【釜屋集落の散策】粟島を三日かけて徒歩で一周⑥2023/5/2

2024年3月25日

2023年の5/1~5/3、キャンプ泊をしながら徒歩で粟島を一周してきました。

このページでは、釜屋キャンプ場に着いてテントを張り、釜屋の集落を散策するところまで書いています。

 

釜谷の集落からキャンプ場へ

釜谷の集落に到着

釜谷の集落に着いた時点で、時間は9:00を少し過ぎたぐらいだ。

内浦のキャンプ場を出たのが、7:00過ぎだった。

ということは、内浦のキャンプ場から南回りで釜谷まで、途中で八幡鼻を挟んでも、2時間かからないぐらいということになる。

 

 

 

まずはキャンプ場へ

釜谷の集落を通り過ぎていく。

まずはキャンプ場を目指す。

 

 

坂を上るとバス停がある。

ここを左に折れると下り坂があり、その先に目指すキャンプ場がある。

 

 

懐かしい光景

海が見えてきた。

 

トイレと句碑がある。

 

 

水場も4年前に見た時のままだ。

 

ようやく着いた、釜谷のキャンプ場!!

 

左を向くと弁天岩。

 

人っ子一人いない。

今日はここを独占できるかもしれない。

 

ツェルトの立て方

まずはテントを立てる。

 

ロープを張る位置に木の棒を立て、目印にする。

 

流木がふんだんにあるので、大きめの物を拾ってきて支柱にする。

 

ビニールひもを渡し、テントを張る。

 

 

ロープはそれぞれ棒に巻き付けてあり、その棒を石で押さえてある。

こうすると、かなり頑丈にテントを張ることができる。

強い風でもテントが飛ばされることはない。

 

ビニールひもには、タオルなどをかけておくことができるのでとても便利。

 

テントの4隅には、石を結び付けてある。

 







釜谷集落の散策

釜谷の集落へ

支度が終わり、時間があるので釜谷の集落を散策することに。

 

 

 

 

のんびりとした時間が流れている。

 

 

 

 

釜谷の神社へ

集落の上に神社があるので、行ってみることに。

 

 

キャンプ場の方を望む。

 

これはヒヨドリだろうか。

 

キャンプ場へ戻る

かもめ食堂で昼食を取りたかったのだが、時間が早いからか空いていなかった。

キャンプ場に戻り、自炊することに。

 




関連ページ


2024年3月25日国内の旅,粟島一周,粟島,写真,全ページ

Posted by 無郷庵