【はじめに】車で北海道をほぼ一周

2024年7月4日

北海道を車でほぼ一周

これから続く一連のページは、2024年・6月12日から27日までの16日間で、私が車で北海道をほぼ一周したときの記録です。

 

ほぼ一周ということについてですが、完全に海沿いを一周したわけではないため、ほぼという表現を使っています。

 

今後のページで行程を示していきますが、

・渡島半島の西部

・石狩市周辺

・霧多布湿原のある厚岸町周辺

・サロマ湖周辺の海岸沿い

などは通りませんでした。

 

この旅では、元々行ってみたいと思っていた観光地を線で結び、ルートを構築しています。

時間が十分にとれないタイミングで北海道を訪れたため、完全に一周することにこだわりませんでした。

 

総走行距離は3002.2km

ネットで、北海道を海岸線沿いに一周したときの距離を調べてみると、3000kmと書いてあるサイトがほとんどでした。

それが正しいとすれば、今回、一周にあたる距離を走ったことになります。

 




内容について

観光地を巡って撮影した写真を掲載し、そこで感じたことなどを書いています。

 

文体は、臨場感を出すため現在形にしていますが、文章を書いたのは一周を終えてから、当時の日記などを見ながら書いています。

たまに過去形の文体が混じることもありますが、それも意図した表現です。

 

ページの中で、北海道を観光するのに役立つ情報を提供しようという意思は、あまりありません。

結果として役に立つような情報を書くこともありますが、あくまで単なる旅日記です。

 




立ち寄った箇所について

一周の際、ガイドブックはフルに活用しました。

 

旅に出る前、ガイドブックで面白そうな場所を調べ、それらの場所を線で結び、おおまかなルートを決めておきました。

実際に現地へ赴き、そのときの気分でルート変更したこともあります。

 

特に穴場探しをする気もなく、自身の興味やそのときの気分に従って、回りたいところを回っています。

そのため、札幌や旭川・函館などの都市部を、ほとんど素通りしています。

 




掲載する写真について

現地では写真を山のように撮り、帰ってから写真の整理に追われました。

ページ内に掲載している写真は、私が現地で撮影した物のみです。

 

施設内の写真については、施設の職員に断ってから撮影したものを掲載しています。

また、他の人や車が写りこんでいる場合、モザイクをかけています。

 

ページを作成するにあたり、ページを見た人が、実際に現地を訪れたくなるようなページ作りを念頭に置いています。

同時に、北海道に行く時間のない人が、写真で現地の景色を見て、雰囲気を感じ取って楽しんでほしいという意図もあります。

 

これらの気持ちは相反しており、写真を掲載しすぎると、現地に行くありがたみが薄れるような気がします。

かといって写真が少ないと、現地の雰囲気や様子が十分に伝わってきません。

そこで考えうる限りバランスよく、掲載すべきところは掲載し、ただ、あまり多く掲載しすぎないようにということを意識しました。

 

ただ一つ言えることは、北海道の景色は雄大すぎ、写真では現地の景色を伝えきることはできないということです。

雰囲気や匂い、食べ物の味なども、写真では伝えられません。

興味を持たれた方はぜひ、実際に現地に赴いてほしいと思うのが、私の願いであります。

 




宿泊について

現地での宿泊は、車中泊がメインで、何度かホテル泊もしました。

車中泊については、車中泊可能なスポットを探して泊まったり、道の駅で仮眠もしています。

 

泊まった場所について、具体名はページの中で言及していません。

 




車と道具について

車はバンタイプで、後部座席を倒してほぼフラットにできます。

そこにキャンプ用のマットと寝袋を敷き、車中泊していました。

ただ、スペースが斜めに傾いており、さらに私の身長ギリギリだったため、車中泊は少し辛いものがありました。

 

道具について、持って行った道具は結構あったのですが、使うものと使わないものがはっきり分かれました。

充電器やカメラ、車中泊用の道具は日常的に使用しました。

一方、キャンプや登山・炊事の道具も持って行ったのですが、これらは一切使いませんでした。

 

使った道具についても、今後のページで少しずつ紹介していこうと思います。

 




ごみについて

北海道を旅行する際、問題となるのがごみの始末です。

ごみ箱を置いている道の駅がほとんどありません。

 

ただ、ごみを捨てられる施設は、探せば結構あります。

これも先方に迷惑をかけないため、利用した施設名は明かしません。

 

一番良いことは、極力ごみを出さないようにすることでしょう。

ですが、せっかくの北海道、食べ物をテイクアウトしたり、北海道限定の飲み物を買ったりと、買い物を楽しみたい気持ちもあります。

 

一部の道の駅では、有料でごみを引き取ってくれるところもあります。

そういったところが増えてくれると良いなあと思います。

 




かかった金額について

最初のころは、使った金額について細かくノートに取っていました。

それが次第に面倒になり、どんどん丼勘定になり、途中で記録を止めてしまいました。

 

レシートは取っておいてあるのですが、もらっていない場合もあったり、自販機などレシートが発行されない買い物も多く、計算のあてにならなそうです。

 

参考までに、3000km走ったガソリン代は、約30000円でした。

私の車は燃費が悪いため、燃費の良い車であれば、もっと安く済むでしょう。

 

他の要素、食と住に関しては、抑えようと思えばかなり安く済みますし、贅沢をすれば際限がありません。

 

食事について、土地土地で名産品を食べようと思えば高くなり、コンビニで済ませ、かつ食事の回数を減らせばかなり安く抑えられます。

 

私の場合、最初はコンビニで済ませていたのですが、ごみを減らすためと、各地の名産品を食べたくなったので、途中から店で食べることが多くなりました。

どうしても食べたいものがいくつかあったので、そこは贅沢にお金を使っています。

 

飲み物も、タンクを持って行って水を各地で補充すれば、お金を使わずに済みます。

私はタンクを持って行ったのですが、北海道独自の飲み物を飲みたくて、結局ペットボトルなどを買ってばかりいました。

 

泊まる場所についても、車中泊やキャンプ場を利用すればお金もかからず、ホテルに泊まれば費用がかかります。

私は車中泊メインで、たまにホテルに泊まっていました。

 




関連ページ


2024年7月4日国内の旅,車で北海道をほぼ一周,全ページ

Posted by 無郷庵