釣り座の決め方




|(青物)釣りのマナー>

<釣りに行く前の場所探し|



カテゴリーのトップに戻る



釣り座の決め方


 初めての釣り場では高所に立ちましょう。高い所から見渡せば色々な視覚情報が手に入ります。

高所からの眺め



 海面から岩が飛び出ていたり、黒っぽくなっている場所には岩などの障害物(根)があります。

根

 事前に根がある場所を把握しておけば、根掛かりを回避することができます。

 根周りは根掛かりのリスクがある一方、魚が付きやすかったり、魚の回遊ルートになっていることが多いです。

 なので、根の近くはぜひともルアーを通しておきたいポイントでもあります。

 高所から根の位置や形を見て、どのコースでルアーを通すか考えておくと良いでしょう。

 堤防にしても磯にしても、基本的に先端に近くて潮通しのいい場所が釣れます。他の釣り人と距離をとりつつ、できるだけ先端に近い場所を確保しましょう。




 潮通しの良さの他にも、釣りポイントを探す目安はいくつもあります。

 海中に青物の餌となる、イワシなどの小魚(ベイトフィッシュ)がたくさんいるようならば、その場所は期待できます。

ベイトフィッシュの群れ

 そんなときは、足元に大物がいるかもしれません。足元まで気を抜かずにルアーを巻き上げましょう。




 ルアーが届く場所に潮目があれば、そこも好ポイントです。

潮目

 潮目とは海流同士がぶつかっているところです。

 プランクトンなどがたまりやすく、魚が集まってきます。海面に帯のような模様があれば、そこが潮目です。

 沖の方に定置網の目印となるブイがあったり、漁船がある場所なども期待大です。

沖のブイ

 ここは魚が捕れると漁師の方が教えてくれているようなものだからです。




 ポイントの目印として、「ナブラ」があれば期待大です。

 下の動画はサゴシのナブラを撮影したものです。大画面にして、設定で画質をHDにしてご覧ください。

大規模なサゴシのナブラ

 ナブラとは、魚食魚が小魚を水面に追いつめ、水面が湧き立つようになっている状態のことです。

 「ボイル」や「沸き」とも言います。

 水面がざわついていれば、その場所で釣りをしない手立てはありません。すぐにルアーを投げましょう。

サゴシのナブラ

 ただ、シラスなどの小魚がベイトとなっているナブラでは中々釣れません。

 シラスはルアーの大きさに比べて小さいです。

 シラスを追うモードになっている魚食魚は、シラス以外の大きさのものに反応しにくくなります。

 そんな時はルアーのサイズを落としたり、サビキ仕掛けを使ったりすると良いでしょう。

 下の画像はシラスではありませんが、小さいベイトフィッシュです。

 この時はサゴシのナブラが頻繁に起きていましたが、28gのジグベイトには全くサゴシが掛かりませんでした。

小さいベイトフィッシュ



 釣り座を確保したら、釣りの開始です。

 釣りをしている間も周囲にアンテナを張りましょう。

 小魚がどこにいるか、周りで釣れている人がいないか、水面にナブラができていないかなど、収集すべき情報はたくさんあります。





|(青物)釣りのマナー>

<釣りに行く前の場所探し|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る