シュノーケリングを始めよう!!

2019年8月18日海中遊泳,道具

~シュノーケリングの始め方~

 

シュノーケリングとは


 

最近猛暑が続いています。

こんな時は海でひと泳ぎしたくなります。

 

海水浴にはいろいろな楽しみ方があります。

浮き輪に乗ってプカプカ浮いているだけでも楽しいですし、

沖まで泳いだり、海の生き物を探したりするのもワクワクします。

 

海水浴の楽しみ方の一つに、シュノーケリングがあります。

シュノーケリングというのは、シュノーケルという道具を着けて泳いだりすることです。

シュノーケル セット『100%ドライスノーケル』付!シュノーケリング セット 2点HeleiWaho スノーケリング セット【ohana+-kokua】|スノーケル ドライシュノーケル シリコン マスク ゴーグル マリンスポーツ ドライ スキンダイビング 素潜り

 

シュノーケルと言うのは、水中で呼吸するための筒のような物のことを指します。

筒のマウスピースのような部分を口にくわえ、

先端部分を海面上に出すことで、

海中を見ながらでも呼吸ができるようになります。

 

下の画像のように、基本的にシュノーケルには水中マスクをセットして使います

ホームセンターなどでも、シュノーケルの筒が単体で売られていることはあまりなく、

水中マスクとセットになった物が売られています。

 

このセットを指してシュノーケルと呼ぶこともあります。

このページでも、マスクとセットでシュノーケルと呼ぶことにします。

 

足ヒレについて


 

さて、シュノーケルを着けて泳いだりするだけでも海水浴は楽しくなるのですが、

そこに足ヒレが加わると、一気に楽しさが増します。

足ヒレというのは、読んで字のごとく、足に着けるゴムやシリコン製のヒレです。

 

足ヒレにはフルフットタイプのものと、

AQA シュノーケル フィン 【ドルフィンカラー】 日本製 フルフットフィン KF-2118G KF2118G 子供から大人まで 幅広いサイズ展開 スノーケリング シュノーケリング フィンスイミング 水泳 ラバーフィン 足ヒレ

ストラップタイプの物があります。

リーフツアラー(REEF TOURER) シュノーケリング シュノーケル フィン ストラップフィン 足ひれ 最軽量 コンパクト RF0106[cb]

フルフットの方が足に密着して泳ぎやすく、外れる心配もないのですが、

かかとの部分が擦れて傷むことがあります。

 

どちらのタイプにしても、ダイビングソックスを履いてから装着した方が良いです。

フィンソックス ダイビングソックス ウェット素材 滑り止め 3mm厚 マリンソックス サーフィン シュノーケル ビーチ 水泳 【並行輸入品】 ◇SLINX-1702【定形外郵便】

ちなみに、フィン・マスク・スノーケルが3点セットになっているものもあります。

シュノーケル マスク フィン 3点セットReef Tourer リーフツアラー RP0103 スノーケリング3点セット ブラック(RM11Q RSP160Q RF0103)【02P04Jul19】

足ヒレを着けて泳ぐとなると、泳ぐのが苦手な方は躊躇してしまうかもしれません。

ところが、これは泳ぐのが苦手な方にこそピッタリな道具です。

 

これを着けると、水中で早く泳げるようになりますし、

何より、水面に浮くことができるようになります。

水面で何もしないでいると、プカーと体が浮きます。

沖に出て足が付かなくなっても、安心して泳ぎ回ることができます。

 

足ヒレとシュノーケルを組み合わせると、

綺麗な海中を見ながら泳ぎ続けることができます。

非常に爽快で、納涼にピッタリです。

 

シュノーケルと足ヒレを装着しよう!!


 

シュノーケルと足ヒレを用意したら、実際に装着してみましょう。

 

シュノーケルを着けるときのコツですが、

水中マスクを着けるときは、マスクと顔の間に髪の毛が挟まらないようにしましょう。

髪の毛が挟まっていると、そこから水が入ってきます。

 

シュノーケルをくわえるときは、

マウスピースの部分をしっかり歯で噛むようにします。

 

水中マスクを顔に付けたら、水中マスクを顔に押し付けると、

空気が抜けてマスクが顔に密着します。

 

次に足ヒレの装着ですが、足ヒレを着けるととても歩きにくくなるので、

海に入ってから着けたほうが良いです。

足ヒレの中に砂が入ると、泳いでいるときに痛くなるので、

できるだけ砂が入らないように装着しましょう。

 

シュノーケルと足ヒレを装着したら、

海の中に顔を付け、シュノーケルで呼吸ができるか確認します。

 

マスクの中に水が入ってくるかもしれませんが、少しなら問題ありません。

もし大量に入ってきたり、どんどん水が入ってくるようなら、マスクをつけ直しましょう。

マスクと顔の間に髪の毛が入り込んでいるかもしれません。

 

シュノーケルと足ヒレで泳いでみよう!!


 

シュノーケルで問題なく呼吸ができるようなら、いよいよ泳いでみましょう。

海に対してうつぶせになり、手で海底を押して泳ぎだします。

 

足ヒレで泳ぐときは、基本はバタ足です。

ヒレの抵抗が大きいので、足はあまり上下に動かせません。

海面をバシャバシャ叩きながら進んでいきます。

 

足ヒレを付けていると体が浮きます。

体の力を抜いて進みましょう。

最初は怖いかもしれませんが、すぐに慣れてきます。

意識して呼吸をゆっくりしてみましょう。

 

早く進みたい時は、平泳ぎがおすすめです。

足を曲げてヒレ全体を水中に沈め、足を延ばして一気に水を後ろに押し出します。

水を掻く量が増えるので、かなり早く進めます。

 

波が来たときなど、シュノーケルに水が入り込むことがあります。

そんなときは慌てず騒がず、フッ!!と口から強く息を吹き出し

水を外に出します。

 

慣れると自由に泳ぐことができ、海中遊泳がとても楽しくなってきます。

慣れてきたら、足のつかない沖のほうへ行ってみましょう。

魚が多くなり、大物に出会う確率も上がります。

 

特に、岩の周りは魚が寄り付きやすいスポットです。

魚以外の生き物も見つかりやすいです。

 

沖に出た時は、体調管理に注意しましょう。

のどの渇きや体温低下が起こりやすいです。

特に足をつりそうなときは要注意で、そんなときは早めに陸に戻り、

一旦休んでからまた泳いだ方が良いです。

 

 

シュノーケリングをすると海水浴が十倍楽しくなります。

また、普段釣りをする場所の地形を調べることなどもできます。

興味が湧いたらぜひ挑戦してみてください。