青物釣りの道具




|青物釣りの便利小物>

<青物釣りの装備|



カテゴリーのトップに戻る



青物釣りの道具


 青物釣りの時にあると良い道具は、

  • 魚から針を外すプライヤー

  • 魚をつかむフィッシュグリップ

  • 魚を〆るナイフ

  • 釣った魚をつないでおくストリンガー

などです。

釣りの道具たち

 後は、手を洗ったり魚を〆るときに使う、水汲みバケツなどがあると便利です。

 どれも無くても何とかなりますが、あると便利ですし、怪我をしたりするリスクを避けられます。




 プライヤー(ペンチのような物)は、歯の鋭い魚から針を外すときに必要です。

プライヤー
プライヤー

 サゴシやヒラメの歯は触れただけで皮膚が切れるほどの鋭さなので、プライヤーを使わないで針を外すのは危険です。

サゴシの歯

 また、大型魚から針を外すときはかなりの力が必要です。このような場合もプライヤーがないと苦労します。

大型魚

 私が使っていた中でお勧めのプライヤーは、 ステンレスアングラーズプライヤー です。

 安くてコンパクトで、針外しだけでなく色々な用途に使用できます。ステンレスなので錆びにくいです。

 プライヤーを選ぶときは、ばねなどが入っていて勝手に開くタイプがお勧めです。

 フィッシュグリップも歯やヒレの鋭い魚を扱うときに便利です。

 これで魚体を挟めば、痛い思いをしなくて済みます。

 私は、 ライトフィッシュグリップ を使っています。

 以前は別の物を使っていたのですが、落としたのでこれに買い替えました。

 魚の口を挟むだけでなく、胴体を挟むこともできます。ギザギザの滑り止めが付いているので魚体をしっかりホールドできます。

 サゴシやイナダにはぴったりのサイズです。ワラササイズになると胴体を挟むことはできませんが、口をはさんでホールドできます。

 ストッパーを押し込むとフィッシュグリップが開いたままになり、引き出すと閉じたままになります。

シマノ ライトフィッシュグリップ
シマノ ライトフィッシュグリップ

 この機構が収納に便利です。

 また、ナイロン樹脂なので頑丈で、錆びを心配する必要がありません。




 魚を〆るときにはナイフが必要です。

 魚は必ずしも〆る必要はないのですが、美味しく食べるために釣り場で〆ておきたいものです。

〆め

 なお、魚の〆方は青物を釣ったら・魚の〆方のページをご参照ください。

 私は シマノ シースナイフ ロング というナイフを使っています。

 このナイフは切れ味がよく、錆びにくいナイフです。

 魚を〆たり料理をしたりと色々な用途に役立ちます。

 私はキャンプでも使っています。

シマノ ナイフ シースナイフ ロング
シマノ ナイフ シースナイフ ロング

 写真内のナイフに付いているリングは付属していないのでご注意ください。

 このナイフは折り畳み式ではなく、さやと刃が固定されている頑丈な造りになっています。

 魚を〆るときに折り畳みナイフを使うのは危険です。私は以前折り畳みナイフを使っていたのですが、〆ようとしたときにナイフが折りたたまれて怪我をしそうになりました。

 特に大きな魚を〆るときは、折り畳みナイフでは不十分です。




 魚をキープするときは、ストリンガーがあると便利です。

ストリンガー
ストリンガー

 使い方は青物を釣ったら・ストリンガーの使い方のページをご覧ください。

 魚を付属のフックに掛けて水中に落としておき、海水中に魚をキープする道具です。

ストリンガー

 ストリンガーがなくてもクーラーボックスがあれば良いのですが、釣り場まで長い距離を歩く場合、クーラーボックスを持ち込むのは大変です。

 私は車の中にクーラーを置いておき、釣った魚をストリンガーごとクーラーに放り込んでいます。

 ストリンガーのおすすめは、 Hiveseen フロート付きストリンガー です。

 このストリンガーは、フックが10コなのでたくさん釣れたときにも安心できます。

 ロープがワイヤーなので堤防の角などに擦っても切れにくいです。

 ポーチとフロート(浮き)が付属しています。

 ストリンガーはフロートが付いていないと、水中でロープが何かに引っかかってしまうことがあります。




 ちなみに、私は自作のストリンガーも使っています。

自作のストリンガー

 ストリンガーの自作に必要なものは、ロープ・糸巻き・魚をつなぐ大きなスナップ・フロート・接着剤です。

 これらは、ほとんど釣具屋でそろえることができます。

 興味があれば材料を買って自作してみるのも面白いでしょう。

  水くみバケツ は、普通のバケツではなく、釣り用のロープの付属した水汲みバケツがあると便利です。これは手を洗ったり魚を〆るのに使います。

 ロープが付いていないと高い堤防では水を汲めません。

 餌を使わないルアー釣りであっても、何かと手は汚れます。

 特に、釣った魚に触った後などは手がべたべたして、手を洗いたくてしょうがなくなります。

 そんなとき、高い堤防ではこのバケツがないと手を洗う術がありません。

 できれば釣り場に持ち込んでおくと良いでしょう。





|青物釣りの便利小物>

<青物釣りの装備|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る