タイトル画像




青物を釣ったら・魚の〆方















釣った魚を〆るということ


このページでは、魚を〆る理由と、魚の〆方(オマケでアオリイカの〆方も)について説明します。 ここで解説している〆方は、私が本で読んだり、人から聞いたりしたものを試してみて、この〆方ならば釣り場でも簡単にでき、なおかつ効果も高いだろうというものを紹介しています。 〆方についてより詳しく知りたい方は、魚食革命 津本式 究極の血抜きという本がおすすめです。

さて、大きい魚が釣れたら、エラや脊椎部分などにナイフを入れ、魚の息の根を止めるとともに血抜きをします。 魚の〆方 このような、釣った魚を処理する行為を活け〆(活け締め)と言います。 下の画像は、カヤックフィッシングで釣ったマダイを〆たときの画像です。 魚の〆方 魚の〆方 ところで、この〆るという行為に対してどんなイメージをお持ちでしょうか。 以前、アオリイカを〆る動画に、たくさんの批判コメントが付いたというニュースを見ました。 その批判は、生き物を〆るという残酷な行為を、面白半分で動画に撮るとは何事だ、という論調だったようです。 生き物を〆て、息の根を止めることは残酷なこと、そう考えている方のコメントだと思います。 かく言う私も、魚を〆るということを初めて知った時、魚がかわいそうだと思いました。 また、何故そんなことをしなければいけないのかと疑問にも思っていました。 魚を〆て血抜きすることには、様々な理由があります。 魚を釣って放置しておくと、魚が暴れて身が痛んだり、身に血がにじんで生臭くなります。 さらに、魚が狭いところや動きにくい状態に置かれることで強いストレスを感じ、魚肉に含まれた旨み成分(アミノ酸)が分解されてしまうこともあるそうです。 このことは他サイト様に書いてあったのですが、最近ページが無くなっていました。 このようなことがあるので、魚を絶命させるとともに血を抜くことで、魚の鮮度を保ち味が落ちるのを防ぐ。 これが魚を〆る理由の一つです。 ところで、私は魚を〆ることにはもう一つ意味があると思っています。 釣った魚を放置したり、生かしたままクーラーに入れておくということは、魚にとってかなりの苦痛だと思います。 魚は陸上で呼吸ができませんし、自由に動くことができません。 陸に上げたままにしておくことで、かなりの恐怖を感じているのではないかと思います。 その状態のまま生かしておくというのは、〆て絶命させることよりも残酷なことではないでしょうか。 私はそう考え、魚ができるだけ苦しさを感じないよう、釣った魚はできるだけ早く〆ることにしています。 魚を〆るという行為は残酷な行為に見えますが、魚の苦痛を最小限にする行為なのではないかと思います。 魚が釣れなくなってきた?のページにも書きましたが、私はカヤックに一匹のブリが着いてきてからというもの、魚に感情移入することが多くなり、釣りから足が遠のくようになりました。 魚の〆方 魚の〆方 釣るなら釣るで、早めに〆て、できるだけ魚に苦痛を感じさせないようにしたいと思っています。

魚の〆め方


では魚の〆方についてですが、魚を〆るのは、釣ってからしばらくして、魚が落ち着いてからの方がいいという話もあります。 その方が血が抜けやすいそうです。 ですが、私は魚を釣ったらすぐにストリンガーにつなぎ、手早くナイフで〆てしまいます。 ストリンガー すぐに〆るのは、先述の通り、魚を長く苦しめたくないからです。 ストリンガーの説明と使い方については、ストリンガーの使い方のページをご覧ください。 陸地で魚を〆ると、魚の血で釣り場を汚してしまいますし、空気に触れた血が固まってしまい、血が抜けにくくなります。 なので、できるだけ水中で〆るようにしましょう。 魚の〆方 水面に手が届く場所なら、魚をストリンガーにつないでから、水中に入れてナイフで〆ます。 背の高い堤防の上で〆るときは、水中で〆るのは無理なので、水を入れたバケツに魚の頭を突っ込んで〆ます。 魚を〆るときの道具についてですが、ナイフは折り畳み式ではなく、できるだけ刃渡りが長く刃が厚い物を選びましょう。 ナイフ 折り畳み式のナイフはおすすめしません。 魚にナイフを刺した時、折りたたまれて怪我をする恐れがあります。 また、言うまでもないことですが、ナイフは危険な刃物なので取り扱いにはご注意ください。 ナイフを日常で持ち歩いたり車に置きっぱなしにしていると、軽犯罪法違反になる恐れがあるそうです。その点もお気を付けください。 事故や事件防止のためにも、釣りの時以外は携帯しないようにしましょう。 私は、青物釣りの装備で紹介した通り、シースナイフ ロングを使っています。

頑丈で錆びにくく、40~50cmの青物を〆るのであれば、刃渡りの長さも申し分ないです。 鞘付きなので持ち運びも安全です。 このナイフは80cmぐらいまでの魚ならばなんとか〆ることができます。 それ以上の魚を〆るならば、もっと刃が厚くパワーのある刃物が必要です。 水くみバケツは、ロープ付きで折りたためる物がおすすめです。重り入りのものだと、海中に落とした時に水が入りやすくなります。

陸地で〆て釣り場を汚してしまったら、バケツで周囲を洗い流しましょう。 魚の〆方ですが、利き手にナイフを持ち、もう片方の手でしっかりと魚体をつかみます。 鋭いトゲのある魚などで、体の部分をつかみにくければ、下の画像のようにストリンガーのフックと口の部分をつかんでも良いです。 脳〆 魚を押さえたら、まずは魚の脳にナイフを入れて脳〆をします。脳〆は魚を一瞬で絶命させるために行います。 この行程は飛ばしてもかまいませんが、やっておくと血抜きの時に魚が暴れませんし、魚に余計な苦痛を与えずに済みます。 魚によって脳の場所は違いますが、イナダの場合は大体下の画像の通りです。 脳〆 下の画像の黒線付近にナイフを入れます。 ナイフを入れたら、ナイフを少しひねります。 上手くいくと魚の目がひっくり返り、魚体がぐったりします。 脳締めをするのはナイフを使っても良いですが、DAIWAのフィッシュピックの方がやりやすいです。 魚の〆方

脳〆をもっと手っ取り早くやるには、ナイフの背や柄などの硬い部分、もしくは落ちている石や木の棒などで、魚の頭を叩きます。 ホウボウやキジハタなど、頭骨がある魚の場合はナイフが刺さらないため、叩いて〆るのが良いでしょう。 魚の〆方 魚がぐったりしたら、続いて血抜きをしていきます。 エラ蓋の中にナイフを入れ、背骨ごと、背骨の上にある神経を切断します。 魚の〆方 同時にエラを傷つけて出血させ、血抜きします。 魚の〆方 最後に、尾の付け根の辺りを切ります。 魚の〆方 これは、40~50cmぐらいの魚であればやらなくても大丈夫です。 後は魚を水に入れておけば、血が抜けていきます。 私はカヤックフィッシングで魚を釣った場合、作業スペースが狭く力をかけにくいことから、脳締めと脊椎を断ち切る行程を省くことにしています。 釣った魚をストリンガーにつなぎ、エラにハサミを入れ、血抜きだけ行います。 魚の〆方 私が使っているハサミは、シマノのバンノウハサミです。

陸で釣りをしている場合でも、足場が不安定な場合や、釣れた魚が大きすぎて手持ちのナイフで〆るのが難しい場合は、エラを切って失血死させるだけでも良いと思います。 魚の〆方 魚を〆たら海中に入れ、10分もしたら水から出して、クーラーに入れた方が良いでしょう。 私の場合、足場の悪い磯に行くことが多く、大半の釣行ではクーラーを持って行きません。 魚の〆方 そのため、魚を〆て海中に入れたら、釣りが終わるまで数時間放置しています。 ストリンガーの使い方のページに書きましたが、ストリンガーは血抜きするためだけではなく、クーラーを持っていくのが大変な釣り場で、魚を保管しておくのにも使います。 水温の低い時期であれば、半日程度魚を水中に入れておいても、刺身で美味しく食べられます。 最後にオマケとして、アオリイカの〆方について説明します。 アオリイカを〆る道具は、ナイフでも良いですが、私はカニフォークを使っています。

アオリイカを釣ったら、目と目の間にカニフォークを刺します。 魚の〆方 魚の〆方 そうすると体が真っ白になるので、それで〆は完了です。 〆た後で水に落とす必要もありません。そのままクーラーボックスに入れましょう。 カニフォークを入れても、胴体かゲソのどちらか一部だけしか真っ白にならないことがあります。 その場合は、全身が真っ白になるまで、刺す位置をずらして何度か刺してみましょう。 魚の〆方 アオリイカは、刺身にしても焼いても最高に美味しいです。 魚の〆方 身に独特の甘味があり、スーパーに売っているイカとは一線を画す美味しさです。