ルアーのフックについて




|釣りに行く前の場所探し>

<ルアーのカラーついて|



カテゴリーのトップに戻る



目次






メタルジグとフック


 ルアーと聞くと、下の画像のようなミノータイプのルアーを思い浮かべる方が多いでしょう。

 大半のミノーはフックが2つ取り付けられるようになっています。

一般的なルアー

 2つのフックの内、頭側のフックをフロントフック、尻尾側のフックをリアフックと呼びます。

 一方でメタルジグは、リアフックのみ取り付けられるような形状をしています。

メタルジグ

 だからと言って、メタルジグはリアフックのみで釣りをするかというと、そうでもありません。

 根付け糸の先にフックを付けた、アシストフックというフックをフロントアイに取り付けて使用することがあります。

アシストフックの取り付け方

 メタルジグはリアフックのみで使う場合もあれば、アシストフックのみで使うこともありますし、両方付けて使うこともあります。

 アシストフックのメリットデメリットを把握したうえで、どのようなセッティングにするか決めると良いでしょう。

 私は両方付けて釣りをしています。




 青物は獲物の頭をめがけて食らいつく習性があるそうです。なので、アシストフックを付けることでフッキングする確率が高まります。

 実際、釣りをしているとアシストフックに魚が掛かることがよくあります。

 また、ルアーを丸呑みするような大物が掛かった時は、リアフックとアシストフックが刺さって逃しにくくなるというメリットもあります。

ワラサの口に掛かったフック



 一方、アシストフックにサゴシなどの歯が鋭い魚が掛かると、根付け糸が切られてバレることもあります。

サゴシの歯

 なので、サゴシが釣れるような状況では、できるだけルアーを高速で巻いてリアフックに魚を掛けるようにします。掛かった後も糸を緩めないように気を付けます。

 また、単純にルアーのフックが増えると根掛かりする可能性が高まります。

 これらのメリットデメリットを踏まえ、アシストフックを付けるかどうか決めると良いでしょう。





アシストフックについて


 アシストフックの取り付け方は、以下の画像の通りです。

アシストフックの取り付け方
アシストフックの取り付け方
アシストフックの取り付け方
アシストフックの取り付け方

 もっとも、私はアシストフックをルアーのアイに付けず、スナップスイベルに付けています。

アシストフックをスナップに付ける
アシストフックをスナップに付ける

 そうすると、ルアー交換のたびにアシストフックを外す必要がないので楽です。

 アシストフックを選ぶときは、ルアーの幅とフックの幅が同じくらいにならないようにしましょう。ルアーがフックに挟まってしまうからです。

 アシストフックの長さは、目安として、ジグの三分の一から半分ぐらいになるようにします。

アシストフックの長さ



 私が愛用しているアシストフックは、オーナーの マイクロジグフロント のLargeです。

 このフックは根付けが太く、シンプルで、なにより安価なことが気に入っている理由です。

 イナダを釣るにはMediumサイズが丁度よいと思いますが、たまに大物が掛かるので、Largeを使っています。

 アシストフックは買うだけでなく、自作することもできます。詳しくはアシストフックの自作のページをご覧ください。




 アシストフックには、キラキラしたティンセルやサバ皮などが付いている物もあります。

アピールフック

 ルアーにさらなるアピールがほしいときなどは、こういったアシストフックを選択すると良いでしょう。

 魚がアシストフック目掛けて喰ってくることが多くなり、フッキング確率が大きくなるというメリットもあります。

 ただ、余計な物を付けると水の抵抗が増し、ルアーの泳ぎを阻害することもあります。




 最近のジグは、アシストフックが付属していることが多いようです。例えば、 ムーチョ・ルチアジグパラサムライジグ などのジグには、アシストフックが付属しており、そのまま使うことができます。

ムーチョルチアとアシストフック




ルアーのリアフックとサイズについて


 メタルジグのリアフックは、買ったルアーに付いているフックをそのまま使えばいいと思います。

 ただ、私はダイソージグの初期設定のページにも書きましたが、シングルフックに交換して使っています。

 シングルフックを下の写真のように、逆向きに2つセットしています。

 フッキングの確率はトレブルの時と変わらないように思います。

シングルフックのセッティング



 シングルフックを使うメリットは、根掛かりする頻度が減ることです。トレブルを使っていた時より根掛かりが減りました。

 それでも根掛かりするときはするので、根掛かりしやすい場所ではシングルフック一本を上向きにセットしています。

 また、値段の安さもポイントです。

 私がよく使うシングルフックは、 プラッキンシングル です。

 安くて錆びにくく、量も多く入っています。コストパフォーマンスがとても良いです。

 フックの交換方法を説明します。

 交換の際に必要なものは、スプリットリングフックです。

 また、スプリットリングオープナーがあると便利です。これらを釣具屋でそろえておきましょう。

 スプリットリングオープナーとは、下の画像のような物です。私は、SMITH LTDスプリットリングピンセットを使っています。

 ゴールドカラーの物もあります。

 下の画像のように使います。

スプリットリングの開き方

 爪やオープナーでリング間に隙間を空け、その中にルアーやフックに付いている環を通していきます。




 スプリットリングは、#3のサイズでほとんどのターゲットに対応できます。私は スミス スプリットリングハイパーワイヤー を使っています。

 少し値段が張りますが、 ハイパーワイヤー はかなり頑丈です。




  プラッキンシングル を基準としたフックサイズの選び方についてですが、私はフックを交換する場合、サイズ2のフックを基準に、小物ならサイズ4、大物なら1や1/0と使い分けています。

 魚の口とフックサイズを比べてみましょう。


48cmのサゴシの口とフックサイズ
フックは上からサイズ2,4
サゴシの口とフックサイズ
42cmのイナダの口とフックサイズ
フックは上からサイズ4,2,1
イナダの口とフックサイズ
73cmのワラサの口とフックサイズ
口の上に乗っているフックは1/0、左のフックは上からサイズ2,4 ワラサの口とフックサイズ

 サゴシ・イナダを釣るならサイズ2か1で良さそうです。私はサイズ2を使っています。

 ワラサを釣るならもっと大きいものでないと厳しいです。

 1/0のサイズでも小さく感じます。2/0ぐらいにしてもいいでしょう。

 なお、ワラサ狙いでフックを1/0にすると、イナダサイズの掛かりは悪くなります。

 余談ですが、ヒラメはサイズ4ぐらいのフックが良さそうです。

40cmのヒラメの口とフックサイズ
フックサイズは上から4,2,1
ヒラメとフックサイズ




|釣りに行く前の場所探し>

<ルアーのカラーついて|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る