タイトル画像




カヤックフィッシングとは















カヤックフィッシングについて


沖に浮かぶ岩礁の数々。 沖 こういった場所を自由に狙うことができるというのは、釣り人にとって一つの夢ではないでしょうか。 カヤックフィッシングではそれができてしまいます。 沖 沖 このページでは、周りに釣り人がいない中で好きなポイントを自由自在に狙うことができ、ナブラもいくらでも独り占めできる、そんな釣り人の夢が詰まったカヤックフィッシングについて紹介していきます。 沖 カヤックフィッシングとは、その名の通り、カヤックに乗って釣りをすることです。 カヤックに乗ることで陸からは届かない場所で釣りをすることができます。 他の釣り人がいない所で伸び伸びと釣りができますし、沖の岩礁でも潮目でも、狙いたいポイントを文字通り自由に、好きな釣り方で狙うことができます。 少し沖に出るだけで、陸ではあまり釣れないような魚種・大きな魚が簡単に釣れます。 結構な頻度でナブラを独り占めすることもできます。

そんな楽しいカヤックフィッシングですが、沖に出るということはとりもなおさず、常に危険と隣り合わせということでもあります。 一歩間違えれば命に関わるので、準備を怠らず、海の上では安全に気を付けなければいけません。 また、カヤックは大きく重いので、保管と運搬も大変です。 充分な広さの保管スペースと、運搬手段がなければカヤックを購入することができませんし、運ぶのに体力も必要です。 カヤック本体や装備品の購入などで、結構お金もかかります。 まとめると、カヤックフィッシングは、陸から釣るよりも様々な種類の大きい魚を釣ることができ、自由に釣りができる反面、命の危険もあり、準備と実行に時間と体力とお金が必要な活動だということになります。







私とカヤックフィッシング


では次に、私とカヤックフィッシングとの関わりについて書こうと思います。 私がカヤックフィッシングを始めたのは、自由に釣りがしたいという動機からでした。 仕事の関係で休日にしか釣りにいけないものの、休日ともなれば有名釣り場は釣り人であふれています。 そのような場所で釣りをするには朝の早い時間から並ばなければいけません。 せっかく並んだとしても隣の人との間隔が近く、オマツリ(糸が絡むこと)してしまったりとのびのび釣りができません。 人がいない所を探しても、大体の場所には人が入っており、自分だけの釣り場を見つけるにも限界がありました。 休日にしか釣りができないが、休日はどこも人で一杯。 そんな状況で、人がいない環境で釣りができないかと模索していたところ、本屋で見つけたのがカヤックフィッシング教書2という本でした。 何気なく手に取ったのですが、中身を見てこれだ、と思い、すぐに買って読みふけりました。 それがカヤックフィッシングとの出会いでした。 ただ、そこからすぐにカヤックフィッシングを始めた訳ではありません。 自分のカヤックを持つというところからして、実行に対する現実感がなく、カヤックフィッシングは雲の上の存在という感じでした。 それがカヤックフィッシングについて様々な本などで読むうち、実際に自分でもやってみたいという気持ちが強くなっていきました。 それと同時に、何となく自分でもできるのではないかというイメージができてきました。 そしてカヤックフィッシングを始めたくて居ても立ってもいられなくなってしまったので、まず入念に下調べを行いました。 カヤックフィッシングの参考図書のページで紹介しますが、カヤックやカヤックフィッシングに関する本を読み漁り、ネットでもカヤックに関するサイトやブログを片っ端から見て調べました。 本当は、体験をしたり実際に乗っている人に話を聞きに行ったりした方が良かったのですが、元来人付き合いが好きではないため、一から自力で始めるつもりで知識を集めました。 この点に関しては、今思えば無謀だったと思うのですが、急ぐわけでもなし、ゆっくり少しづつできるようになっていこうという気持ちで始めました。 カヤックを始めようと思い立ってから、モンベルに行ってカヤックの現物を見たりしました。 最初に見た時は、何といってもその大きさに圧倒されたことを覚えています。 カヤックを始める前に、必ず実物を見ておくことをお勧めします。 そうこうして、カヤックを購入するところから実際に釣りに行くところまで、自分でもできそうだというレベルまで想定が及んだので、カヤックフィッシングを始めることにしました。 カヤックの置き場をどうするのかということで、家族の反対に会ったりしましたが、最終的に押し切った形でカヤックを購入しました。 カヤックの置き場所については、カヤックを手に入れる前の準備のページに書いています。 実際にカヤックを手に入れてから、カヤックフィッシングを始めるのも大変でした。 カヤックは20kg以上あるので、まず海岸までの運搬が大変です。 そして、いざカヤックに乗って海に出ても魚が釣れず、もう二度とカヤックには乗らないと思いながら帰路に就くこともしばしばでした。 それでも数日経つと、また乗りたいと思ってしまうほどの魅力がカヤックフィッシングにはありました。 こうしてカヤックフィッシングを始めてから3年ほど経ちましたが、今では色々な魚を釣ることができるようになりました。 これからも安全に気を付けながら、カヤックに乗り続けたいと思っています。 今現在の目標は、まだカヤックで釣ったことのない魚を釣ることと、80cmオーバーの魚を釣ることです。