概要




カヤックの車載方法について説明します。 車のキャリアーへの持ち上げ方や、ラッシングベルトを使った固定方法について解説しています。










カヤックを車に持ち上げる




できるだけ広い場所で


カヤックを車の横に持ってきたら、カヤックを車の上に持ちあげましょう。 カヤックは重くて大きいので、できるだけ広い場所で車載するのが良いです。 車の上にカヤックを乗せるときも、落ち着いて一つ一つの動作を行うことがポイントです。

キャリアバーにクッション装着


まず下準備として、キャリアバーにクッションを巻いておきます。 カヤックを車載する方法 カヤックを車載する方法 下の画像が、バーにクッションを巻いた状態です。 カヤックを車載する方法

便利グッズのクッションバー


画像の右に見えるものは便利グッズのクッションバーです。 バーの中に入るサイズの角材に、クッションを巻いています。 カヤックを車載する方法 カヤックを車載する方法 カヤックを車載する方法 クッションは電源コード用のケーブルタイで固定しています。 カヤックを車載する方法 カヤックを車載する方法 これをバーに差し込んでおくと、カヤックを立てかけて楽に車載することができます。いわゆる便利グッズです。

カヤックを持ち上げる前に


カヤックを持ち上げる前に、カヤックのねじ類が緩んでいないかも確認しましょう。 走行中、ねじが落ちて車のガラスに当たると、ガラスにヒビが入ります。 自分の車ならまだしも、後続車のガラスを割ったら目も当てられません。

カヤックを車の横へ


諸々の準備ができたら、カヤックを車の横に置きます。 カヤックの上側(人間が座る側)が車に向くように置きます。 このとき、カヤックの先端と後端が、車の先端と後端のどちらにきても問題ありません。

カヤックの持ち上げ方


ここが一番力の要るところですが、カヤックの片端を持ち上げ、便利グッズのクッションバーに立てかけます。 カヤックを車載する方法 次に、カヤックの地面についている側を持ち上げ、キャリアバーにカヤック全体を乗せていきます。 カヤックを車載する方法 クッションバーがあれば、てこの原理により、カヤックを持ち上げるのにそれほど力は要りません。 カヤックを車載する方法 カヤックが乗ったら、車の前後左右から見て、カヤックがバーの真ん中に乗っているかを確認します。 カヤックを車載する方法













カヤックを車上に固定する




カヤックをベルトで固定


カヤックの位置を決めたら、下の画像のように、ラッシングベルトとロープでカヤックを固定します。 カヤックを車載する方法 ラッシングベルトが固定のメインで、ロープは補助的な役割です。 ベルトとロープ、固定する順番はどちらからでも良いと思います。

ラッシングベルトを締める


今回はラッシングベルトから締めていきましょう。 ラッシングベルトについては、次の項で詳しく説明します。 カヤックを車載する方法 ラッシングベルトは、荷締め器が付いている方と付いていない方に分かれています。

ベルトをカヤックに巻き付ける


まずは、荷締め機が付いていない方のベルトを、キャリアーに巻きつけます。 カヤックを車載する方法 バーの下にベルトを通し、フックに2~3回ベルトを巻きつけています。 カヤックを車載する方法 画像ではベルトが捻じれていました。捻じれは直しておきましょう。 ベルトの端は向こう側に投げておきます。 反対側に周り、荷締め機の付いている方もフックにベルトを巻きつけます。 カヤックを車載する方法

荷締め機の位置に注意


ここで、荷締め機の金属部分の位置に注意が必要です。 ベルト締めた時に、金属部分が、カヤックの角に当たらないようにしなければいけません。 カヤックを車載する方法 金属部分が角に当たったまま締め付けると、カヤックが破損する原因になります。 そのためには、フックの部分に何度かベルトを巻き付け、長さを調整しておきます。 カヤックを車載する方法 荷締め機とカヤックが当たる部分には、クッションを入れておきましょう。 カヤックを車載する方法

ベルトを締める


このままベルトを締めていきます。 カヤックを車載する方法 締め方は次の項で説明します。 ベルトは締めすぎないようにしてください。 ベルトを少し締めたら、ベルトを手で触って確認し、少し余裕があるぐらいまで締めましょう。

固定の確認


締め終わったら、カヤックを下から手で揺すってみましょう。 カヤックと車が一緒にグラグラと動くようであれば、固定は充分です。

前後をロープでつなぐ


次は、カヤックと車の前後をロープでつなぎます。 下の画像の玉掛け用ロープを、カヤックのスカッパーホールに通します。 カヤックを車載する方法 カヤックを車載する方法 そこにロープのフックを引っ掛け、ロープの逆端に付いているフックを車の下に引っ掛けます。 カヤックを車載する方法 ロープに体重を掛けて締めていきましょう。 運転席から見るとこのようになります。 カヤックを車載する方法

余りの処理


最後に、もう一度ラッシングベルトと前後のロープに緩みがないか確認しましょう。 問題なければ、ベルトとロープの余りを処理します。 ベルトの余りは、ベルトとカヤックの間にでも挟んでおきましょう。 カヤックを車載する方法 ロープの端は玉にして、ヒラヒラしないようにしておきます。 カヤックを車載する方法

運転時の注意


これで車載の完成です。 運転の際は、速度と急カーブに気を付けてください。 駐車の度にカヤックを揺すってみて、ベルトやロープに緩みがないか確認しながら運転してください。













関連ページと広告











スポンサーリンク