青物の釣り方・やり取りの仕方編




|青物の釣り方・ナブラの攻め方編>

<青物の釣り方・巻き方編|



カテゴリーのトップに戻る


魚が掛かったら


 ルアーを投げたり巻いたりするのには技術が必要ですが、魚とのやり取りも技術が必要です。

 特に青物は引きが強烈ですし、横に走ったりするので、周りの人や海中の障害物に気を使ったりする必要があります。

 磯場ではどこでランディングするかを考えなくてはいけません。

 このページでは、そんなやり取りの仕方について説明します。

ダイソージグでワラサ釣り



 ルアーを巻いていて魚が掛かると、急にガクンと何かに引っかかったようになります。

 そうなったら竿を大きくあおり(アワセ)、魚をしっかり針掛かりさせましょう。

アワセ

 サゴシは合わせなくても針掛かりしやすいですが、イナダは針掛かりしにくいです。

 いずれにせよ、しっかりとアワセを入れましょう。




 やり取りの時に注意することは、竿を立てて竿の弾力で魚を寄せることと、糸を弛ませないことです。

ファイト

 弛ませると針が口から外れやすくなりますし、歯の鋭い魚には糸を切られることがあります。

 竿を立て、しっかり巻き続けましょう。

 魚が横に行くと、周りの人と仕掛けが絡む恐れがあります。

 周りに人が多ければ、魚の移動方向と逆の方向に竿を寝かせて強引に魚を寄せましょう。

 ただ、サゴシやイナダなら力ずくで魚を寄せられますが、ワラサを強引に寄せるのは大変です。

ワラサ

 ワラサとのファイト中に糸を巻いていると、ワラサは巻く方向と逆向きに逃げようとします

 根からワラサを離そうとして、根と逆向きにワラサを引っ張ると、ワラサは根の方に逃げてしまいます。

 なので、あえて行かせたくない方向に魚を引っ張り、魚がその方向に行かないようにやりとりしなければいけません。これは勇気が必要です。

 魚を引っ張るというのは、その方向に壁を作るようなものだとイメージしてください。壁を作ると魚は別の方向に行こうとします。そうして魚の前に壁を作りながら、魚の動きを制御します。

 サゴシはともかく、イナダ・ワラサはかなり引きが強いです。糸が切られないよう、あらかじめリールのドラグをセッティングしておきましょう。

 ドラグの調整をするときは、私はテキトウに糸を引っ張って、テキトウなところで糸が出るようにしています。

 そのようにセッティングした後、魚が掛かった時に調整し直しています。




 魚を堤防まで寄せたら、糸を巻けるところまで巻きます。そして竿がしなり始めたら、思いっきり竿を振り上げて魚を陸に抜き上げます。

抜き上げ1
抜き上げ2
抜き上げ3



 竿や糸に不安を感じるなら、タモ網を持っていくか、周りの人からタモ網を借りましょう。

 タモの選び方や説明は、青物釣りのタモについてのページをご覧ください。




 以下の動画は、タモを使っている場面です。

タモの使い方

 タモで魚を取り込むときは、網の自重に任せて柄を伸ばし、網を海に送り込みます。

 水面に付くと浮力で網が止まるので、そのまま止めておきます。

取り込み1

 このとき、柄をしっかり固定する必要はありません。

 魚を網に入れるとき、タモは海面で動かさず、竿を動かして魚の頭を網に入れるようにします。

 網に魚が入ったら、タモの柄をしならせないようにして、柄を縮めながら堤防の上に魚を上げます。

 タモの柄をしならせると折れやすいのでご注意ください。

取り込み2




|青物の釣り方・ナブラの攻め方編>

<青物の釣り方・巻き方編|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る