ダイソーの新商品・メタルジグとメタルバイブ

2021年4月20日釣り,釣具

スポンサーリンク

ダイソーのメタルジグ


 

先日ダイソーにメスティンを買いに行きました。

 

ついでにダイソージグを購入しようと思い、釣り具のコーナーに行ってみました。

ダイソージグについてはこちらのページに詳しく書いています。

 

売り場に行くと見たことのない商品が。

何と新商品が売られていました。

その名も”メタルジグ”。

 

ジグロックと比べてかなり細身のジグです。

下がジグロックの画像です。

 

カラーはイワシカラーのみで、重さのラインナップは18g,28g,40gの3種類です。

ジグロックと同じです。

 

縦幅も横幅もかなり狭く、市販のジグでもあまり見ないタイプです。

 

下の画像は下から見た図です。

 

本体は鉛で、フックはハイカーボンスチールだそうです。

ハイカーボンスチールは高炭素鋼のことだと思うので、伸びが少ない素材です。

ジグロックはカーボンスチールだったのですが、それよりもカーボンの量が多いのかもしれません。

ステンレスではないのでこのフックも錆びやすいかもしれません。

 

手触り的に塗装がしっかりしている気がするので、コーティングせずにそのまま使ってみようと思います。

 

スポンサーリンク

ダイソーのメタルバイブ


 

メタルジグの他にもメタルバイブが売られていました。

 

フックは黒塗装のダブルフックです。

素材は炭素鋼と書かれていました。

ちなみに本体は亜鉛の合金です。

 

何とスナップも付いていました。

スナップの素材はステンレスと書かれていました。

 

フックもスナップも、触ってみるとそれほど軟ではなさそうなので、何匹か魚を釣るぐらいなら問題なさそうです。

本格的に使うならば交換したりスプリットリングを付けたりした方が良いかもしれません。

 

重さは7gと10gしかなく小さめなので、遠投には向きません。

近場のピンポイントを狙うような釣りに向いていると思います。

 

近いうちにこのメタルジグとメタルバイブで魚を釣ってみたいと思います。

 

※以下は4/20追記です

スポンサーリンク

実際に使用してみて


 

実際に新しいメタルジグを使ってみました。

場所はハッピーフィッシングです。

 

メタルジグのイワシカラー40gを投げたところサゴシが一匹ヒットしたのですが、足元でばらしてしまいました。

周りもあまり釣れていない日でした。

 

数時間使ってみましたが塗装は一部が剥げただけでした。

よく見ると下地が塗ってあるようです。

ジグロックやジグベイトより塗装が剥げにくくなっています。

これならコーティングをしなくても使えそうです。

 

また、フックなどの金属パーツに関しては予想通り錆びてしまいました。

こちらは使っているとすぐに黄色く錆びてくるので、スプリットリングとフックは交換してから使ったほうが良いでしょう。

スポンサーリンク