タイトル画像




カヤックフィッシングで釣れる魚たち













カヤックフィッシングで釣れる魚たち


このページでは、私がこれまでカヤックフィッシングで釣ってきた魚を紹介します。

ワカシ・イナダ・ワラサ

青物の代表格、ブリの若魚です。 小魚をよく追い回し、ナブラを立てることもしばしばです。 ナブラが起きているときは表層でよく釣れますし、中層から底層にも幅広く回遊しているイメージです。 ジグを底まで落とし、巻き上げてすぐに掛かることが多いので、底付近までジグを追い、底で反転したジグに飛び掛かってくるような食い方が多いのでしょう。 カヤックではワカシからワラササイズまで釣れたことがあります。 ワカシサイズは秋によく釣れます。 ワラササイズになると、一匹釣っただけで腕が痛くなります。 以前、キジハタを釣っていた時に一匹のブリがカヤックに付いてきたことがあります。 何をしてもカヤックから離れず、ひたすらドーン・ドーンとカヤックに体当たりを続けていました。 ルアーを見せても何をやっても釣れず、しまいには情が湧き、しばらく一緒に海原を進みました。

サゴシ

新潟ではイナダと同じくらいポピュラーな青物です。 魚食性で小魚をよく追います。 歯が鋭いため、取り込みやフックを外す際には気を使います。 釣れ始めの春先にはパワーがないですが、6月に入って小魚をたくさん食べると、ショアジギング用の頑丈な竿をへし折るほどの引きを見せます。 サゴシのナブラは非常に騒々しく、6月中旬~7月中旬ぐらいの盛期だと、水深20mぐらいの場所でカヤックの周囲一面をサゴシが飛び跳ねます。 時にはカヤックを飛び越す高さまでジャンプすることもあります。 陸からよく目を凝らすと、沖で跳ねているサゴシが見えるぐらいです。 独特の青臭さがあるため嫌われやすいですが、上質の白身を活かしたてんぷらは本当に美味しいです。 盛期のころの刺身も、脂がのって美味です。

サバ

私が住んでいる付近で良く釣れるのは、イナダとサゴシ、そしてこのサバです。 大衆魚として人気がありますが、身が傷みやすいため、サバを刺身で食べられるのは釣り人の特権です。 カヤックから良く釣れるのですが、魚探でそれらしい反応を探しながら、底層までジグを落としたときに掛かることが多いです。 底付近では釣れやすいのですが、サバのナブラは非常に釣りにくいです。 イナダと似たような、海面が黒っぽくザワザワするようなナブラですが、規模が小さく、移動が速いです。 ナブラの近くにルアーを投げるとナブラがすぐに沈んでしまいますし、ナブラの付近にルアーを通しても、掛かってこないことが多いです。

マダイ

言わずと知れた魚の王様で、釣れると一番うれしい魚です。 小魚を追い回していることも多く、小さいジグで釣ることができます。 潮周りなどを調べれば狙って釣ることもできるのかもしれませんが、私はジギングをしながら、掛かったら嬉しいなというぐらいの気持ちで釣っています。 体高が高いためか、青物に劣らないほど強い引きを見せます。 最初の強い引きでフックが外れてしまったことが何度かありました。

エソ

ルアー釣りでは嫌われやすい魚ですが、私が始めてカヤックフィッシングで釣った魚のため、何となく愛着があります。 とはいえ釣れたらリリースしますし、以前エソしか釣れなかったことがあり、そのときはさすがに閉口しました。 引きはそれほど強くありませんが、50cmを越してくると釣りあげるまで強い引きを見せたりします。

マゴチ

始めてカヤックフィッシングで釣ったのはエソですが、マゴチはカヤックフィッシングで2番目に釣りました。 食べても美味しく、釣れるとうれしい魚です。 ジグを底まで落とし、巻きあげたときに掛かることが多いです。 底から離れないというイメージが強い魚ですが、一度だけマゴチが水面までジグを追ってきたのを見たことがあります。 意外と表層にも来るのかもしれません。 マゴチは何匹か釣りましたが、同じフラットフィッシュのヒラメはカヤックで釣ったことがありません。 運の問題なのか、釣り方の問題なのか・・・

根魚類

カヤックでは根魚もよく釣れます。 砂地であっても、魚探で小魚がいるような場所を探してジギングすると掛かってくることがあります。 ホウボウ 胸鰭の美しい底生魚です。 頭骨が硬く、兜のように頭一面を守っています。 釣りあげると、その名の通り「ボウ・ボウ」と鳴きます。 その様子を見ていると、締めるのが可哀そうになってきてしまいます。 陸からは釣れたことがないので、ある程度水深のある場所がテリトリーなのかもしれません。 白身でクセがなく、どんな料理にも合います。 アイナメ カサゴ キジハタ 陸からも釣れる根魚たちです。 アイナメとキジハタは大きめのタイラバに食いついてきました。 根魚類は大きなものでもお構いなしに食いついてくるので、専門で狙うならば、ジグよりもアピールの大きいタイラバで狙うと良いのかもしれません。 キジハタの刺身は、身がモチモチして美味でした。 頭にはホウボウと同じく頭骨があります。

マグロ?カツオ?

ジギングで釣れた、マグロなのかカツオなのか分からない魚です。 陸からは釣れないような魚が釣れてしまうのも、カヤックフィッシングの楽しいところです。

アオリイカ

イカの王様アオリイカもカヤックで良く狙われるターゲットのようです。 食べると身に甘みがあり、そこら辺のイカとは明らかに違う美味さです。 カヤックならば、手つかずの沖のテトラや岩場を狙えるので、アオリイカ釣りに相性が良いと思っていたのですが、まだ一杯しか釣れたことがありません。

トラウト

番外編ですが、裏磐梯フォレストスプリングスという管理釣り場で、カヌーに乗ってトラウトを釣ってきました。 野生化したトラウトはとても引きが強く、フライフィッシングの独特な寄せ方もあって最高の体験をしました。 ブラウントラウトなども釣れました。 湖のカヤックフィッシングで大イワナが釣れたりするらしいので、今度狙ってみたいと思います。