タイトル画像




青物釣りのタックルバランスについて















タックルバランスの大切さ


陸から青物を釣るタックル(竿やリールなどの道具)を考える際、各個の頑丈さなども大事ですが、全体的なバランスをとることも大事です。 タックルバランス 頑丈なショアジギング用の竿には1000番や2000番のリールは小さすぎますし、PEラインやショックリーダーが細すぎると、ルアーを投げるときや魚とのやりとりの際に、竿が充分に曲がって衝撃を吸収する前に、ラインが切れてしまいます。 タックルバランス 細いラインを使っていても、竿をトラウト用のUL(ウルトラライト)クラスに変えると、竿が十分に曲がって衝撃を吸収してくれ、糸は簡単に切れなくなります。 タックルバランス しっかりドラグを効かせれば、トラウトタックルでも60cmを超すトラウトを釣り上げることができます(画像のトラウトは60cmもありませんが)。 以前、キス釣り用の細い仕掛けでイナダを釣っている現場を目撃したこともあります。 弱い仕掛け・道具に大物が掛かったとしても、タックルのバランスがしっかりしていて、タモ網などの準備もあれば、糸は切れずに魚を取り込むことができます。







タックルバランスの目安


タックルのバランスについて、おおよそどの番手の竿・リール・糸などを組み合わせれば良いのか、ということを書いていきます。 個々の道具については、 ・青物釣りの竿について青物釣りのリールについて青物釣りの糸について青物釣りのラインシステムについて などのページをご覧ください。 タックルの組み合わせを決める際に大事なことは、対象魚などもそうですが、それよりも体力・体格に合わせたタックルを選ぶことだと思います。 タックルバランス 子どもが頑丈で重いタックルを扱うと、ルアーを投げるだけで疲れ、すぐに集中力が切れてしまいます。 それよりは、番手を落とした軽いタックルを使い、ルアーを無理なく投げられるようにした方が、魚が釣れる可能性は高くなります。 何度か友人や知人を釣りに連れて行く中で、このぐらいの体格・体力であればこのぐらいのタックルが良いだろう、というのが分かってきたので、それについて書いていきます。 まず、私が使っているタックルです。 ・竿:10ft(3m)のショアジギングロッドMHクラス ・リール:3000番 ・糸:PEライン1.2号+ショックリーダー6号 ・ルアー:メタルジグ35g 私は標準的な成人ぐらいの体格・体力だと思っているのですが、色々試してみて上のタックルがしっくりきています。 休み休みではありますが、疲れずに問題なくメタルジグを投げ続けることができます。 タックルバランス PEライン1.2号というのは太めですが、私が使っているファイヤーラインは1.2号だけ安いので、1.2号を使っています。 不意に大物がきたときでも安心して取り込むことができるなど、細いものよりはメリットが多いと思います。 先程のタックルを基に、陸から40cm前後のイナダやサゴシなどを狙う場合の、ショアジギングタックルの一例です。 ・竿:10ft(3m)のM~MHクラス ・リール:3000番から4000番 ・糸:PEライン0.8~1.2号+ショックリーダー5~7号+スナップスイベル ・ルアー:メタルジグ25g~45g 竿の長さに関しては、陸から青物を釣るにはルアーを遠投できることが大事なため、できるだけ長いほうが良いです。 MHクラスは硬めですが、不意の大物が掛かっても良いように、また、磯などで強引にやり取りするにはこのぐらいの硬さが良いと思います。 堤防から釣るならMクラスでも良いでしょう。 リールは2000番だとパワー不足が心配ですし、5000番では重すぎます。 3000番ぐらいが適当だと思います。 タックルバランス ラインは1.0号ぐらいが標準的だと思います。 0.8号でも問題ありませんが、号数が小数になると途端にひ弱な感じを受け、自信を持って力いっぱいキャスト・やり取りできなくなるので、1号以上を使っています。 糸が太くて困るということは、あまりありません。 糸が太いとルアーの飛距離が落ちるというのがよく言われますが、私は1.2号のPEラインを使い周りで釣っている人よりも遠くに飛ばせます。 また、糸が太いと魚に見切られてしまうとも言われますが、細い糸を使っていたときと比べ、アタリの数はそれほど変わった気がしません。 以上の番手を基準に、体力に合わせてそれぞれの道具を選ぶと良いと思います。 子どもや体力に自信がない方の場合、もっと軽いタックルが良いでしょう。 例えば、 ・竿:8ft(2.4m)前後のMクラス ・リール:2000~3000番 ・糸:PEライン0.8~1.0号+ショックリーダー5~7号+スナップスイベル ・ルアー:メタルジグ20gぐらい という道具立てで、そこそこの距離投げることができます。 竿はもっと長くても良いかもしれません。 逆に、体力に自信があって遠投がしたい、大物を狙いたいという方は以下のようなタックルがおすすめです。 ・竿:10ft(3.0m)のH(ハード)クラス ・リール:4000番以上 ・糸:PEライン1.2号+ショックリーダー7号以上+スナップスイベル ・ルアー:メタルジグ60gまで 水深のある磯か、堤防の先端からメタルジグを大遠投するような釣りになりますが、よほどの大場所でないと持て余すと思います。