タイトル画像




カヤックを手に入れる前の準備













カヤックを手に入れる前の準備


いざカヤックを手に入れようと思ったとき、カヤックを手に入れてから実際に海に出るまでの間には様々な困難があります。 カヤックを手に入れる前に このページでは、私の実体験を基にして、カヤックフィッシングを始めるために必要な準備や考えておかなければいけないことなどを書いていきます。 まず、カヤックフィッシングの予算のページに書いたように、カヤック(フィッシング)はお金のかかる趣味です。 カヤック本体や必需品・車載道具・ウェア・釣り具などを購入していくと、総額15万円ぐらい掛かると思います。 カヤックを手に入れる前に 一番高いのはカヤック本体で、安い物でも7万円ぐらいになります。 本体含め道具類を人から譲ってもらったり、中古の物を購入したり、安全装備などを削っていけばその分安くなります。 ですが、カヤックフィッシングの道具は命に関わる物が多いため、妥協はおすすめしません。 カヤックフィッシングではある程度の資金の余裕が必要です。 金銭面以外には、カヤックの大きさや重さも考えなくてはなりません。 カヤックを手に入れる前に カヤックは小さい物でも2.5m✕0.7mぐらいの大きさで、重さは20kg以上です。 カヤックの大きさは数字で見ても分かりにくいですが、実物を見るとその大きさにビックリします。 購入する前に必ず、購入しようと思っているカヤックか、それに近いサイズの実物を確認しておき、持ち運べるかどうか・保管できるかどうかといったサイズ感を確認しておきましょう。 可能であれば、実際に持ち運べるか試させてもらうと良いでしょう。 25kgぐらいのカヤックだと、一般的な成人男性が何とか持ち運べるぐらいだと思います。 重さだけでなく大きさもあるので、振り回すと空気抵抗を感じますし、障害物があるとぶつけないようにするのが大変です。 カヤックの保管場所は、カヤックが置けるかどうかだけでなく、その場所に余裕を持って出し入れできるかどうかも考えなければいけません。 カヤックを手に入れたら艤装と言ってカヤック本体に装備を施したりします。 カヤックを手に入れる前に カヤックの周りを自由に動けるぐらいのスペースがあった方が良いでしょう。 カヤックや使用した道具を洗うスペース・設備も必要です。 塩分を洗い流しておかないと、カヤックや道具が劣化したり金属パーツが錆びたりします。 私はカヤックを家の外で洗い、乾いたら家の玄関に入れるようにしています。 カヤックを手に入れる前に 玄関はスペース的にギリギリで、カヤックが出入りの邪魔になることもあります。 カヤックを購入する前にもう一つ大事なことは、カヤックの車載準備です。 カヤックを車に載せるにはキャリアーバーなどの車載道具が必要になります。 カヤックを手に入れる前に カヤックの車載に関しては次のページに書いていきます。