青物の釣り方・ナブラの攻め方編




|青物を釣ったら・ストリンガーの使い方>

<青物の釣り方・やり取りの仕方編|



カテゴリーのトップに戻る


ナブラの攻め方


 ルアー釣りをしていて期待が高まるのは、ナブラが見えた時です。

サゴシのナブラ

 ナブラとは、小魚を追ってフィッシュイーターが水面に集まり、水面が沸き立っている状態のことです。ボイルや沸きなどとも呼びます。

 ナブラの近くには間違いなく、小魚を追う魚食魚がいます。

 下の動画は、サゴシの大規模なナブラを撮影したものです。大画面・高画質でご覧ください(音が出ます)。

大規模なサゴシのナブラ



 ナブラの出方や規模、見た目は魚ごとに違っていて、ナブラを見ればどの魚がいるか判別できることが多いです。

 特にサゴシのナブラは顕著で、サゴシが跳ねまわるのが見えたりします。

 ナブラを狙うときは、ナブラに直接ルアーを落としてはいけません。魚が散ってしまいます。

 ルアーが着水したらすぐに巻き始めましょう。巻くスピードは早めでアクションはいりません

 巻いていると急にガクンと引っ張られます。この時の感覚はなんとも言えません。

 魚が掛かったら、青物の釣り方・やり取りの仕方編のページで書いたようにやり取りをします。




 自分の周りにナブラがあっても、ルアーは正面に投げます

 他の人の正面にルアーが行くと、オマツリ†1の原因になるからです。せっかくナブラが来ても、オマツリしてみすみす魚を逃すことになります。

†1 :仕掛けが絡むことです。




 私が初めてサゴシを釣った時の体験談ですが、その日はサゴシの活性が高く、あちこちにナブラができました。

 私の正面にもナブラが来て、サゴシを釣ることができました。

 ところが、私の目の前のナブラをめがけ、左右の人が斜めに仕掛けを投げたため、左右の人同士で仕掛けが絡んでしまいました。

 結局すぐにナブラは消え、その人たちはサゴシを釣り損ねていました。

 こんなことがあってはせっかくのチャンスが台無しです。

 ナブラがあっても焦らずに、周りを気にしながら釣りましょう。

 ナブラには魚が集まってくるので、ナブラのすぐ近くに投げなくても魚は掛かります。

 ナブラを攻めるときは、とにかく落ち着いて、なおかつ急いで行動するのが肝心です。





|青物を釣ったら・ストリンガーの使い方>

<青物の釣り方・やり取りの仕方編|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る