概要




カヤックで沖に出る際は、必ずフラッグ(旗)を立てなければいけません。 カヤックへのフラッグの立て方を紹介します。










カヤックとフラッグ




フラッグは必須


カヤックで沖に出る際、カヤックにはフラッグ(旗)を立てておかなければいけません。 カヤックへのフラッグの立て方 フラッグを立てる最大の理由は、他船との衝突を避けるためです。

他船からの視認性を良くする


大海原に浮ぶカヤックの船体は、他の漁船などからはかなり視認しにくいものです。 カヤックへのフラッグの立て方 スピードの遅いカヤックが、速く移動する漁船などとの接触を避けるための最大の対策は、とにかく他船から目につくようにしておくことです。 カヤックと漁船がぶつかりそうになったとき、手漕ぎのカヤックでは漁船を避けるのは難しいでしょう。 他船からとにかく早めに発見してもらい、カヤックに近寄らないようにしてもらう必要があります。 もちろんこの話は、漁船や遊覧船などが操業する場所に近寄らないようにした上で、というのが大前提です。













フラッグの作り方




自作のフラッグ


フラッグは既製品もありますが、私は自分の気に入った色の布を使い、旗を自作しています。

フラッグの作り方


私は下の画像のようなフラッグを使っています。 カヤックへのフラッグの立て方 ダイソーで売っている竹の釣り竿に、適当な布を留めて作りました。

ケーブルタイで布を留める


布を留めるにはケーブルタイを使っています。 カヤックへのフラッグの立て方 布に小さい穴を空けてケーブルタイを通し、竿に固定します。 ケーブルタイを使えば布を縫ったりする必要がありませんし、頑丈に留めることができます。













フラッグの立て方




私流のフラッグの立て方


フラッグをカヤックに立てる方法も色々あります。 私流のカヤックへの立て方を紹介します。

クッションシートを竿に巻く


竿の下部にはクッションシートを、これまたケーブルタイで巻き留めます。 カヤックへのフラッグの立て方 このクッション材はホームセンターなどに売っています。 クッションを巻くことで、カヤックのスカッパーホールにフラッグを挿すことができます。 カヤックへのフラッグの立て方

リーシュコードを竿に巻く


実際にカヤックに乗るとき、これだけではフラッグがグラついてしまいます。 リーシュコードを下の画像のように一巻きして安定させています。 カヤックへのフラッグの立て方

他の立て方


他には、クーラーボックスにくっつけて立てたり、カヤックのロッドホルダーに立てている人もいます。













関連ページと広告











スポンサーリンク