青物釣りの糸について




|青物釣りのラインシステムについて>

<青物釣りのタモについて|



カテゴリーのトップに戻る



青物釣りの糸について


 釣りに使われる糸の種類は、大きく分けて「ナイロン」「フロロカーボン」「PE」の3種類です。

ナイロンラインは、安くて扱いやすい、一番普及している糸です。伸びやすいため急激な引っ張りにも耐えることができます。一方で劣化しやすく、他の糸より引っ張り強度が劣ります。

フロロカーボンラインはナイロンラインよりも高いです。その分頑丈で、3つの糸の中で一番根ズレに強い糸です。ただ、硬くて扱いにくいというデメリットもあります。この糸はリールに巻くメインラインとして使われることは少なく、ショックリーダーとして多用されています。

PEラインはポリエチレンのより糸です。引っ張り強度に優れ、伸びがなく、値段が高いです。




 青物釣りではPEラインがよく使われています。

ファイヤーライン

 PEラインは、細くてもかなりの強度を持っています。糸は細ければ細いほど飛距離が出ます。

 なので、飛距離が出しやすく、かつ、青物の強い引きにも耐えられるPEラインがよく使用されています。

 青物は、ナイロンやフロロカーボンラインでも釣ることができます。もしこれらを使うなら、太さは3~4号を目安にすると良いでしょう。ですが、PEを使うに越したことはありません。

 PEラインはしなやかさと伸びがないため、ライントラブルに見舞われやすいという欠点もあります。

 絡まりやすくほどきにくいため、扱いにくいラインです。

 さらに、PEラインは滑りやすいので、生半可な結び方で他の糸や金具と結ぶと、簡単にすっぽ抜けてしまいます。

 また、根ズレに弱いというのも、PEラインの弱点です。岩に当たるとすぐに切れることがあります。

 もっとも、これらのデメリットはラインシステムによりほとんどなくすことができます。ラインシステムについては次のページで説明します。




 数あるPEラインの中でも、私のおすすめはスーパーファイヤーラインです。

 このラインの一番の特徴は張りの強さです。コシがあってヘタレないので、ライントラブルが起きにくく、初心者にも扱いやすいPEラインです。

 amazonでとても安く売られているのでおすすめです。

 私は150mの物を普段買いますが、スーパーファイヤーライン カラード 200mを買っておけばかなり長持ちします。




 太さについてですが、私は1.2号(20lb)を使っています。理由は、釣具屋でトライアルプライスとして1.2号のファイヤーラインが安く売られているからです。

 実際、1.2号のPEラインと後述のラインシステムでワラサなどの大きな魚にも切られたことはありません。

 私の感覚では、太さの目安として、イナダやサゴシ狙いの港湾部なら0.8~1号、根ズレしやすい磯や大物が釣れる場所なら1.2~1.5号が適しているような気がします。

 糸は細いほど飛距離が出るのですが、PEラインに慣れないうちは太めの1.2~1.5号を使うことをお勧めします。

 PEラインは慣れないとライントラブルが頻発し、糸が摩耗して切れやすくなります。ライントラブルが起きないようになってきたら糸を細くしていくといいと思います。

 リールにPEラインを巻くときは、まず下糸を巻いておきましょう。下糸は安物のナイロンラインで結構です。

 下糸を巻くのは、PEラインが滑るのを防ぐためという理由もありますが、一番の目的はスプールに空きができないようにすることです。

 下の画像のようにスプールに空きができてしまうと、ルアーを投げてリールから糸が出ていくときに、糸がスプールの上部とぶつかってしまいます。

スプールの空き

 そうなると糸に抵抗がかかり、ルアーの飛距離が落ちますし糸が痛みます。

 なのでスプールには糸をギリギリに巻いておき、できるだけスプールの上部と糸が擦れないようにしておきます。

 スプールに下糸を巻くときは、3000番のリールであればスプールの半分ぐらいまで下糸を巻くといいでしょう。

 下糸を巻いたら下糸の端っことPEラインを結び、PEラインをリールに巻いていきます。




 ちなみに、PEラインと他材質の糸を結ぶときに生半可な結び方では簡単にすっぽ抜けてしまいます。

 私はぐるぐる8の字ノット(ノーネームノット)でPEと他の糸を結んでいます。この結び方はそれほど難しくありませんし、強度はかなりのものです。

 ラインシステムについては、青物釣りのラインシステムについてのページで説明します。

 PEラインを巻いていくときは、極力糸よれをなくすため糸巻き器を使うことをお勧めします。

 先ほど述べた通り、PEラインの糸よれはトラブルの元です。糸巻き器を使うことで糸巻き器が糸よれを取ってくれます。

 私は、 ラインマーキー という糸巻き器を使っています。

 使い方は下の動画の通りです(音が出ます)。

ラインマーキーの使い方

 ただ、現在は スーパーラインマーキー という改良版が出ているのでそちらを買った方がいいと思います。





|青物釣りのラインシステムについて>

<青物釣りのタモについて|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る