青物釣りの竿について




|青物釣りのリールについて>

<青物釣りの外道について|



カテゴリーのトップに戻る



青物用の竿について


 青物釣りの竿については、各メーカーからショアジギング専用の竿が出ているので、それを買うのが一番です。

 ただ、ショアジギング用の竿は硬めで、メタルジグ以外のルアーには適していません。

 他のルアーも使いたいという方はもう少し柔らかめの、ルアー釣り全般に使える竿を選んだ方がいいと思います。シーバスロッドでも問題ありません。

 竿は高ければ高いほど性能が良いのでしょうが、一万円程の竿でかなり快適に釣りができます。

 そこまでお金をかけたくないという方は、3000円ぐらいのルアーロッドや投げ竿で始めてもいいと思います。50cmぐらいまでのサゴシやイナダならばなんとか釣り上げられます。

 私は以前、ホームセンターで買った3000円の竿を愛用していました。しかし、40cmぐらいの魚を堤防に抜き上げようとして折れてしまいました。

折れた竿

 安い竿でも魚を堤防に寄せることはできます。ですが、問題はそこからです。無理に魚を抜き上げれば高い竿でも折れることがあります。

 いざというときのためタモ網を用意しておき、できるだけ魚はタモ網で取り込むようにしましょう。

 タモについては青物釣りのタモについてのページをご覧ください。

タモによる取り込み



 私が現在メインで使用している竿は、アルファタックルの CRAZEE SHOREJIG S100MH です。


CRAZEE SHOREJIG
CRAZEE SHOREJIG

 3m(10ft)で45gまでのルアーを投げられます。ショアジギング用となっていますが、ルアー釣り全般に使える竿です。

 この竿はショアジギング用の竿としては安い部類ですが、とても良い竿です。

 今までにこの竿で何匹も青物を釣ってきましたが、まったくガタが来ていません。

 60cmぐらいのワラサでも強引に取り込めるパワーがあり、頑丈です。さらに、軽くさびにくいです。

 青物釣りを始めたい方や、良い竿がほしいという方にお勧めの竿です。

 他にも、「ダイワ クロスビート762MLFS」という竿も使っています。

クロスビート762MLFS

 値段は8000円くらいで、2.29mです。この竿はとにかく軽いです。羽のような軽さです。それでいて丈夫で中型青物にも力負けしません。

 5~28gまでのルアーを投げられるので、ルアー釣り全般に使用できます。ワームや小さめのルアーを使った釣りから軽めのメタルジグを投げる青物釣りまで、幅広く使えます。




 最近はクロスビートの折り畳み式の物が発売されました。取り回しが抜群なので車に忍ばせておき、好きなときに釣りをすることもできます。

 ルアーだけでなく、ちょい投げやサビキなどのファミリーフィッシングにもピッタリです。とてもおすすめの竿です。

 サイズや値段のバリエーションが多いので、したい釣りにマッチする物があるはずです。




 穴釣りなどの、取り回しが重要な釣りでは 593TULFS 、アジングや根魚を狙うなら 664TLFS764TULFS 、ワームやプラグなどの少し重めの物を投げるなら 864TMLFS 、中型青物を狙うなら 965TMFS がいいでしょう。




 昔は、TIGA productsの「SEABASS RUNNER」というシーバスロッドも使っていました。

 5000円ぐらいで買った物です。釣りの後、洗わなかったらガイドの部分が錆びましたが2液混合接着剤で補強して使っていました。

 シーバスロッドも十分青物釣りに使えます。

SEABASS RUNNER
SEABASS RUNNER



 青物釣りは安物の竿でも大丈夫ですが、青物釣りに必要な性能をできるだけ満たした竿を買いましょう。

 重要な性能の一つは重さです。ルアーを投げて巻くことを繰り返す青物釣りでは、重いことはとても不利な点です。

 昔使っていたシーバスロッドは重く、釣りを終えた後は腕がパンパンになりました。

 重くても何とかなりますが、ショアジギング用の軽い竿を買うに越したことはありません。

 二つ目の重要な性能は長さです。竿が長ければ長いほどルアーの飛距離が出ます。

 青物釣りはルアーの飛距離が重要です。単純に、遠くに投げれば投げるほど狙える場所が広がるからです。

 遠くにナブラが出たときなど、ルアーが届かなければ指をくわえて見ているしかありません。そんな状況は避けたいものです。

 ただ、長すぎるとルアーを投げるときにコントロールが悪くなりますし、取り回しも良くないので、最初は3mぐらいの物がお勧めです。

 ルアーロッドは長さの表記が特殊で、ft(フィート)という単位が使われています。10ftで約3mです。10ftぐらいの竿を買えば良いでしょう。

 重要な性能の三つ目は、使用できるルアーの重さです。竿によって使えるルアーの重さが決まっていて、それ以外の重さのルアーを使っていると、竿が破損する恐れがあります。

 竿のパッケージを見ると使用できるルアーの重さの範囲が書かれています。最低でも30gのルアーを投げられる物を買いましょう。できれば60gぐらいまでのルアーを投げられるものがいいです。





|青物釣りのリールについて>

<青物釣りの外道について|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る