WordPressでウィジェットなどが保存できない場合の対処法

2024年5月9日

WordPressでウィジェットが保存できない

先日、WordPressでサイトのレイアウトをいじっていました。

ウィジェットの中身を修正し、保存しようとしたときのことです。

下の画面の丸いアイコンの回転がいつまでも止まりませんでした。

画面を更新してみると、修正した個所は保存できていません。

 

サイトの適当なところを右クリックし、「検証」を選択してみると、下の画像のようなエラーが出ています。

Failed to load resource: the server responded with a status of 403()

と書いてあります。

403エラーというもので、ページへのアクセスが禁止された場合に出るエラーメッセージです。

 

余談ですが、エラーの種類は他にもたくさんあり、有名なものでは、ネット検索で出てきたページを閲覧しようとした際、404エラーが表示されることがあります。

404は閲覧しようとしたページが存在しない場合のエラーで、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 







サーバーでWAFの設定を解除

さて、403エラーの原因を色々と調べてみると、どうやらサーバーで設定したWAFが悪さをしているようです。

 

WAFというのは、Web Application Firewallのことで、例えばさくらのレンタルサーバのページによると、

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)は、従来のファイアウォールやIDS、IPSでは防御できなかった攻撃を検知し、ブロックする機能です

とあります。

 

私の使用しているサーバーでWAFを無効にしてみると、無事、設定が保存できるようになりました。

設定を保存ができなくなったのは最近だったのですが、そういえば、サーバーでWAFの設定を行ったのもつい最近でした。

WordPressで設定を変更した後、一応、再度WAFを有効にしておきました。

 

WordPressで設定を変更しようとしたとき、このWAFが過剰反応してしまい、保存ができなかったのでしょう。

花粉症のメカニズムと似ている気がします。

 

WordPressは簡単にレイアウトや記事を作成でき、非常に便利でありがたいアプリケーションだと思います。

ですが一方で、今回のようなことや、ダッシュボードにアクセスできなくなるなどの重大なトラブルも起きることがあり、プログラミングなどの知識がないと対処できないこともあります。

 

htmlの手打ちであれば、内部のメカニズムを理解しながらサイトを作成できるので、こういったトラブルはあまり起きないのですが、様々な面でWordPressよりも圧倒的な手間がかかります。

一長一短といったところでしょうか(WordPressの方がはるかに楽か、、、)。


2024年5月9日パソコン,覚え書き,全ページ

Posted by 無郷庵