釣りに行く前の場所探し




|釣り座の決め方>

<ルアーのフックについて|



カテゴリーのトップに戻る



大まかな場所の検討


 誰も知らないポイントを見つけ、そこで大物を釣るのは至福です。

自分だけのポイントでワラサゲット

 ですが、まだ青物を釣ったことがないならば、釣り場開拓の前に青物釣りの有名ポイントに通い、青物の釣り方を覚えましょう。




 青物が釣れる有名ポイントを探すなら、近くの釣具屋を活用するといいでしょう。

 ほとんどの釣具屋では、店内にどこで釣れているかが掲示されているはずです。店員の方に聞けばより詳しく教えてもらえるかもしれません。

 インターネットを活用するのも有効な手段です。

 「自分の住んでいる地域+釣りたいターゲット」というワードで検索すれば何かしら情報が出てくるでしょう。

 また、釣具屋のブログを見ると今、どこで何が釣れているかが書かれています。

 新潟であれば、本間釣り具のブログや、上州屋の釣り情報などが参考になります。

 本間釣り具は店員の釣果情報がメインです。上州屋はお客が持ち込んだ釣果情報が載っています。




 ただ、釣れるポイントを知っている人はそれを秘密にしておきたいのが心情です。

 インターネットには良いポイントの地名などは載っていますが、具体的にそのポイントのどこで釣れるのかが載っていることは稀です。

 釣具屋のブログでさえも、大まかな場所は載っていても詳細な場所は載っていません。

 本当に良い場所は人と仲良くなって聞くか、足で探すしかないでしょう。

 インターネットと比べるとアナログですが、書籍も釣り場を探すのに有効です。

 私が参考にしている本は、新潟釣り場ガイドです。

 この本には、釣り場を空撮した写真がたくさん収められています。

空撮新潟釣り場ガイドの中身
空撮新潟釣り場ガイドの中身

 写真の上に、「釣れる魚」「駐車場」「トイレ」「潮の流れ」などが書いてあり、初めての釣り場に行くときもどこに車を止め、どこを釣り座にするかなど、事前に考えておくことができます。

 さらに、画像の通りこの本には沈み根の位置などがはっきりと載っています。沈み根の位置をあらかじめ把握できるので、そこに居着く魚を狙ったり根掛かりを回避したりと、戦略を立てるのにも役立ちます。




 私は、空撮の釣り場ガイドだけでなく、新潟の海釣り場ガイドという、絵と文章による釣り場ガイドも持っています。


空撮新潟釣り場ガイドの中身

 書かれている情報は「釣れる魚種」「駐車場」「トイレ」「コンビニ」「道の状況」などです。

 文章の方は、釣り場の概要から始まり、そこで釣れる魚や釣り方などがとても詳しく書いてあります。

 新潟で青物を釣りたいならば、新潟東港第二東防波堤「ハッピーフィッシング」がお勧めです。

 1日800円かかりますがサゴシがよく釣れます。

東港第二防波堤ハッピーフィッシング

 時期は早春と秋が狙い目ですが、一年中釣れることは釣れます。

 青物はできるだけ先端近くがいいので、朝早く行って場所取りをしましょう。

 中間ぐらいでも、数は落ちますが釣れます。

 休日はかなり混むので、できるだけ平日に行くことをお勧めします。




 青物釣りに慣れてきたら、ぜひ自分だけのポイントを探してみてください。釣りが一層楽しくなります。

 青物が釣れる場所の定番は、大きめの堤防や磯などのできるだけ海に張り出した場所の先端です。

 湾内でも青物が回遊してくることはありますが、先端にはかないません。

 自分だけのポイントを探すなら、googleマップで海岸線を見るというのも良いかもしれません。海に張り出している場所を見つけたら、実際に足を運んでみましょう。





|釣り座の決め方>

<ルアーのフックについて|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る