青物釣りのタモについて




|青物釣りの糸について>

<青物釣りのリールについて|


カテゴリーのトップに戻る


タモについて


 このページでは、タモの概要や選び方を説明します。扱い方については青物の釣り方・やり取りの仕方編をご覧ください。




 タモとは、タモ網、玉網などとも呼ばれる、釣りに使う網のことです。主に足場の高い釣り場で、引き寄せた魚を陸に上げるときに使います。

取り込み1
取り込み2
タモの使い方

 釣り竿のような伸縮自在の柄があり、その先に取り外し可能な網を取り付けて使います。

タモ1

 柄を折りたたんだ状態だと全長1mぐらいですが、伸ばしきると3m、物によっては10mぐらいになるものもあります。

 虫取り網のように伸縮しない網でも釣りで使うことはできますが、柄が短いので足場の高い場所では使えません。

 網のフレームは折りたたみ可能になっている物が一般的です。素材はアルミやステンレス、チタンなどの金属が使われています。

タモ2



 青物釣りの竿についてのページでも説明しましたが、私は以前、40cmぐらいの魚を堤防に抜き上げようとして竿を折ってしまったことがあります。

折れた竿

 竿が折れた衝撃で針が外れ、魚には逃げられてしまいました。当時は40cmぐらいの魚など釣ったことがなく、逃した悔しさを当分の間引きずっていました。

 このことがあってからというもの、ルアー釣りにはタモを持ち歩くようになりました。堤防や磯など足場の高い場所で大物を釣るとき、タモは必需品です。

 千円二千円ぐらいの竿で釣りをする場合、30cm以上の魚はタモで取り込んだ方が良いでしょう。

 1万円ぐらいの竿ならば高い堤防でも40~50cmの魚を抜き上げられますが、60cmぐらいの魚が釣れる場所ならタモを持ち込んだ方が良いでしょう。

 タモの選び方についてですが、タモは大は小を兼ねる物です。柄はできるだけ長い方がよく、フレームも直径が大きいほど良いです。大きいほど魚を取り込みやすくなります。

 もちろん大きければ大きいほど重くなるので、釣り方や体力と相談して大きさを抑える必要はあります。

 大きさの目安は、柄は釣り場の高さより長い物フレームは釣りたい魚の全長より大きい物を使いましょう。

 だいたい、柄は5m、フレームは50cmあれば問題ありません。

 私のタモはフレームが50cmで、40cmの魚は簡単に取り込めます。60cm以上のワラサを網に入れるのは苦労しますが、何とかなります。




 フレームの素材についてですが、素材としてよく使われるアルミは軽くて安いです。

 ただ、海水で腐食しやすいので釣り後の水洗いをしっかりやらなければいけません。かく言う私は手入れを怠って継ぎ目を破損させてしまいました。

 おすすめの素材はステンレスです。ステンレス製はアルミよりさらに頑丈で、海水にも強く錆びにくいです。値段もアルミとそれほど変わりません。重いのだけが欠点ですが、たいして気になりません。

 タモは柄と網のセット売りの物が多いのですが、セットの物はほとんどがアルミ枠です。

 最初はセット物を買い、フレームが壊れたらステンレス製のフレームを買うと良いでしょう。

 タモは竿やリールと違い、かなり安い物でも問題ありません。私は4000円ぐらいの網と柄がセットの物を買い、長く使っています。

 ただ、安物は先端のゴムが取れやすかったりするので接着剤などで補強しておきましょう。

 タモのおすすめは、 TAKAMIYA ラストウィニング 小継磯玉網 です。値段が手ごろで、柄は5m、フレームが50cmです。

 長く使いたいならば、 ダイワ磯玉網 が良いでしょう。1万円ちょっとしますが、しっかりした造りで柄が6m、フレーム直径60cmです。

 替えのフレームは プロマリン ステン磯玉網セット がお勧めです。ステンレス製で直径60cmです。





|青物釣りの糸について>

<青物釣りのリールについて|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る