タイトル画像




ルアーのカラーについて













ルアーとカラー


ルアーを選ぶとき、一番気になるのはカラーです。ルアーのカラーには、 ...etcと、様々なものがあります。 さらに、ホログラムシートが貼ってあるものや、オーロラカラーになっているもの、内部を光が通るクリアカラーになっているものなどもあります。 様々なカラーのルアー 最初はどれを選べばよいか戸惑ってしまうでしょう。 ルアーのカラーはよく論争の的になります。 ルアーのカラーを変えたとたん魚が釣れるようになった、という話を聞いたことがあるので、カラーが釣果に影響するというのは事実のようです。 ただ、どの色が釣れるのか、どんなアクションが効くのかといったような事柄は、いろいろな条件で変わってくるはずです。 なので私は、あまりカラーを気にしないようにしています。その日の気分でカラーを選びます。 ルアーセレクト カラーを変えたら魚が釣れたというのも、ルアーを変えた時に魚が偶然回遊してきたり、時合(魚が餌を獲る時間帯)に入っただけなのかもしれません。 とはいえ、どのような理由で釣れたのか考える事は楽しいですし、大事だとも思います。 さて、カラーを気にしないと言っても、釣具屋や釣り場ではカラーを選択する必要に迫られます。 ルアーセレクト ではいったい、どうやってカラーを選択すればよいのでしょうか。 カラー選択の際に重要なことは、ルアー選択の時と同じですが、自分が信用できる色を選ぶことです。 前に書いた通り、青物釣りはルアーを何十回、何百回と投げ続けて魚を狙う釣りです。 このカラーでは釣れないと思い始めたら、投げやりな気持ちになってしまい、釣果に影響が出ます。 青物釣りをこれから始めようと思っている方は、どのルアー、どのカラーで釣れたという経験がありません。 そんなときは、青物釣りの定番カラーを選びましょう。 青物釣りでよく使われているカラーは、ブルーピンクが混じったブルピンです。 ブルピン また、シルバーカラーも人気です。この2つをそろえておけば大丈夫です。 シルバー イワシカラーもよく使われ、釣果も良いです。 リアルな見た目をしているので、釣れそうな気がするのもポイントです。 カラーを選択する際、その釣り場で釣れている小魚の色を選ぶ、という選び方もあります。 イワシが釣れていればイワシカラーという風にです。 この方法はとても有効な方法ですが、釣り場のベイトフィッシュを知り、そのカラーのルアーを調達しておかなければいけません。 私は、ルアーは青や赤といったカラーよりも目立つかどうかが重要だと思っています。 なので、ブルピンやシルバーなどの定番カラーで、光の反射が良いものをよく使います。 不自然なカラーのルアーでも、問題なく魚は釣れます。 ピンクのホロシートを貼ったジグや、ピンクのラメを散りばめたジグでサゴシを釣ったことがあります。 不自然なカラー 不自然なカラー そもそも、青物に実績のあるカラーのブルピンも、自然界ではかなり不自然なカラーです。