹川流れがあります。

 

このページで紹介する多岐神社は、村上市街から笹川流れに向かう手前にあります。

 

村上市街から国道345号を北上し、三面川にかかる瀬波橋を渡ってすぐ左側に、川沿いの集落へと降りる道があります。

道路は集落の真ん中を通り道幅も狭いので、人や車に注意が必要です。

その道路を道なりに進んでいくと、突き当りに車が何台か停められるような場所があります。

 

当日は何台か車が停まっていましたが、三面川の河口で釣りをする釣り人のようでした。

 

駐車スペースから川沿いを歩いていきます。

 

すぐ隣には三面川の河口があります。

水深は結構浅く、流れも穏やかです。

 

河口から上流の方を見ます。

 

ところどころ、このような小さい橋があります。

 

途中、視界が木々に覆われる場所がありました。

 

また橋があります。

 

道を進むと、右手に滝が見えます。

 

滝のすぐ側まで近づくことができます。

 

 

虹がかかっていました。

 

滝から海の方を見ます。

隠れ家のようで良い雰囲気です。

 

社にたどり着きました。

中央に見える看板には、多岐神社の由来などが書かれています。

多岐津姫命を祀っているので多岐神社というそうです。

 

ここから先に行くと、岩ヶ崎の方に出るようです。

三面川の河口でシーバスを狙っている釣り人がいました。

 

陸地の先端にある小さい堤防が見えます。

このあたりでブリが釣れたと聞いたことがあります。

 

来た道を引き返し、車に戻りました。

このまま笹川流れを北上し、蓬莱山のあたりまで行きました。

以前蓬莱山の沖でマゴチを釣ったのを思い出しました。

スポンサーリンク