タイトル画像




釣りに行く前の場所探し













大まかな場所の検討


誰も知らないポイントを見つけ、そこで大物を釣るのは至福です。 自分だけのポイントでワラサゲット ですが、まだ青物を釣ったことがないならば、釣り場開拓の前に青物釣りの有名ポイントに通い、青物の釣り方を覚えましょう。 このページでは、青物が釣れるポイントの探し方について、釣りに行く前の情報収集の仕方を書いていきます。 ページの最後では、青物が釣れる場所を自分で見つけたいという方のため、青物が釣れやすい場所について書いています。 青物が釣れる有名ポイントを探すなら、まずは近くの釣具屋を活用するといいでしょう。 ほとんどの釣具屋では、店内に青物がどこで釣れているかが掲示されているはずです。 青物の最盛期には、メタルジグなどが並んだ青物釣りコーナーが開設され、釣り場の詳細や写真などが掲載されていると思います。 店員の方に聞けばより詳しく教えてもらえるかもしれません。



インターネットを活用するのも有効な手段です。 「自分の住んでいる地域+釣りたいターゲット」というワードで検索すれば何かしら情報が出てくるでしょう。 個人のブログもヒントになりますし、釣具屋のブログを見ると、今どこで何が釣れているかがタイムリーに書かれています。 ただ、釣れるポイントを知っている人は、それを秘密にしておきたいものだと思います。 ネットでは良いポイントの地名などは載っていることがありますが、詳細な場所まで載っていることは稀です。 釣具屋のブログでも、大まかな場所は載っていても詳細な場所は載っていません。 さらに、いくら探しても地名すら出てこないような「良い」場所もあります。 本当に良い場所は、人と仲良くなって聞くか足で探すしかないでしょう。 ネットで良さそうな場所を見つけたら、実際に現地まで行ってみると良いでしょう。 特に土日であれば、釣れるポイントには必ず釣り人がいるはずです。 ルアー、特にメタルジグを投げている釣り人は、すぐに目につきます(何度もルアーを投げなおしている・巻くスピードが早い・キビキビとしたアクションを付けている)。 そういった人がいる場所に目を付けたら、近くに邪魔にならないぐらいのスペースがあれば一緒に釣らせてもらったり、平日の人が少ないときなどにルアーを投げてみると良いでしょう。



インターネットと比べるとアナログですが、書籍も釣り場を探すのに有効です。 本屋に行くと、各地の釣り場ガイドが置いてあります。 イラストや空撮の写真などでポイントが紹介されていて、とても役立ちます。 駐車場やトイレの位置が載っているものを探すと良いでしょう。



青物釣りに慣れてきたら、ぜひ自分だけのポイントを探してみましょう。 釣りが一層楽しくなります。 現地に行く前の情報収集では、googleマップで海岸線を見るのが一番です。 青物がよく釣れる場所の定番は、大きめの堤防や磯など、できるだけ海に張り出した場所の先端です。 湾内でも青物が回遊してくることはありますが、先端の方が釣れる確率が高いです。 また、砂浜などの開けた海岸も回遊魚が回ってくることが多いです。 できるだけ水深があったほうがよく、近く(といってもすぐ近くではなく、数キロ離れているような場所)に大きな河川のあるような場所が狙い目です。 私の経験上、青物が釣れるポイントに共通しているのは、青物が自由に動けるスペースが多いことと、エサとなる小魚が多いことです。 湾奥や障害物の多い磯の奥では、青物、特に大物は見かけたことがありません。 堤防や磯の先端では上下左右に、砂浜などの海岸では左右に青物が動けるスペースが多く、青物が入り込みやすいのだろうと思っています。 また、小魚が多い場所はとても狙い目です。というよりも、小魚がいないような場所では青物が回ってこないと思います。 ネットや本で場所を探す時、対象魚としてイナダやサゴシの名前が載っていない場所でも、アジやイワシが釣れるならば青物が釣れる可能性があります。 同じフィッシュイーターである、シーバスやヒラメ・マゴチ・エソなどが釣れる場所も青物が回ってくる可能性が高いです。 できる場所は限られるかもしれませんが、エサとなる小魚がいるかどうかは、シュノーケリングなどで実際に潜って確かめてみるのも手だと思います。 海底の地形や根の場所なども分かります。