粟島で平成最後の夕食・粟島キャンプ二日目②

2024年1月30日

~粟島キャンプ二日目②・平成最後の夕食~

 


釜谷キャンプ場・弁天岩の反対側へ


 

二日目①の続きです。

 

釜谷の町で磯ラーメンを食べ、キャンプ場へと戻った。

キャンプ場と釜谷の町はそれほど離れていない。

アップダウンはきついが、徒歩でも十分向かえる距離だ。

 

まだお昼頃なので、夕食までどう時間を使おうか悩む。

弁天岩の反対側、海に向かって右手に行ってみよう。

 

こちらも弁天岩と同じく、歩いていると砂利からゴロタ岩に変わってくる。

歩きづらい。

途中足場が平らになったりするが、基本はゴロタ岩。

しばらく歩いて心が折れた。

テントに引き返そう。

 








再び弁天岩で釣り


 

夕飯用の魚を釣りに行くことに。

今日は青物用のタックルを狙う。

 

弁天岩を正面から見る。

左手の昨日の釣り場へ向かう。

 

もう一人のキャンパーも釣りをしている。

何も釣れないようだ。

 

磯の先端へ向かう。

途中大きく岩がえぐれているところがある。

 

磯の先端から海側を見た景色。

 

釜谷側は海が開けている。

こちらへ向かい、タイラバを投げる。

 

うーむあたらない。

昨日のヒラメはやっぱりマグレか。

 

暖かかったので半袖一枚で来たが、風が強くて寒い。

魚をあきらめてテントへ戻った。

 





夕食を作ろう


 

まだ早いが夕食の準備をしよう。

一日目でも書いたが、キャンプ場では日が暮れるとすぐに真っ暗になる

 

今日の夕食は、手軽にできる料理の定番のパスタを作る。

アルミクッカーに切ったタマネギベーコンを入れ、火にかける。

 

マジックソルトで味付けしておく。

 

時短のため、もう一個のクッカーをかぶせて熱を通す。

 

程よい色になったら、なべに水を入れてマカロニを茹でる。

水は釜谷キャンプ場の湧水だ。

煮えたら炒めたタマネギとベーコンを入れて混ぜる。

 

スモークチーズのカルボナーラの元を入れ、さらに混ぜる。

これで完成。

タマネギとベーコンは、あらゆる食べ物をさらに美味しくしてくれる。

 

平成最後の夕食を満喫し、就寝。

夜は昨日と同じで、鳥の声と寒さに悩まされながら眠った。

 

このキャンプ場でのテント泊が二日目とはいえ、ここで眠るのはまだ慣れない。

テントで寝ていると、外の状況が全く分からない。

 

鳥の声や物音が聞こえても、方向や距離がよく分からないので、

全てテントのすぐそばで起こっていることのように感じる。

テント一枚隔てたすぐ外は真の闇だ。

いろいろと想像力を掻き立てられる。

 

こうして平成最後の日は終わった。

 

三日目①に続く。

 




関連ページ


2024年1月30日国内の旅,粟島,釜屋キャンプ,全ページ

Posted by 無郷庵