タイトル画像




カヤックとカヌー













カヤックとカヌー


カヤックフィッシングは、文字通りカヤックに乗って釣りをするものですが、ではカヤックとは何でしょうか。 このページでは、まずカヤックについて述べ、混同しやすいカヤックとカヌーの違いについても書いておきます。 私が乗っているのは、下の画像のようなシットオントップというタイプのカヤックです。 名前の通り、カヤック本体の上に人が乗るタイプです。 カヤック内部に外部から遮断された気室があり、この気室により浮力を確保しています。 カヤックフィッシングに使われるのは、このシットオントップのタイプが多いようです。 これとは別に、シットインカヤックというタイプのカヤックもあります。 カヤックの中に人が入って漕ぐタイプのものです。 腰のあたりにスプレースカートというものを装着し、船体に水が入らないようにします。 どちらかといえば、シットオントップよりもシットインの方がテレビなどではよく出てくるので、メジャーかもしれません。 ところで、カヤックと同じ様な水上を進む乗り物に、カヌーというものがあります。 カヌーと言えば、私が裏磐梯フォレストスプリングスで乗ったことのあるような、下の画像のようなものを思い浮かべます。 これらのカヤックとカヌーには、どのような違いがあるのでしょうか。 私の手元にある、シーカヤック教書という本に詳しく書かれていました。 このシーカヤック教書は、カヤックの概要から装備・テクニック・天候・安全管理などについて書かれており、海でなくともカヤックに乗る際には必読の書です。 そんなシーカヤック教書からの引用ですが、広辞苑などによると、カヤックは「エスキモーが狩猟に使う両舷漕ぎで軽量の小艇」と書かれています。 広辞苑→シーカヤック教書という又聞きになってしまうので良くないのですが、上の「」部分がカヤックの定義のようです。 その構造は、またシーカヤック教書からの引用ですが、木の枠にアザラシの皮を張り、漕ぎ手の腰のあたりの皮をひもで締めて浸水を防ぐようになっているそうです(これも広辞苑からの引用のようです)。 ということは、現在のシットインタイプのカヤックが、大元のカヤックに近い構造をしているようです。 ではカヌーはと言えば、またシーカヤック教書からの引用ですが、元々カヌーとは、大木を刳り貫いた舟、丸木舟のことを指しているそうです。 裏磐梯フォレストスプリングスで乗ることのできるカヌーは、材質がプラスチックではありますが、構造的には大元のカヌーと同じようです。 ここまでシーカヤック教書の記述を頼りに書いてきました。 書いていてまず思ったことは、シットオントップカヤックは、大元のカヤックとはかけ離れた構造をしているということです。 元々カヤックは、船内に人が入って漕ぐような構造の船ですが、シットオントップカヤックは船上に人が乗るタイプです。 想像ですが、カヤックの発達とともに、カヤックの中に気室を作れば上に乗っても安定することが分かり、そのような構造のカヤックが発達していったのかもしれません。 また、もう一つ思うことは、カヤックは浮力を確保するための気室がある構造になっていることが多いですが、カヌーには気室がありません。 そのため、カヤックはひっくり返っても沈没しにくいですが、カヌーはひっくり返れば簡単に沈没してしまいそうです。 昨今ではさらに色々なカヤックやカヌーが作られ、その境も曖昧になっている気がします。 気室の有る無しは、カヤックとカヌーを区分する一つの目安になるかもしれません。