タイトル画像




魚群探知機の見方について















魚群探知機の見方


このページでは、魚群探知機の画面の見方について説明していきます。 魚群探知機の見方 魚群探知機を読むのに必要な知識を載せていきますが、個々の魚が示す反応などについてはあまり言及しないので、詳しくは魚群探知機について解説している本などをご覧ください。 前のページでは魚群探知機についてざっくりと説明しました。 平坦な沖で釣りをするカヤックフィッシングでは、どこに魚がいるのか見当を付けづらいため、魚群探知機はなくてはならないものです。 魚群探知機の見方 魚群探知機に反応が写ったとしても、それは必ずしも魚ではなかったり、狙いの魚とは違うかもしれません。 ですが、魚探に小さい影が映ったとか、地形に変化があるということが分かるだけでも、何も分からない状態よりも、はるかに期待を持って釣りができます。 では魚探の見方についてですが、まずは分かりやすいところから説明していきます。 魚群探知機の見方 画面左上の18.2mという数字は、現在カヤックが浮かんでいる付近の水深を表しています。 また、画面右の0,5,10,15という数字は水深の目安を表しており、先程の画像では、例えば海底から数m上(13m~17mぐらいの範囲)に小さな点がたくさん描かれています。この点の集まりは、小魚の群れを表してると思われます。 画面の一番下にある、茶色く平らなゾーンは海底です。 魚群探知機の見方 カヤックが波で揺れていると、下の画像のように海底が波打ちます。 魚群探知機の見方 岩礁などがあると、急な変化が出るのですぐに分かります。 魚群探知機の見方 注意点ですが、この岩礁は実際にこういった形をしているわけではありません。 岩礁の上をゆっくり通れば、それだけ反応は横長になりますし、素早く通れば急峻な形になります。 このあたりのことは、また後で詳しく解説します。 単体の大きな魚が反応すると、ブーメラン反応という反応が表れます。 魚群探知機の見方 これは文字通り、上の画像のようにブーメランに似た形の反応が現れることから付けられた名前だと思います。 以前、一匹のブリがずっとカヤックにつきまとってきたことがあり、そのブリがカヤック近くを通ったときの魚探画面を何度も撮りました。 魚群探知機の見方 魚群探知機の見方 魚群探知機の見方 魚群探知機の見方 通る場所やカヤックからの距離によって形に違いは出ますが、おおよそブーメランのような形の反応が表れました。 小さい魚の場合は、より小さい線や点で反応が表示されます。 魚群探知機の見方 上の画像で、逆Vの字型の軌跡は、メタルジグの通った軌跡です。 そして何本ものウネウネした線が、メタルジグの軌跡に沿って付いてきているのが分かります。 これがおそらく、ジグを追ってきた魚の反応です。このときは魚が積極的にジグを追ってきていたようなのですが、結局一匹もヒットしませんでした。 ジグが大きすぎたのか、魚がジグを見切ってしまっていたのか、理由はわかりませんが悔しい思いをしました。 下の画像では、8mや15mの水深に、薄く点が集まったような反応が見られます。 魚群探知機の見方 これはおそらく小魚の反応で、大きい魚の反応が見えないようなときでも、ルアーを落とすとフィッシュイーターが釣れることがよくあります。 では次に、絵で魚探の仕組みと画面の見方を詳しく説明していきます。 魚群探知機の見方 上の絵の左側は、カヤックと海中の様子を表しており、絵の右側は、そのとき表示されているであろう魚探の画面を表しています。 カヤックの下に円錐が描かれていますが、これは魚探の振動子が出す音波を表しています。 振動子から出た音波が物体に当たり、その跳ね返ってきた音波を検知することで、どのくらいの深さに、おおよそどんな物体があるのかを画像として出力します。 魚探の画面を見る上でのポイントは2つです。 一つ目のポイントは、画面の横軸が、位置ではなく時間経過を表しているということです。画面の右端が一番最近の出来事を、画面の左にいくほど過去の出来事を表しています。 そして二つ目のポイントは、画面に映っている反応は、カヤックの下の、ある程度広い範囲で起きている出来事を表しているということです。 先ほどの絵では、カヤックが左側に進んでいます。 魚群探知機の見方 画面中、最新の海中の状態を表示している場所に、黄色の線を引きました。 カヤックが進行中、音波が魚に当たったため、画面右端に魚の反応が表れました。 また、海底の音波範囲中には岩があり、魚探にもそれが表示されています。 過去に遡り、音波が岩に当たり始めたころから見てみましょう。 魚群探知機の見方 画像の左下の絵は、カヤックからの音波が岩に当たった瞬間を表しています。 このタイミングで、魚探の画面に岩が表示され始めました。 それからカヤックが左に進行していくと、音波の範囲中には岩がずっとあるので、魚探画面の下には岩の反応が表示され続けます。 右下の、カヤックと岩と魚が描かれている絵は、先ほどの状態(現在の状態)を表しており、魚探画面の一番右端に様子が表示されています。 ここからさらに時間が進み、音波の範囲から岩が抜け出すと、下の画像のようになります。 魚群探知機の見方 魚は音波の範囲にずっと居続けたので、細長い線のように表示されています。 では次に、実際の魚探画面を見ながら、海中がどうなっているか考えてみましょう。 魚群探知機の見方 先程説明したとおり、画面の左に行くほど過去の出来事を表していて、画面の右にいくほど直近の出来事を表しています。 画面の下に、赤~橙色~青の点が大量に、帯のように映っています。これは、おそらく小魚の群れを表しています。 左の方が上下に厚く(5mぐらい?)、右に行くほど少しずつ上下に薄くなり、右端では上下3~4mぐらいの幅になっています。 これは、少し前の時間帯でカヤックの下にいたのは、5mぐらいの厚さの群れだったのが、今カヤックの下にいる群れは、上下4mぐらいの厚さになっているということを表しています。 群れ自体が、時間が経つにつれて上下に縮んだのか、カヤックが移動して縮んだ群れの上に来たのかは分かりません。 右端を見ると、群れの下の方で点がまばらになっているので、現在カヤックの下にいる群れは、上の方に魚が多く、下の方は魚が少ないということも分かります。 魚群探知機の見方 また先程の画像ですが、この群れがカヤックに対して、前後左右どの位置の海底にいるのかということは、この画像からは判断できません。 魚探は、カヤック下の広い範囲に円錐状に音波を飛ばし、返ってきた音波を元にカヤック下の状況を画像で表しています。 なので、この群れはカヤックの真下にいる可能性もありますし、カヤックから見て右斜め前のあたりにいるかもしれません。 カヤックの前後左右一帯に散らばって、海底が小魚の絨毯のようになっている可能性もあります。 もし反応物の位置の見当を付けられるとしたら、カヤックを漕いでいて、いきなり反応が現れた場合ぐらいでしょうか。 カヤックが進行していて反応が出てきたということは、その反応物はカヤックの前方で音波の範囲に入った可能性が高いでしょう。 魚群探知機の見方 しかし、これも確実ではなく、カヤックよりも早い魚が、後ろからカヤックを追い越していったという可能性もあります。 魚群探知機の見方 進んでいるカヤックの横から魚が泳いできて、音波に当たった可能性も無いとは言えません。 魚群探知機の見方 いずれにしても、反応が写った時点でカヤックはさらに進んでいるので、反応物からは離れてしまっており、正確な位置はなおさら分からなくなっています。 ここまでの話から、魚探を使って単体で泳いでいる魚を釣るのは難しいということが分かります。 魚探に大型魚の反応(ブーメラン反応)があったとしても、魚がカヤックの真下から離れた場所を泳いでいるかもしれないので、ルアーを落としても気づかれない可能性は十分にあります。 特に、カヤックを漕いでいる時に反応を見つけてルアーを落としたとしても、ルアーを落とす動作の間にも、ルアーが沈んでいる最中にも、カヤックと魚の位置がどんどんずれていってしまいます。 単体の反応を探して釣るのは、至難の業です。 では、魚探がどういうときに役立つかといえば、小魚の群れのように広範囲に散らばっているものを探すときと、水深や海底地形を探るときです。 広範囲に魚の群れがあれば、カヤックが少し進んでも反応は途切れません。 魚群探知機の見方 そしてフィッシュイーターが釣れやすいのは、こういった小魚の群れの反応が見えているときです。 経験上、下の画像のような反応が出ているときにジグを落とすと、高い確率でフィッシュイーターが食ってきます(エソが釣れることも多いですが)。 魚群探知機の見方 海底から数m上に、小さな点が薄く集まっています。 私がカヤックフィッシングでポイントの見当を付けるときは、まず上のような反応を探すことから始めます。 反応が出ている場所を見つけたら、ひたすらその近辺でジグの落とし込みを繰り返します。 また、魚探は水深や海底地形を探るのにも役立ちます。 私がよく行くポイントでは、水深15mぐらいまでは岩礁が多く、それより深くなると平坦な砂地になります。 魚群探知機の見方 魚群探知機の見方 砂地になっているのは水中カメラを沈めて確かめました。 魚群探知機の見方 水深15mを越すと、沖に向かって漕いでも中々水深が深くならず、水深の変化が小さくなることも分かりました。 水深15mぐらいから魚影が濃くなり、色々な魚が釣れ始めます。 水深20m以降は海の雰囲気が変わり、これ以上沖に行ってはいけないような気分になってきます。 魚探を使いながら一つのポイントに通っていると、そのポイントの水深や海底地形などの傾向が頭に入ってきて、大体どのくらい漕げば水深何mになるというのが、感覚で分かってきます。 どのような海底地形・どのくらいの水深で魚が釣れたのかを覚えておけば、どのくらい漕ぐとどんな魚が釣れるのかが分かってくるので、魚探がなくても釣果が出せるようになってきます。