ダイソーのメスティンでご飯を炊く

アウトドア,道具

スポンサーリンク

ダイソーのメスティン


 

100円ショップのダイソーでメスティンが売られています。

さすがに100円ではなく500円でした。

 

 

調度ご飯一合が炊けるサイズです。

実際に炊いてみて、上手くいったらキャンプで使ってみようと思いました。

 

スポンサーリンク

メスティンでご飯を炊いてみる


 

ご飯一合を入れて研ぎ、ご飯と同量の水も入れます。

そのまま水に漬けるのですが、今回は漬ける時間が短かったりして、結果から言えば炊くのに失敗してしまいました。

 

米を水に漬けている間に蓋の上でクミンシードを炒めます。

炊いたご飯でカレーライスを食べようと思ったので、カレーに合うクミンライスを作ります。

 

ちなみに、カレーは下の画像のレトルトカレーを用意しました。

あまりカレーという感じがしないブーパッポンというカレーなのですが、レトルトカレーの中では一番好きな商品です。

 

クミンをご飯に混ぜます。

 

メスティンを火にかけます。

沸騰するまでは強火で、沸騰したら火力を最小にします。

 

沸騰して中から泡が見え、縁から水が出てきました。

中の蒸気に押されて蓋がカタカタいっています。

ここで圧力をかけるため、蓋に重しを乗せておけば良かったと思います。

 

沸騰が止まり、中からチリチリという音が聞こえてきました。

この段階で火からおろし、上下をひっくり返してタオルで包みます。

このまま15分置いておきます。

 

15分後、中を見ると炊けているように見えます。

ご飯を混ぜてクミンを散らばせます。

 

実食。

芯があって固い。

 

上手く炊けていませんでした。

 

スポンサーリンク

炊飯のリベンジ


 

反省点を踏まえ、もう一度ご飯を炊きます。

 

米をしっかり水に漬けておきます。

1時間漬けましたが、たぶん30分も漬ければ大丈夫でしょう。

 

今回はターメリッククミンライスにします。

米にターメリックを小さじ1/4ぐらい入れます。

前回と同じようにクミンを蓋で炒め、米に混ぜます。

 

強火にかけ、沸騰したら弱火にします。

このとき、蓋の上に重しを乗せておきます。

 

沸騰が止まって「チリチリ」と音がしたら火からおろし、布で包みます。

 

さあ、開けてみましょう。

黄色いご飯が出てきました。

混ぜてクミンを全体に散らばせます。

 

皿に乗せてカレーをかけます。

今回は程良い固さに炊けました。

 

上手く炊けるようになったので、キャンプでも使ってみたいと思います。

スポンサーリンク