タイトル画像




カヤックとフラッグ















カヤックとフラッグ


カヤック運行の際、カヤックにはフラッグ(旗)を立てておかなければいけません。 カヤックとフラッグ フラッグを立てる最大の理由は、他船との衝突を避けるためです。 大海原に浮ぶカヤックの船体は、他の漁船などからはかなり視認しにくいものです。 カヤックとフラッグ スピードの遅いカヤックが、速く移動する漁船などとの接触を避けるための最大の対策は、とにかく他船から目につくようにしておくことです。 カヤックと漁船がぶつかりそうになったとき、手漕ぎのカヤックでは漁船を避けるのは難しいでしょう。 他船からとにかく早めに発見してもらい、カヤックに近寄らないようにしてもらう必要があります。 もちろんこの話は、漁船や遊覧船などが操業する場所に近寄らないようにした上で、というのが大前提です。







フラッグの作り方と立て方


フラッグは既製品もありますが、私は自作して使っています。 フラッグのカヤックへの立て方も色々あるようですが、ここでは私流のフラッグの作り方と、カヤックへの立て方を紹介します。 まず作り方ですが、私は下の画像のようなフラッグを使っています。 カヤックとフラッグ ダイソーの竹の釣り竿に、適当な布を留めて作りました。 布を留めるにはケーブルタイを使っています。 カヤックとフラッグ フラッグの下部にはクッションシートを、これまたケーブルタイで巻き留めてあります。 カヤックとフラッグ このクッション材は、カヤックのスカッパーホールに、フラッグを挿すために巻いてあります。 カヤックとフラッグ これだけではフラッグがグラつくので、リーシュコードを下の画像のように一巻きして、安定させています。 カヤックとフラッグ 他には、クーラーボックスにくっつけて立てたり、カヤックのロッドホルダーに立てている人もいるようです。