タイトル画像




カヤックに乗って釣り場探し













カヤックに乗って釣り場探し


カヤックで出発したら、ゆったり漕ぎながら、釣りをする場所へ向かいましょう。 カヤックに乗って釣り場探し カヤックフィッシングに出る前のポイント探しのページなどを参考に、沖に出る前に、陸から釣り場の見当を付けておくと良いでしょう。 カヤックに乗って釣り場探し 沖の岩周りなどは一見良さそうです。 カヤックに乗って釣り場探し カヤックに乗って釣り場探し ですが、実際に行ってみると、カヤックが岩にぶつからないように操作しながら釣りをしなければいけなかったり、根掛かりに気を付けなければいけなかったりと、結構釣りにくいものです。 陸から見える岩場で釣りをするのは、水深などの面から見ても、陸から釣りをするのとあまり変わりません。 せっかくカヤックに乗るからには、できるだけ沖に行くのが良いでしょう(もちろんカヤックに慣れてからですが)。 魚探で海底地形を見ながら進んでみましょう。 魚探については、カヤックフィッシングと魚群探知機のページなどに書いています。 魚探が無い場合については後述します。 私がよく行く場所では、水深15m以浅では岩礁が多く急深になっています。 カヤックに乗って釣り場探し 漁礁のようなものもあるので、根魚など色々な魚が釣れそうですが、釣り方がジギング一辺倒なので根掛かりが多く、私はもっと沖に出ることが多いです。 カヤックを漕ぎ進めると、水深が15mを超えたあたりから、海底が平坦な砂地になります。 カヤックに乗って釣り場探し ちなみに、砂地だと分かるのは水中カメラを沈めたことがあるからです。 カヤックに乗って釣り場探し カヤックに乗って釣り場探し 水深10m台後半のあたりからは、進んでもあまり水深が変わらなくなると同時に、魚の数と種類が増えてきます。 このあたりはサバやサゴシ・イナダなどの青物が頻繁にナブラを起こします。 カヤックに乗って釣り場探し カヤックに乗って釣り場探し タイラバやジグの落とし込みで根魚や真鯛も釣れることがあります。 カヤックに乗って釣り場探し カヤックに乗って釣り場探し 釣り場にもよりますが、初めての釣り場では魚探で海底地形を見ながら沖へ向かい、海底地形が変わるようなところで釣りを始めてみると良いかもしれません。 ある程度沖に出たら、あてずっぽうで釣りをしても良いですが、魚探の画面とにらめっこしながら良さそうな場所を探してみましょう。 私の経験では、下の画像のような反応が出ていると、フィッシュイーターのヒット率が高いです。 カヤックに乗って釣り場探し カヤックに乗って釣り場探し カヤックに乗って釣り場探し 海底から数m上に、帯のような反応が見えます。 たぶん小魚の群れが広がっているのだと思うのですが、確かなことは分かりません。 このような反応が出ているときにルアーを落とすと、いきなり大型魚?の反応が現れたりします。 カヤックに乗って釣り場探し 魚探に何か反応が見えたら、とりあえずルアーを落としてみましょう。 魚探が無い場合のポイントの見つけ方ですが、まず確実に魚がいると言えるのは、ナブラが起きている場所です。 カヤックに乗って釣り場探し ナブラは沸きとも言い、フィッシュイーターが小魚を追って水面がざわついているような状態になっていることです。 魚によってナブラは違います。 サゴシのナブラは騒々しく、広範囲に渡ってサゴシがジャンプしたりします。 カヤックに乗って釣り場探し イナダやサバのナブラは大人しめで、海面がざわついたりバシャバシャと白波が立ったりします。 サバのナブラはとにかく釣りにくく、ルアーを投げると消えてしまうことが多いです。 ナブラは波と見分けがつきにくく、ナブラそのものを目で探すのは結構大変です。 そこで、ナブラを探すときはまず鳥を探しましょう。 カヤックに乗って釣り場探し 鳥が一定の場所に浮んだり、旋回しながら飛び回っているような場所は、そこにナブラがある可能性が高いです。 鳥が見えない場合には音に注目しましょう。 ナブラが立っているときは、バシャン...バシャン...バシャン...バシャン...というように、規則的な音がします。 ナブラを釣る時はルアーをナブラの中に通すのではなく、ナブラの横に通すようにしましょう。 とはいえ、カヤックからは狙いがつけにくいので、とりあえずナブラの近くに落とせれば良しとしましょう。 ナブラが見当たらない場合、次に可能性があるのは潮目がある場所や、泡・海藻などが浮いている場所だと思います。 カヤックに乗って釣り場探し カヤックに乗って釣り場探し 潮目は海面の色が変わっているので、あればすぐに分かります。 近づくと海面の色が薄く、盛り上がっているような感じがします。 潮目は潮流と潮流がぶつかってできるので、泡や海藻の切れ端などが浮いているのも特徴です。 泡といえば、上の画像のような泡ではなく、数個単位でプカプカと浮いているような、もしくは海中から泡が出てきているような場所の下も狙い目です。