タイトル画像




シットオントップカヤック内部への浸水を防ぐには















釣行前の浸水対策


シットオントップカヤックの内部は気室になっており、そこで浮力を生み出しています。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ シットオントップカヤックの浸水を防ぐ 気室に水が入ってしまうと浮力が失われ、最悪沈没につながります。 このページでは、シットオントップカヤックの浸水を防ぐ方法について書いていきます。 まず、海に出る前の準備としてできることを考えてみましょう。 カヤック内部への浸水を防ぐには、カヤック内に通じている隙間をできるだけ塞ぐのが肝心です。 ネジが緩んでいると浸水の可能性があるだけでなく、車で運搬しているときにネジが飛び、最悪の場合周りの人や車に当たってしまうかもしれません。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ シットオントップカヤックの浸水を防ぐ 特に持ち手の所はネジが緩みやすいです。 ネジがしっかり締まっているか、釣行のたびに一個一個確認しておきましょう。 カヤックにはドレンプラグという水抜き穴が付いています。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ シットオントップカヤックの浸水を防ぐ ここもネジになっています。海に出る前に、締まっているかどうか確認しておきましょう。 他に水が入り込む可能性があるのは、ロッドホルダーやハッチなどと、本体との隙間です。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ シットオントップカヤックの浸水を防ぐ カヤックを購入したら、付属のロッドホルダーやネジなどのパーツを外し、隙間に防水処理が施されているかどうか確認しましょう。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ ただネジ止めされているだけの場合、そこから水が入り込んでしまうので防水しておきましょう。 防水にはシリコーンシーラントが便利です。 接着剤を柔らかくしたようなもので、固まった薬剤は弾力があり、こするとボロボロになります。接着力は弱いので接着には不向きで、隙間を埋めるのに使います。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ チューブからシーリング剤を押し出すためのコーキングガンという物も必要になります。 私のカヤックの場合、シリコーンを塗った時には薬剤が本体にピッタリくっつきましたが、薬剤が固まると本体から剥がれてきました。 薬剤が固まっても、パーツを強く引っ張ると本体から剥がれます。 薬剤が剥がれるようになってしまっても、弾力によって本体とパーツの間をぴったり埋めてくれるので問題ありません。 カヤックの素材によっては取れなくなったりする可能性もあるのでご注意ください。 シリコーンを使用するには、チューブのキャップを外し、内部のシールを破ります。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ チューブをコーキングガンにセットします。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ このままトリガーを引いていくと、ピストンが押され、シーリング剤が押し出されていきます。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ チューブを外すにはレバーを押し込みます。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ そうするとロックが外れるので、後ろの鉤型の部分を引っ張ってピストンを戻します。 カヤックからパーツを外し、隙間にシリコーンを注入していきます。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ ネジ穴なども、今後ネジを回す必要がないのであれば埋めてしまっても良いと思います。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ ネジを回す必要が出てきたら、薬剤をこすれば剥がれます。 ハッチの隙間など、あらゆる隙間を埋めておきましょう。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ シリコーンを隙間に注入したら、パーツをぐりぐりと本体に押し付け、ネジ止めし、薬剤で隙間が埋まるようにします。 はみ出た薬剤は拭き取っておきましょう。 しばらくそのままにしておけば薬剤が固まり、防水処理の完成です。







海に出た後の浸水対策


カヤックとパーツの隙間をシリコーンで埋めれば、結構な防水効果がありますが、それだけでは防水は完璧ではありません。 ハッチやドレンプラグなど、パテで埋められない隙間があるため、どうしてもそこから水が入ってしまいます。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ カヤックに水を入れないようにするためには、カヤックの乗り方が大事です。 カヤックの内部に通じる隙間は、カヤック上部にしかありません。 カヤックが水を被らなければカヤック内部には水が入りません。 私が始めてカヤックに乗った時、波打ち際から出艇する際に水を被ってしまいました。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ このとき内部に大量の水が入ってしまい、排水に苦労しました。 カヤックが一番水を被りやすいのは出艇時です。 カヤックを水に浮かべたら、すぐに波打ち際から離れるようにしましょう。 波打ち際を出てしまえば、波が高くない限りカヤックが水を被ることはありません。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ 出艇についてはカヤックに乗って出発しようのページに書いています。 少し沖に出た時点でハッチの中を見て、浸水していないか確認しましょう。 ドレンプラグを締め忘れたり、カヤックに亀裂が入っているのに気付かず、沖に出てしまう可能性もあります。 カヤック内に水が入っていたら、すぐ陸に引き返し浸水の原因を探りましょう。 カヤックを傷つけないために、沖に出た後で岩礁などの障害物にぶつけないように気を付けましょう。 シットオントップカヤックの浸水を防ぐ どんなに浸水対策をしても、浸水の可能性をゼロにすることはできません。 何らかの原因で沖で浸水してしまったときのため、ビルジポンプは必携です。