タイトル画像




カヤックフィッシングの必需品と予算













カヤックフィッシングの必需品と予算について


カヤックフィッシングは、非常にお金のかかる趣味です。 まず本体のカヤックが高く、必要なパーツや車載道具、そして釣具なども考えると、今までに結構な金額を使ってきました。 おまけにカヤックは場所を取りますし、何とコストパフォーマンスの悪い趣味だろうと思います。 ですが、それでもやめられないほどの魅力がカヤックフィッシングにはあります(ということはコストパフォーマンスが良いと言えるのかもしれませんが)。 カヤックフィッシングの予算 カヤックフィッシングの予算 このページでは、そんなカヤックフィッシングを始めるために必要なものと、その大体の費用について書いていきます。

カヤック本体の費用

私が購入したカヤックは、ストリームジャーニーのBARRACUDA(バラクーダ)というカヤックです。 Amazonで7万円ほどで購入しました。 カヤックフィッシングの予算 今思えば、よく実物も見ずに通販で買ったなあと思うのですが、購入してから今まで特に問題なく使えており、性能も十分です。 わりと全長が短めで、他のカヤックに比べると軽いので、一人でカヤックフィッシングをやるには、これぐらいのモデルがピッタリだと思っています。 カヤックを買う前に通販サイトを色々と見てみたり、実物が展示してある店などを周ってみましたが、カヤックを購入する予算としては7万~15万ぐらいが妥当のようです。 私が購入したものが最安値圏内で、全長や材質・装備などよって値段が変わっていきます。 さらに高いものになると、足でペダルを漕いで推進力を得るタイプのものもあります。 足漕ぎ式は疲れにくいですし、手がフリーになるので釣りがしやすいというメリットがあります。 ただ、値段が高くなるのと、ペダルの分重くなってしまうのがデメリットです。 ペダルは取り外し式になっているものが大半のようですが、ペダルを取り付けるスペースの分だけカヤックが大きく重くなるので、ペダルを取り外しても一人で持つのは大変そうです。

カヤックに乗るための装備やパーツ

・パドル カヤックに乗るためにはパドルが必要です。 カヤックを購入するとついてくることもありますが、万が一沖で紛失したときのために、もう一本予備を持っておきたいものです。 私はMORGEN SKYのグラスファイバーパドルを購入しました。 カヤックフィッシングの予算 パドルのグレード的に、アルミが一番安く、グラスファイバー、カーボンと値段が高くなっていきます。 私が購入した頃は5000円程でしたが、最近では7000円ほどになっていました。 ・ライフジャケット 万が一カヤックから落ちたときのためにも必須の装備です。 釣り用の4000円ぐらいのものから、カヤックフィシング用の1万5千円ぐらいのものまであります。 カヤックフィッシングの予算 私はモンベルでカヤックフィッシング用のものを購入しましたが、肩周りが快適でカヤックを漕ぎやすい作りになっています。 ・ドライスーツ カヤック用の防水スーツです。 カヤックフィッシングの予算 首や手首・足首のところにゴムが付いていて、スーツ内に水が侵入しないようになっています。 カヤックフィッシングの予算 海で泳げるような真夏以外の季節では、必要な装備です。 上下一体型のフルドライスーツと、上下が分かれているものがあります。 フルドライスーツは冬などに必須で3万円ぐらい、上下が分かれているものも合わせて3万円ぐらいしたと思います。 ライフジャケットやドライスーツについては、カヤックフィッシングの服装のページに詳しく書きました。 ・リーシュコード カヤックから落ちた際にカヤックから体が離れないようにするため、カヤックとライフジャケットなどを結んでおくケーブルです。 カヤックフィッシングの予算 サーフボードに付いていたものを流用したのでタダでしたが、購入すると千円~2千円ぐらいだと思います。 ・セーフティーコード 道具が万が一海に落ちたときのため、カヤックと道具を繋いでおくためのケーブルです。 カヤックフィッシングの予算 特に、パドルは必ずカヤックに繋いでおきましょう。 安いもので、3本セットで1000円ぐらいのものがあります。 ・ビルジポンプ カヤックから排水するためのポンプです。 カヤックフィッシングの予算 どちらかといえばシットインカヤックに必要なものですが、シットオントップカヤックでも持っておいたほうが良いでしょう。 私は1500円ぐらいで買った覚えがあります。 ・フラッグ カヤックに立てる旗です。 カヤック用のものは数千円しますが、私はダイソーで売っている竹の釣り竿と、布切れで自作しました。 カヤックフィッシングの予算 材料と作り方、立て方は別のページに書こうと思います。 ひとまず、ここまでが最低限、カヤックで沖に出るために必要なものです。 他にも細々とした道具が必要になりますし、食べ物と飲み物などもできるだけ積み込んでおいたほうが良いです。

カヤック車載用の道具

カヤック本体だけでなく、カヤックを水場に運ぶための道具も必要です。 ・キャリアー 車の上に付けるキャリアーです。 カヤックフィッシングの予算 鉄製のもので2万円ぐらい、錆びにくいアルミのもので3万円ぐらいだったと思います。 最初はカーアクセサリーを取り扱っている店で購入し、取り付けまでやってもらったほうが良いでしょう。 また、キャリアーとカヤックの間に入れるキャリアパッドも必要です。 ホームセンターで適当なクッション材を買って自作しても良いでしょう。 ・ラッシングベルト キャリアーに荷物をくくりつけるときに使います。 ラッシングベルトは荷締器付きのベルトで、器械の力でかなり強く荷物を固定することができます。 カヤックフィッシングの予算 1本千円もせず買うことができます。 カヤックと車の前後にロープラチェットを付けておくと、なお良いと思います。 ここまでの道具で、最低限カヤックを車載して海まで行き、カヤックに乗って沖に出ることができるでしょう。 かかった金額を考えると、どんなに安いもので揃えたとしても、10万円は超すと思います。 カヤックフィッシングには釣具も必要です。 カヤックフィッシングの予算 私が行っているジギングで考えると、一から道具を揃えるならば、そこそこのもので揃えても1万5千円~2万円はかかりそうです。 魚探もほぼ必須なため、もう2万円ぐらい必要です。 カヤックフィッシングの予算 全て合計して、カヤックフィッシングを始めるには15万円ぐらい必要な計算になります。 結構な金額になりました。 そしてカヤックフィッシングを始めていくと、あれもほしい、これもほしい、これがあればもっと快適に釣りができる・・・などと際限なく欲しい物が増えていき、、、 やはりカヤックフィッシングはコスパの悪い趣味なのかもしれません。