タイトル画像




青物釣りのラインシステムについて













PEラインとラインシステム


 PEラインを使用するルアー釣りでは特殊なラインシステムを使います。

 PEラインは強度がありますが、それは単純な引っ張り強度の話で、急な衝撃や根ズレなどには弱いです。 また、フィッシュイーターの歯に対してもある程度の防御効果があります。 ショックリーダー ショックリーダー その弱点を克服するため、先端にそれらに強い材質の糸を結びます。

ショックリーダー




 ショックリーダーは伸びのあるナイロンかフロロカーボンで、太めの物を使います。私は1.2号のファイヤーラインの先に、ヤマトヨテグス フロロショックリーダーの7号(25lb)を結んでいます。


ショックリーダー

 この組み合わせで、70cmぐらいのワラサとやや強引にやりとりしても切られませんでした。根掛かりした時も、全力で引っ張っても切れません。

 ショックリーダーの長さは、両手を目いっぱい広げた長さよりも少し短いくらいにしています。1mぐらいです。

 PEのメインラインとショックリーダーを結ぶときは、ノーネームノット(ぐるぐる8ノ字ノット)(ユニチカ様のサイトに飛びます)を使います。頑丈で、慣れれば釣り場でもすぐに結べる結び方です。

ノーネームノット(ぐるぐる8ノ字ノット)

ショックリーダーの号数についてですが、私は最初4号を使っていたのですが、4号では細すぎると言われたことがあり、今は6~7号を使っています。 根ズレ対策であれば、4号でも充分だと思います。 大物とのやり取りも問題ありません。 太い物にしているのはサゴシの鋭い歯に対抗するためですが、7号でもスッパリ切られてしまうことがあります。 サゴシに糸を切られないためには、ルアーを早く巻いてリアフックに掛けることと、寄せるときに糸のテンションを緩めないようにして、糸に歯を触れさせないことが大切です。 サゴシの歯対策としては、ショックリーダーの太さは二の次です。 ショックリーダーが太いと魚に見切られそうな気もするのですが、4号と7号でアタリの数が変わったような気もしません。 総合すると、ショックリーダーの号数は、ある程度太ければアバウトで良いと思います。



 先糸のさらに先には、スナップ付きスイベルを結んでいます。

 上の画像のクロスロック ローリング付 50Lbは、とても強度があり、ヘビーに使っても破損しません。

 ただ、クロスロックなので、ルアーをセットするのに手間が掛かるというデメリットもあります。




 スナップスイベルを選ぶときは、強度の他に竿のガイドを通るかどうかも重要です。

 私が使っている竿で言えば、上のCrossLockは「CRAZEE SHOREJIG」のガイドは通りますが、「クロスビート762MLFS」のガイドは通りません。

 なので、「クロスビート762MLFS」には下の画像の、パワースピードスナップを使っています。

 パワースピードスナップはとても細く、ほとんどの竿のガイドを通ります。細さのわりに、強度も問題ありません。



 ショックリーダーとスイベルを結ぶときは、改造した漁師結び(魚と遊ぼ!海釣り道場様に飛びます)を使っています。簡単であっという間に結べ、頑丈な結び方です。

漁師結び

 改造した漁師結びとは、漁師結びで結んだ後にもう一回だけ8の字を作る結び方です。漁師結びだけでも十分だと思うのですが、一応このようにしています。




 スナップスイベルを使う一番の理由は、ルアーを簡単に取り換えられるからです。

 また、スイベルが糸のヨリを取ってくれるので、ライントラブルが減少するという利点もあります。

 さらに、糸とルアーの間に金属を入れることで、サゴシの歯対策になるのではないかとも思っています。ですが、スナップを入れても4号のフロロを切られたことがあるので、効果のほどは不明です。

 スナップを入れると釣果が落ちるかどうか、しばしば論争になります。私自身は釣果が落ちたと感じたことはありませんし、釣果が落ちるとしても、メリットの方が大きいので使うことにしています。