タイトル画像




アシストフックの自作















アシストフックについて


 ルアーのフックについてのページで紹介しましたが、青物釣りではアシストフックという根付糸の付いたフックを使うことが多いです。

アシストフック

 アシストフックを使う理由ですが、青物は獲物の頭をめがけてアタックすることが多いらしく、アシストフックをつけるとフッキング確率が上がるそうです。

 実際、青物釣りをしていると、アシストフックに掛かってくることが多いです。

 また、ルアーを飲み込むような大物が掛かった時は、後ろの針(リアフック)とアシストフックの両方が魚の口に掛かり、バラシにくくなるというメリットもあります。

ワラサの口に掛かったフック

 このページでは、そんなアシストフックを自作する方法を紹介します。




 アシストフックを自作することのメリットは、フックの種類や根付け糸の長さを自由にできることです。

 また、サバ皮や鳥の羽などのアクセントを足して、アピール力のあるアシストフックを作ることもできます。

アピールフック

 自作の釣り具で魚を釣った時の喜びは格別です。







アシストフックの材料


 アシストフックを作るために必要なものを列挙します。







アシストフックの作り方


 材料をそろえたら、さっそくアシストフックを作りましょう。

 まずは根付け糸に針を刺し、針のチモトまで根付け糸を動かします。

アシストフック作成手順
アシストフック作成手順

 これだけでもかなり頑丈で、強く引っ張っても外れません。

 2本ともチモトに動かしたら、細い糸を巻き付けて針と根付け糸を固定します。

 細い糸の方に輪っかを作り、根付け糸に通して締めていきます。

アシストフック作成手順
アシストフック作成手順

 堅結びなどで止めておき、細い糸を根付け糸に強く巻き付けていきます。

 サバ皮などのアクセントをつける際は、ここで根付け糸と一緒に巻き付けていきましょう。



 ここで、糸を巻く回数が多すぎたり、アクセントを付けすぎると、チモトが太くなって熱収縮パイプが通らなくなるのでご注意ください。

 十分糸を巻いたら、もう片方の端と結んで止めます。

アシストフック作成手順
アシストフック作成手順

 余分な糸の端を切り、接着剤を付けます。

 接着剤は付けすぎないようにしましょう。

 接着剤の先端をほんの少し結び目にくっつけるようなイメージで、接着剤をしみこませます。

アシストフック作成手順

 接着剤が乾燥したら、熱収縮パイプを適度な長さに切り、チモト部分にかぶせます。

 パイプの長さは下の写真ぐらいにすると良いでしょう。

アシストフック作成手順

 パイプを針に通すときは、根付け糸の方から通していきます。中々入らなければ、パイプを捩じりながら少しずつ通していきます。

アシストフック作成手順

 パイプを通したら、ライターなどで炙ってパイプを収縮させます。

 針の部分をペンチなどで持つと、手が熱くなりません。

アシストフック作成手順

 アシストフックを作る際はここの工程が一番難しいです。ライターで炙るとパイプだけでなく、根付け糸も縮んでしまうからです。

 できるだけ遠くから火で炙るようにしましょう(上の画像では近すぎます)。

 火力弱めのストーブやドライヤーで炙ると、根付け糸が縮む心配がありません。

 その場合も針をペンチで持った方が良いです。

アシストフック作成手順

 これで自分だけのアシストフックが完成です。

アシストフック

 途中の工程で羽を入れて作るとこのようになります。

アシストフック