タイトル画像




青物釣りの竿について



このページの概要

このページでは、青物を釣るためのルアーロッドの選び方について書いていきます。 想定しているターゲットは陸から狙う40cm~50cmぐらいのイナダやサゴシです。 まず、青物釣りの竿に求められる性能について説明します。 それを踏まえてS1002MHなどの分かりにくいルアーロッドの表記について簡単に解説しつつ、竿の長さや硬さの選び方を説明していきます。















青物と釣り竿


青物をルアーで釣ろうとするとき、どのような釣り竿を選べば良いのでしょうか。 青物のルアー釣りではショアジギング用のルアーロッドを使うのが一般的です。 ショアというのは岸のことで、岸からジギング(メタルジグを使って釣りをすること)をするのがショアジギングです。 ところで、青物を釣るにはショアジギング用の竿を使うのが一般的と書きましたが、必ずしもショアジギング用の竿を使わなければいけないということはありません。 どんな竿でも青物を釣ることはできます。 私はホームセンターの安いルアーロッドでイナダを釣ったことがあります。 キス釣り用の投げ竿と細い仕掛けで大きい青物を釣ったことのある人もいます。 クロダイのウキ釣りでイナダが釣れているのを見たこともありますが、竿は細身の磯竿なので取り込むのに苦労していました。 しっかりとドラグを効かせてやりとりをし、タモ網を準備しておけばどんな竿でも青物を釣ることができます。

逆に、ショアジギング用の頑丈な竿を使っていても、使い方が下手だったり準備が不足していると折れてしまうこともあります。 結局、釣れるかどうかは腕前の問題なので、どんな道具でも釣れないことはありません。 では、何故道具選びが必要なのかと言えば、道具には向き不向きがあるからです。 このことを踏まえたうえで、青物用のルアーロッド選びについて考えてみましょう。





青物用のルアーロッドに求められる性能


ショアジギング用の竿以外でも青物は釣れますが、釣りにくいのは確かです。 青物釣りの竿に必要な性能を考えつつ、ショアジギングロッドの特徴を見てみましょう。 青物を釣る際はメタルジグを使うことが多いです。 メタルジグは金属製の武骨なルアーです。 金属製なので重く、よく飛び、よく沈みます。 ルアーの中ではアクションも小さく、きびきびとした動きが特徴です。 青物釣りではこのメタルジグを何度も遠投することになります。 メタルジグを扱うことと、青物の強い引きに耐えることを考えると、まず青物釣りの竿には頑丈さが求められます。 また、青物釣の竿は硬めで張りが強いものが良いでしょう。 そのほうがメタルジグを扱いやすく、青物を掛けた後に多少強引なやりとりができるようになります。 ショアジギングロッドは頑丈さと張りの強さのどちらも備えています。

ところで、ルアーを何度も投げるということから、青物釣りを含めたルアー釣りでは2本継ぎの竿が一般的になっています。 投げ竿や磯竿などの餌釣りに使う竿は、振り出し式で継ぎ数が多いため、ルアーを投げるときにガイドが回転してしまったり、竿が縮んでしまうことがあります。 2本継ぎだとそういったトラブルが無くなるため、ルアーを投げやすくなります。 また、2本継ぎは頑丈であることもメリットです。 ルアー釣りには継ぎ数が少なく、はめ込み式の物が適しています。 ちなみに、私がカヤックフィッシングで使っているオフショアキャスト用の竿は、グリップのみ取り外れるようになっています。 竿部分が一本ものになっているため、2本継ぎのものよりさらに頑丈です。 ルアーの投げやすさという点で言えば、ショアジギング用の竿はガイドが特殊な形状をしています。 上がショアジギング用の竿で、下が一般的なルアーロッドです。 上の竿はガイドに糸よけが付いているため、糸がガイドに絡みにくくなっています。 これもショアジギング用の竿の大きな特徴です。 このように、ショアジギング用の竿はメタルジグなどの重いルアーを投げやすく、青物の強い引きにも耐えやすい作りになっています。 では、これらを踏まえて具体的な竿選びについて考えていきましょう。 その前にルアーロッドの表記についておさらいをしておきます。 ルアーロッドの表記を読める方は、次の項は飛ばしてください。





ルアーロッドの表記について


ルアーロッドの表記についてのページで、実例付きでルアーロッドの表記について詳しく解説していました。 ルアーロッドの表記について簡単におさらいしていきます。 下の画像の釣り竿には「1002H」と書かれています。 数字については、最後の桁が継ぎ数を表しており、前に書いてある残りの数字がft(フィート)単位の長さを表しています。 そのため、上の竿は10.0ftで2本継ぎということになります。 1ft = 約30cmなので、上の竿は10.0ft = 300cm、約3mの長さです。 1002Hの「H(ハード)」は硬さを表しています。 硬さの表記については、柔らかい方から「L(ライト)」「ML(ミディアムライト)」「M(ミディアム)」「MH(ミディアムハード)」「H(ハード)」などがあります。 青物用の竿では、MHかHがよく使われていると思います。 もう一つ表記を読んでみましょう。 「S632ML」と書いてあります。 先頭のSはスピニングのSで、スピニングロッドであることを示しています。 このSは省略されていることも多いです。 ちなみに、Cの文字が入っていたらベイトロッドです。 さて、632なので長さは6.3ft = 189cm、約1.9mです。 また2本継ぎの竿です。 硬さはMLなので柔らかめの竿ということになります。 1.9mなのでかなり短めの竿なのですが、これはカヤックフィッシング用に購入しました。 160gまでのルアーを扱えます。 さて、表記の読み取り方をおさえたところで長さや硬さの選び方について考えていきます。





青物用のルアーロッドの長さについて


ショアジギングロッドの長さについてですが、これは長ければ長いほど良いと思います。 ショアジギングロッドに関しては大が小を兼ねます。 長いほどルアーの飛距離が出しやすく、青物とのファイトもしやすくなります。 長いことのデメリットは、狭い場所や上方に障害物がある場所などで釣りをする場合、取り回しが悪くなることくらいです。 カヤックフィッシングのときは長い竿だと取り込みが難しかったため、オフショアジギング用の竿を購入しました。 そうでもなければ、陸の開けた場所から釣るのであれば、竿は長ければ長いほど良いと思います。 ショアジギング用の竿は10ftで2本継ぎの物が多いです。 10ftは約3mで、仕舞い寸法は半分の1.5mです。 短い物で9ft=2.7mぐらいの物が売っています。 これより短い物はあまり見たことがありません。 特殊な状況で釣りをするのでなければ、10ftのものを購入すると良いと思います。 表記は「1002」です。





青物用のルアーロッドの硬さについて


ショアジギングロッドの長さは長いほど良いのですが、硬さの選択は少し悩みます。 硬すぎても柔らかすぎても使いづらくなるからです。 私は今までMHの竿を使っていたのですが、最近試しに「H(ハード)」の物を購入して使ってみました。 メインに使っているのが35gのルアーなのですが、Hクラスだと張りが強すぎてルアーが扱いづらく感じています。 青物を掛けてもあまり竿がしならず、大げさに言うと棒に糸を付けて釣っているような感じです。 硬すぎるのも考えものです。 逆に、竿が柔らかすぎると重いルアーが扱えなくなります。 魚が横に走るのを止めるのも難しくなるので、人が多い場所では周囲に迷惑が掛かることもあります。 硬さに関しては、基本的には「MH(ミディアムハード)」を選択すれば良いと思います。 そこを基準に、水深のあるポイントや遠投が必要な場所、大物が良く釣れる場所であればHクラス。 30cmぐらいの小物が多かったり、小さく軽いルアーを使うようであれば「M(ミディアム)」や「ML(ミディアムライト)」を選択しても良いと思います。 小学生が使う場合ななど、重いルアーが体力的に厳しい場合もMやMLクラスが良いでしょう。 竿の硬さの選択では、使うルアーの重さを基準に考えても良いでしょう。 竿の箱や竿本体には、使用できるルアーの重さが書かれています。 上の竿は最大で50gまでのルアーが使えます。 竿ごとの最大ルアー重量を踏まえつつ、竿の硬さとルアーの重さのバランスを考えます。 私の感覚で大雑把に区分すると、MHクラスであれば25g~45gぐらい、Hクラスは40g~60g、Mクラスならば15g~30gぐらいまでのルアーが適性のような気がします。 私がよく使っているムーチョ・ルチアでは、18g,25g,35g,45g,60gのラインナップがあります。 その中でよく使うのは35gで、遠投したい時には45gを使います。 60gは陸ではめったに使いませんし、25gや18gも特定の状況でしか使いません。 ルアーロッドを選ぶときは、45gぐらいまでのルアーが投げられるものを選んでおくと良いでしょう。





竿の選び方のまとめ


これまでの話をまとめると、ショアジギングロッドを選ぶときは、基本的に10ftでMHクラスの物を選べば良いと思います。 使えるルアーの重さや、青物を掛けた後のことを考えても、一番バランスが良いと思います。 表記としては「1002MH」と書いてあるものです。 私が使っていた中でお勧めの竿は、CRAZEE SHORE JIG GAME 1002MHです。 ショアジギング用の竿の中では値段が手ごろで、性能も申し分ありません。 70cmのワラサも問題なく釣れました。 長さに関しては10ftを基準に、狭い場所やボートなどで釣るならば短い物を選択します。 硬さに関してはMHを基準に、深い場所や遠投が必要ならば、重いルアーが扱えるHクラスの物を。 小物が多かったり、軽いルアーを使うならばMやMLを選択します。 ここまでがショアジギングロッドの選び方ですが、青物をルアーで釣ろうとするとき、必ずしもショアジギングロッドにこだわる必要はないと思います。 ショアジギングロッドが釣りやすいのは間違いありませんが、釣りが自由なものであることも間違いありません。 周囲や環境に迷惑が掛からない限りであれば、各人各様に好きな道具を選択し、好きに楽しむのも良いと思います。 すでに持っているルアーロッドや投げ竿で代用しても良いと思います。 あまりお金をかけたくなかったり、とりあえず釣れれば何でも良いという場合は、竿とリールと糸がセットになった安い物を買っても良いと思います。 それも立派な選択ですし、問題なく釣れます。 ですが、専用のショアジギングロッドが釣りやすいというのもまた事実です。 もしも青物釣りを長く続けていきたいならば、悩みながら一つずつ道具をそろえても良いでしょう。 自分で選択した道具で魚を釣ったときの喜びは、何事にも代えがたいものです。