タイトル画像




カヤックフィッシングの参考図書













カヤックフィッシングの参考図書


カヤック(フィッシング)を始めるにあたり、一番良いのは、すでにカヤックに乗っている人から話を聞き、手ほどきをうけることだと思います。 私の場合は近くにカヤックをやっている人がおらず、カヤックスクールなどに行くのも面倒だったので、勢いでカヤックを購入し、一人で海に漕ぎ出しました。 ただ、勢いに任せて購入したとはいっても、購入の前に実物を見に行ったり、本やネットで時間をかけて下調べを行ってから、カヤックを始めました。 その下調べの過程で、書店やAmazonに並んでいるカヤック関係の本はほとんど購入して読みました。 カヤックの書籍 上の画像は購入した本の一部ですが、カヤックの本だけでなく、ボートフィッシングや魚探の本なども集めました。 カヤックはまだマイナーなアクティビティーであり、関連する書籍も数えるほどしかありません。 カヤック・カヤックフィッシングに関係した本には、大きく分けて以下のような種類があります。 ①カヤックの漕法などが載っている教書 パドリングやレスキューの方法など、主に漕法について書かれた教書で、何冊か出ています。 カヤックフィッシングで主に使われているシットオントップではなく、シットインタイプのカヤックについて書かれたものがほとんどですが、シットオントップに乗る上でも非常に参考になります。 ②カヤック・カヤックフィッシングの雑誌 カヤックやカヤックフィッシングについて、漕法・カヤックに載っている人のライフスタイル・フィールドガイド・釣り方など、多岐にわたる事柄について書かれています。 有用な知識が断片的に書かれているので、いくつも読んでおいた方が良いでしょう。 ③その他の参考書 魚探・天気・海洋・など、直接カヤックに関する内容は出てこないものの、カヤックに乗るうえで有用な知識が載っている本です。 同じく沖に出て釣りをするボートフィッシングの本なども参考になります。 ④カヤックの体験記・小説 本はたくさん読んでおくに越したことはありませんが、①の中から2冊ぐらいと、②からできるだけたくさん、そして③の中から必要な物をピックアップして読めば、カヤックフィッシングを始めるのに必要な知識は手に入ると思います。 今のところ私が見た限りでは、カヤックを手に入れる前の準備から、沖に出るまでのことを網羅して書いている本は出版されていないようです。 それに加え、実際にカヤックを始めてみると本では分からないことも多々あり、それを発信したいと思ったことが、このサイトを作成する動機になりました。 ただ、当サイトはカヤックを始めて数年の者が作成したサイトです。 そのため、カヤックの漕法など技術的なことについて書く資格は無いと思い、書いていません。 カヤックを始めるにあたり、このサイトの内容だけでは不十分なところもあるので、必要な知識は適宜、本などで補ってください。 以下に、私が持っているカヤック関係の本の中から、いくつか選んで紹介したいと思います。 ・カヤックフィッシング教書カヤックフィッシング教書2 後で紹介するカヌーワールドの別冊で、私が一番最初に購入した、カヤックフィッシングを始めるきっかけになった雑誌です。 この本を書店で見つけた時に、カヤックフィッシングという言葉を始めて知りました。 当時、休日でも人がいない場所でのんびり自由に釣りができる方法は無いかと模索していたところ、書店でこの本に出会って”これだ”と衝動買いしました。 海から淡水まで、豊富なカヤックフィッシングの記事や、様々なカヤックの情報などが載っています。 この雑誌を読みながら、どのカヤックにどういう道具を乗せて海に出ようか、などとワクワクしながら想像を膨らませていました。 ・カヌーワールド カヌー・カヤックのメジャーな雑誌です。 内容が多岐に渡って充実しており、カヤック乗りのスタイルが紹介されていたりするのが参考になりますし、フィールドガイドなども充実しています。 カヤックフィッシングの内容が載ることもあったりして、私は毎号買っています。 ・超入門パドリングテクニック教書 カヌーワールドのハウツー記事をまとめた本ですが、カヤック漕法の教書となっています。 漕法の教書はいくつかあり、内容に似ている部分もあるのですが、この本は外洋を長距離漕ぐ記事が載っているのが特徴です。 漕法の教書はいくつか購入して見比べてみてください。 ・シーカヤック教書 これもカヤックの教書ですが、今までこのページで教書と書いてきた本とは一味違う、本格的な教科書です。 「本格的な」ということの意味は、本の内容が最初にシーカヤックを学ぶ意義から始まり、文化論・装備論・漕法論というように続いていっているように、抽象的な根本概念→具体的な実践内容という、教科書らしい構成をとっていることを指しています。 その分、最初の方は概念的な話が多く、また全体的に文章メインで写真が少ないため、他のカヌーの本より読みにくく感じるとは思います。 カヤック乗りとして必ず読んでおきたい一冊です。