タイトル画像




カヤックフィッシングと魚群探知機













魚群探知機とは


カヤックフィッシングには魚群探知機を持ち込むことをおすすめします。 カヤックフィッシングと魚群探知機 陸から釣る場合、釣れそうな場所で尚且つ竿が出せる場所となると、選択肢は限られてきます。あまり釣り場所に迷うことはありません。 カヤックフィッシングと魚群探知機 ところがカヤックフィッシングでは、広い大海原のどこで釣りをしたら良いのか、皆目見当がつきません。 カヤックフィッシングと魚群探知機 沖に出ると、泡や潮目などの魚が付きやすいポイントは見えますし、一箇所だけ波が立っているような場所があれば、下に岩礁があるかもしれないなどと想像することができます。 カヤックフィッシングと魚群探知機 ですが、海中が実際にどうなっているかまでは分かりませんし、目に見える変化がなければ、ポイントを絞ることができません。 そこで魚群探知機の出番です。 魚群探知機があると、魚がいるかどうかなど海中の様子が手にとるように分かりますし、海底の地形も分かります。 カヤックフィッシングと魚群探知機 例えば、上の魚探画面からは、少し前に海底付近に魚らしきものがいたということと、海底が岩場になっていることが分かります。 魚がいるかどうかが分かるだけでも、モチベーションにかなりの差が出てきます。 下の画像は、カヤックに一匹のブリ(ワラサかもしれません)がくっついてきたときに撮影した、ブリの実物と魚探反応です。 カヤックフィッシングと魚群探知機 カヤックフィッシングと魚群探知機 赤い三日月を寝かせたような反応が見えますが、これをブーメラン反応と呼ぶそうで、大きな魚が船の下にいるときに出る反応です。 このときは、ブリがいつまで経ってもカヤックから離れなかったので、何枚も魚探の反応を撮影しました。 カヤックフィッシングと魚群探知機 カヤックフィッシングと魚群探知機 見える魚は釣れないと言いますが、このブリはルアーに無関心で、ひたすらカヤックの下を泳ぎ回り、何度もカヤックに体当たりをしていました。 ブーメラン反応には今まで何度か出くわしたことがあり、遭遇するととてもワクワクしますが、実際はすぐに魚が泳ぎ去っているようで、すぐにルアーを落としても釣れた試しがありません。 今までの経験からすると、よく釣れる魚探反応は下の画像のような反応です。 カヤックフィッシングと魚群探知機 底から1mぐらい上層で、小さい点が帯状に集まっています。 5mぐらいのところにも薄い帯が見えますが、大事なのは底付近の帯です。 カヤックを漕ぎ進めると、しばらくこのような反応が続き、あるところでフッと消えます。 実際の様子を目で見ることができないので、予想でしかありませんが、小魚が底付近で絨毯のように群れている状態だと思っています。 このような反応のときは、ルアーを落とすと、よくフィッシュイーターが釣れます。 以前、この反応が出ているときにカメラを落として海底を撮影したことがあります。 カヤックフィッシングと魚群探知機 カヤックフィッシングと魚群探知機 このときは予想外に魚が一匹も映らず、肩透かしを食らいました。 カメラを落としている間に魚がいなくなったのか、それとも小魚だと思っていたものは別の何か(カメラに映らないサイズのプランクトン?)だったのか、検証が必要です。 今までに、この反応が出ているときに釣れた魚たちです。 ・マゴチ カヤックフィッシングと魚群探知機 ・エソ カヤックフィッシングと魚群探知機 ・イナダとワラサ カヤックフィッシングと魚群探知機 ・サバ カヤックフィッシングと魚群探知機 ・マダイ カヤックフィッシングと魚群探知機 ・根魚 カサゴ カヤックフィッシングと魚群探知機 キジハタ カヤックフィッシングと魚群探知機 カヤックフィッシングでは魚探が必須です。 これから、魚探の見方や動かすためのバッテリー配置方法などについて書いていきます。