WordPressでページ作り

2019年7月14日サイト全般

~WordPressでページ作り~

 


スポンサーリンク

htmlとワードプレス


 

青物を釣ろう!!~無鏡庵~は、htmlの手打ちで作成しました。

それに対し、アウトドア・ライフ!!は、WordPressを利用して作成しています。

手打ちと比べた、WordPressの使用感を書いてみようと思います。

 


スポンサーリンク

WordPressの使いやすさ


 

単刀直入に言えば、手打ちと比べ、WordPressは非常にページ作りがしやすいです。

最初にサーバーでWordPressの設定などをしなければいけませんが、

それさえ終われば後は簡単です。

 

いくつかあるテーマから、自分が使いたいものを選択し、

後は記事を書いて投稿するだけです。

テーマもある程度カスタマイズすることができるので、自由度も高いです。

 

また、インターネットにつながる環境であれば、

どこでも編集作業ができるというのもメリットです。

 


スポンサーリンク

htmlの手打ちのメリットとデメリット


 

一方、htmlの手打ちでサイトやページを作成する場合ですが、

このページ内を右クリックし、「ページのソースを表示」をクリックしてみてください。

そうすると、<html lang="ja“>などと意味不明な羅列が出てくると思います。

手打ちの場合は自分でこれらを入力していかなければなりません。

 

記事を書く以前にかなりの作業量が必要で、肝心の文章に力を入れられません。

さらに、htmlだけではデザインの良いサイトは作れず、

cssやjavascriptも勉強しなければいけません。

cssを色々いじくり回し、数々のエラーを乗り越え、ようやく整ったサイトが作成できます。

 

青物を釣ろう!!~無鏡庵~の作成にはかなりの時間を費やしました。

 

ただ、手打ちでサイトを作るのは無駄なのかといえば、そうでもありません。

手打ちで苦労してサイトを形にしたときの達成感は、WordPressでは味わえないものです。

 

また、htmlなどを学ぶことで、

インターネットやブラウザーの仕組みをより深く知ることができましたし、

サイトデザインにも詳しくなりました。

WordPressでサイトを作るうえでも、htmlの手打ちでサイトを作った経験が、

非常に役立っています。

 


スポンサーリンク

結局


 

結論としては、サイトを作成するならば手打ちよりもWordPressを使って作る方が良いと思います。

色々な面で非常に楽です。

 

もしも時間がたくさんあり、

ページの仕組みなどを理解したいと思うならば、

手打ちでのホームページ作成に挑戦してみるのも良いと思います。

試行錯誤してページを作るのは、とても良い経験になります。

スポンサーリンク