タイトル画像




シットオントップカヤックについて













シットオントップカヤックとは


カヤックにはいくつかの種類があります。 私が使っているのは「シットオントップカヤック」という種類のカヤックです。 シットオン(~に座る)トップ(カヤックの上)という名の通り、カヤックの上に腰掛けるタイプのカヤックです。 シットオントップカヤック カヤックの内部が密閉された空洞になっており、それで浮力を得ることができます。 シットオントップカヤック シットオントップカヤック イメージとしては、プラスチックの密閉容器が水の上に浮いていて、その上に座るような感じです。 それに対し、カヤックの中がくり抜かれた形になっていて、その中に人間がすっぽり入るタイプのカヤックを「シットインカヤック」と言います。 構造上、上部から水が入ると沈んでしまいますが、内部の一部分が密閉された気室になっているものもあり、そういったタイプはひっくり返っても容易に沈まないようです。 カヤックの中に人間が入るタイプのため、重心が低くなり、シットオントップより安定しているという特徴があります。 本やネットで調べても、自分の周りで見た中でも、カヤックフィッシングに用いられるのはシットオントップカヤックのほうが多いです。 なぜカヤックフィッシングではシットオントップカヤックの方が多いのか、その理由は定かではありませんが、いくつか推測ができます。 レジャーとしてのカヤックフィッシングは、基本的に穏やかな内湾で、波が低く天候の良い日に行うことが多いと思います。 シットオントップカヤック そういった海域では、シットオントップぐらいの安定性があれば充分で、より簡単に扱えるシットオントップの方に軍配が上がるのだと思います。 実際、今までシットオントップに乗ってきて、カヤックから振り落とされそうになったことは一度もありません。 また、シットオントップカヤックは、カヤックの前後に荷物を置けたり、内部の気室も収納スペースとして使えるため、荷物が多くなりがちなカヤックフィッシングに向いているというのも大きな理由だと思います。 シットオントップカヤック 魚群探知機を載せる際も、邪魔になるバッテリーなどを気室内に収納できますし、本体も取り付けやすいです。 シットオントップカヤック シットオントップカヤック カヤック上部で色々な作業がしやすいことや、体を自由に動かせるというのもシットオントップの利点です。 シットオントップカヤック ここまでシットオントップカヤックがカヤックフィッシングに向いているということを書いてきましたが、もちろん、シットインカヤックでカヤックフィッシングができないという訳ではありません。 実際にシットインカヤックで釣りをしている人を見たことがあります。 シットインタイプは安定性が強みなので、かなり沖に出て釣りをする場合や、遠征する場合などはシットインタイプの方が良いでしょう。 どのタイプのカヤックにするかを選ぶ際、カヤックの用途がカヤックフィッシングだけであれば、シットオントップカヤックが良いと思います。 カヤックで離島を目指したり、長い距離を漕ぐことも楽しみたいというのであれば、シットインタイプの方が良いでしょう。