タイトル画像




ガーミンのストライカー4とバッテリーについて















ガーミンストライカー4について


前回のページでは、魚群探知機の画面の見方について説明しました。 このページでは、私が実際に使っている、ガーミンのストライカー4という魚群探知機について説明します。 説明書きや表示は英語ですが、使い方が簡単で操作もシンプルです。 魚群探知機のバッテリー 魚群探知機のバッテリー サイズもカヤックで使うのに丁度よい大きさです。私が乗っているカヤックは、真ん中にボトルホルダーがあるのですが、そこにスポッと収まります。 魚群探知機のバッテリー カヤックフィッシングで魚探を使う上で問題となるのは、電源をどのように取るかということと、魚探や付属品などの配置を含めた、配線の仕方です。 配線については次のページで紹介するとして、これからストライカー4の使い方と電源の取り方について説明していきます。 ストライカー4を購入すると、以下の物が付属してきます。 本体 魚群探知機のバッテリー 説明書 魚群探知機のバッテリー 振動子 魚群探知機のバッテリー 振動子用ケーブル 魚群探知機のバッテリー 振動子を固定するパーツ 魚群探知機のバッテリー 電源用ケーブル 魚群探知機のバッテリー 台座 魚群探知機のバッテリー 本体裏面は下の画像のようになっています。 魚群探知機のバッテリー 大きい丸い部分は、台座をはめ込む部分です。 上の2つの穴が、電源と振動子のケーブルを接続する部分です。 魚群探知機のバッテリー 左のPOWERと書かれている部分に電源、右のXDCRと書かれている部分に振動子のケーブルをつなぎます。 電源の穴には振動子用ケーブルが挿さらないようになっており、逆もまた同様です。 振動子というのは、音波を飛ばす装置です。 水中に入れて使うもので、私は振動子に吸盤をくっつけ、カヤックの側面に貼り付けて使っていました。 魚群探知機のバッテリー 今はカヤック内部に入れて使っているのですが、詳しくは次のページで説明します。 魚群探知機のバッテリー







ストライカー4とバッテリーについて


ガーミンのストライカー4は12Vの外部電源が必要となります。 ストライカー4を購入するのであれば、バッテリー充電器も購入しておきましょう。 魚群探知機のバッテリー このバッテリーは鉛蓄電池なので重く、大きさも7cmx9cmx10.7cmとやや大きめです。 その分充電は長持ちし、シーズン中に一回も充電しなくても問題ないぐらい容量があります。 大きさと重さ・配線などを考えると、できればバッテリーはカヤックの内部に入れておきたいところですが、その際、ハッチを通るかどうかが問題になります。 あらかじめハッチの寸法を確認しておきましょう。 魚群探知機のバッテリー 上の画像では防水のため、ビニール袋でバッテリーを包んでいます。 ストライカー4を購入すると、電源ケーブルと振動子用ケーブルが付いてきます。 電源ケーブルには黄色い筒状の物がくっついていますが、これはヒューズと呼ばれるもので、過大な電流が流れたときに魚探本体が壊れないよう、中の線が切れるようになっています。 魚群探知機のバッテリー 魚群探知機のバッテリー 上の画像の、太く黒いケーブルの中には、赤・黒・青・茶の線が入っています。 青と茶の線は使わず、赤い線をバッテリーの陽極に、黒い線を陰極につないで使います。 私はハンダごてで、ケーブルの先にワニ口グリップを接続し、バッテリーの端子とつないでいます。 魚群探知機のバッテリー ワニ口グリップをつなぐと、金属の端子がむき出しのままで怖いので、一応ビニールテープで絶縁と固定をしています。 ちなみに、バッテリー自体は下の画像のようなプラスチックケースに入れています。 魚群探知機の配置 うまくバッテリーの大きさに合うようなケースをホームセンターで探しました。 カヤックは揺れるので、バッテリーに衝撃がかからないよう、ケースの中にプチプチを敷いてバッテリーを入れています。 バッテリーの端子部分は金属むき出しの状態なので、海水や湿気で錆びそうです。 そこで仕上げに、バッテリーをビニール袋に入れて袋の口からケーブルを出し、口の部分をビニールテープでぐるぐる巻きにして、極力水分が入らないようにしています。 魚群探知機のバッテリー バッテリーと振動子からのプラグを本体に差し込み、本体の電源ボタンを押すと、本体が動作します。 魚群探知機の配置 魚群探知機の配置 電源を付けると「Flasher」の位置にカーソルが合っているので、そのままチェックマークのボタンを押すと、魚群を探索する画面になります。 魚群探知機の配置 これでストライカー4のセッティング完了です。 最後に、次の項目で自作のバッテリーについて紹介しています。 次のページでは、実際にカヤック上でどのように本体やバッテリー・振動子を配置し、配線しているかを述べていきます。







自作のバッテリーについて


私は元々、ストライカー4を動かすのに自作のバッテリーを使っていました。 魚群探知機の配置 大きいバッテリーだと置き場所に困るので、バッテリーを小さく作り、カヤック前方の小さいくぼみに置けるようにしてみました。 魚群探知機の配置 上の画像のビニールで包まれているものが、当時使っていたバッテリーです。 ストライカー4は12Vの電源を必要とするので、1.5Vの単三電池8本を直列でつなげば作動します。 魚群探知機の配置 電圧が長持ちするよう、さらにそれをもう一組用意し、並列につないで使っていました。 魚群探知機の配置 計16本の単三電池を使うバッテリーですが、一日経たずに電池が切れてしまい、余裕をもって使えませんでした。 結局、市販のバッテリーを使うことにしました。