タイトル画像




カヤックフィッシングの服装と装備















カヤックフィッシングの服装


このページでは、カヤックフィッシングの際の服装と、ライフジャケットや靴などの装備について述べていきます。 最初に服装についてですが、カヤックに乗るときの服装は、生死につながるので非常に大事です。 まず、カヤックに乗る上でドライスーツは必須だと思います。 カヤックフィッシングの服装と装備 ドライスーツというのは、撥水性の生地で作られたスーツで、首や手首・足首部分などがゴムになっており、スーツの内部に水を通さないようになっています。 ドライスーツにも種類があり、上にあった画像の赤いスーツは、フルドライスーツというもので、モンベルで購入しました。 フルドライスーツは上下一体型で、ほぼ完全に水を通さないようになっています。 私が持っているフルドライスーツは、ゴム部分が外側の合成ゴムと内側の天然ゴムの二重構造になっていて、防水性能はかなり高いです。 カヤックフィッシングの服装と装備 足部分は、ゴムではなく完全に覆われる形になっています。 カヤックフィッシングの服装と装備 脱ぎ着するときは少々大変で、背中のジッパーを開け、そこから体を入れます。 カヤックフィッシングの服装と装備 着るときはジッパー部分から足を入れ、次に手、頭と通していきます。 購入したばかりだと、ゴム部分はかなりきつく感じると思います。 私が持っているスーツは、ゴムの部分を自分でカットして調節できるようになっています。 カヤックフィッシングの服装と装備 スーツを着る前に、頭や手だけゴムの部分を通してみて、ゴムを切って調節しておきましょう。 脱ぎ着しながらゴムの部分を切って調節しますが、切りすぎないように注意して下さい。 どうしてもある程度は苦しくなってしまうものなので、使うには我慢が必要です。 フルドライスーツの着方は説明書などに書いてあると思いますが、着た後でジッパーなどを空けたまま(中の空気が逃げられる状態で)水に浸かり、内部の空気抜きを行います。 これをしないと、落水した時に体の上下がひっくり返ることがあり、とても危険です。 空気を抜いた後で、ジッパーの締め忘れに注意が必要です。 フルドライスーツの他にセミドライスーツというのもあり、私が持っているものは上下別々に着用する形になっています。 これもモンベルで購入しました。 カヤックフィッシングの服装と装備 カヤックフィッシングの服装と装備 胴の部分はマジックテープで留めるため、フルドライに比べて防水が弱くなります。 カヤックフィッシングの服装と装備 また、首や手首などのゴム部分も、合成ゴムだけの一重構造なので、フルドライに比べると防水性能は劣ります。 カヤックフィッシングの服装と装備 なぜドライスーツが必要かといえば、それは偏に、落水したときに生き残れる可能性が高くなるからです。 普通の服を着て水に入ると、濡れた服が体にまとわりつき、とても動きにくくなります。 ドライスーツを着ていれば、スーツも中に着ている物も濡れないので、水中でも(普通の服に比べて)運動しやすいです。 そのため、カヤックが転覆したときなどにリカバリーしやすくなります。 また、濡れないということは体温を奪われにくいということでもあります。 登山などをしている方は経験があるかもしれませんが、綿の服を着ていて汗をかくと、服が中々乾かず、風が吹く度に寒く感じることがあります。 ドライスーツならば濡れないので、落水してカヤックに上がったときに体温の低下を防ぐことができます。 汗をかいてスーツの中が濡れたとしても、スーツが風をシャットアウトしてくれるので、寒くならずにすみます。 真夏でさえ、服が濡れて風が吹くと寒く感じることがあるぐらいなので、釣りの盛期となる春や秋は、なおさら防寒対策が必要です。 年間を通した服装を考えると、春や秋に乗るならセミドライ、冬はフルドライが良いと思います。 インナー→ドライスーツ→ライフジャケット→上着の順に着ていきます。 ドライスーツの下に着るインナーですが、汗をかくことを考え、乾きやすい化繊のものが良いと思います。 少しゆったりして動きやすいものが適しています。 体温調節は上着の脱ぎ着で行います。 インナー+ドライスーツ+ライフジャケットで涼しく感じるぐらいに調整しておき、寒くなったら上着を羽織るようにすると良いでしょう。 上着は防水のもので、ライフジャケットの上から羽織れるように大き目の物を用意します。 カヤック専用のアノラックなども売っていますし、レインコートのようなものでも良いでしょう。 私はワークマンのイージスをカヤック内部に収納しておき、寒くなってきたら取り出して使っています。 夏だけは、ドライスーツだとさすがに暑苦しくてきついので、水着の上にウェットスーツを着ています。 ウェットスーツはドライスーツとは逆のコンセプトになっており、事前に濡らして使います。 肌の上に着たスーツを事前に濡らしておくことで、スーツと体の間に入り込んだ水が体温で温まって防御壁のようになり、風や冷たい水などから体温が奪われるのを防いでくれます。 水温の高い夏であれば、事前に濡らしておかなくても大丈夫だろうと思います。







カヤックフィッシングの装備


次に、ライフジャケットなどの装備品について書いていきます。 ライフジャケットについては、少しでもパドルを動かす動作を妨げないよう、カヤック専用のものを使うのが良いでしょう。 私はモンベルの、カヤックフィッシング専用のライフジャケットを使っています。 カヤックフィッシングの服装と装備 腕を回す時に肩周りが邪魔にならず、ポケットも大きく使いやすいです。 ライフジャケットを着た後は、すっぽ抜け防止のため、必ず股紐などをしておきましょう。 一度、試しにドライスーツとライフジャケットを着て、海に浮かんでみてください。 ドライスーツの空気がしっかり抜けているか、ライフジャケットの緩みがないかなどを確認してみましょう。 私はカヤックに乗る際、カヤックとライフジャケットをバンジーコードでつないでいます。 カヤックフィッシングの服装と装備 カヤックから投げ出されたとき、流れが強いとどんどんカヤックから引き離されてしまい、最悪の場合カヤックにたどり着けなくなることもあるかもしれません。 沖でカヤックに乗れなくなったら死活問題なので、このバンジーコードは生命線となります。 私はライフジャケットに、ナイフ・ホイッスル・防水小物入れ・スマホ・デジカメなどを装着・収納しています。 ナイフは落水時などロープが体に絡まったとき、すぐに取り出してロープを切れるよう、ライフジャケットの外側に装着しています。 カヤックフィッシングの服装と装備 ホイッスルは何かあった時に周囲に知らせるために携帯しています。 防水の小物入れは、車の鍵などを入れてライフジャケットのポケットに入れています。 スマホは防水ではないので、防水ケースに入れ、これもライフジャケットのポケットに入れています。 私がよく行く場所では、多少沖に出ても電波が届きます。 デジカメは防水のものを使っており、これを水中に入れてブリの写真を撮ったりしました。 カヤックフィッシングの服装と装備 防水デジカメであっても、長く水中に入れていると浸水して壊れることがあるので注意が必要です。 カヤックでは、持ち込んだ道具は濡れるものとして、事前に防水対策をしておく必要があります。 最後に、ライフジャケット以外の装備品についてです。 手にはグローブを着けていたこともありますが、特になくても大丈夫だったので、最近は着けなくなりました。 寒いときは必須だと思いますし、岩礁の多い場所では手の保護のために着けておいたほうが良いでしょう。 足元ですが、フルドライの場合は足元までスーツですっぽり覆われ、セミドライの場合は足首より下が露出することになります。 カヤックフィッシングの服装と装備 カヤックフィッシングの服装と装備 どちらにしても履く物が必要になりますが、私はウェットシューズを履いています。 カヤックフィッシングの服装と装備 濡れるカヤック上では、普通の靴ではもちろんダメですし、サンダルだと落水時に脱げてしまったり、バタ足ができません。 濡れてもよく、足に固定されるような靴はないかと探していたところ、ウェットシューズにたどり着きました。 また、カヤックに乗る上で帽子は必須です。 海に出ると日差しを遮るものがなく、日光がダイレクトに目に届くので、目を開けていられなくなるほど眩しいこともあります。 帽子を被っておけば、ひさしの部分で日光を遮ることができますし、熱中症の予防にもなります。 海からの照り返しもあるので、偏光グラスやサングラスもあると良いかもしれません。