タイトル画像




カヤックの車載について















カヤックの車載について


これまで、カヤックの車載準備ラッシングベルトの使い方などについて書きました。 このページでは、具体的な車載の方法について書いていきます。 カヤックの車載 カヤックの車載は、カヤックフィッシングのとても大事な一要素です。 万が一、車で移動中にカヤックが落ちてしまったら、大事故につながるかもしれません。 このページに書いた車載方法は私が実際に行っている方法ですが、高速道路や急カーブの多い道を走っても、今のところ問題なくカヤックを固定できています。 前ページの繰り返しになりますが、私はキャリアバーを車の天井に取り付け、その上にカヤックを固定しています。 カヤックの車載 キャリアバーは金属製の丈夫な棒で、持ってみるとずっしりと重みがあります。 その上に直接カヤックを乗せると、カヤックが傷んでしまうため、バーにクッションを巻いてからカヤックを乗せます。 カヤックの車載 そして、カヤックをバーにラッシングベルトで固定します。 カヤックの車載 ラッシングベルトは器械式のベルトで、人力で固定するよりもはるかに大きな力で荷物を固定できます。 ラッシングベルトの使い方は前のページに書いています。 ラッシングベルトだけで充分な強度になりますが、私は一応、手締め式のロープでカヤックの前後と車の前後をつないでいます。 カヤックの車載 カヤックの車載 このロープは手締め式のロープなので、固定強度は弱いと思います。 それでも付けているのは、固定の役割はもちろんですが、運転中ラッシングベルトやカヤックに何かがあった時のためです。 運転中だと、天井に乗っているラッシングベルトやカヤックの様子は見えないのですが、車の前後に付けたロープは見ることができます。 カヤックの車載 ラッシングベルトに何かがあった時に、ロープに変化が出てそれを察知することができると思い、一応付けています。







車載の手順


では、カヤックを車載する手順を書いていきます。 カヤックは重くて大きいので、できるだけ広い場所で車載しましょう。 車の上にカヤックを乗せるときのコツは、落ち着いて一つ一つの動作を行うことです。 まず下準備として、キャリアバーにクッションを巻いておきます。 カヤックの車載 上の画像の右に見えるものは、バーの中に入るサイズの角材にクッションを巻いたものです。 カヤックの車載 クッションは電源コード用のケーブルタイで固定しています。 カヤックの車載 これをバーに差し込んでおくと、カヤックを立てかけて楽に車載することができます。いわゆる便利グッズです。 さて、準備ができたらカヤックを車の横に置きます。 カヤックの上側(人間が座る側)が車に向くように置きます。 このときカヤックの先端・後端が車の先端・後端のどちらにきても問題ありません。 ここが一番力の要るところですが、カヤックの片端を持ち上げ、便利グッズのクッションバーに立てかけます。 カヤックの車載 次に、カヤックの地面についている側を持ち上げ、キャリアバーにカヤック全体を乗せていきます。 カヤックの車載 クッションバーがあれば、てこの原理により、それほど力は要りません。 カヤックの車載 カヤックが乗ったら、車の前後左右から位置を確認しながらカヤックをずらし、車の中心線とカヤックの中心が一致するようにしましょう。 カヤックの車載 カヤックの位置を決めたら、下の画像のように、ラッシングベルトとロープでカヤックを固定します。 カヤックの車載 ベルトとロープ、固定する順番はどちらからでも良いと思います。 今回はラッシングベルトから締めていきましょう。 ラッシングベルトは、荷締め機が付いているベルトと付いていないベルトに分かれています。 カヤックの車載 まずは荷締め機が付いていない方のベルトを、キャリアーに巻きつけます。 バーの下にベルトのフックを通し、フックに2~3回ベルトを巻きつけます。 カヤックの車載 カヤックの車載 画像ではベルトが捻じれています。捻じれは直しておきましょう。 ベルトの端は向こう側に投げておきます。 反対側に周り、荷締め機の付いている方もフックにベルトを巻きつけます。 カヤックの車載 ここで注意点ですが、ベルト締めた時に、荷締め機の金属部分が、カヤックの角に当たらないようにしなければいけません。 カヤックの車載 金属部分が角に当たったまま締め付けると、カヤックが破損する原因になります。 そのためには、フックの部分に何度かベルトを巻き付け、長さを調整しておきます。 カヤックの車載 荷締め機とカヤックが当たる部分には、クッションを入れておきましょう。 カヤックの車載 このままベルトを締めていきます。 ラッシングベルトの使い方は前のページで説明しています。 カヤックの車載 ベルトを締めすぎないよう、ベルトを少し締めたら手で触って確認し、少しだけ余裕があるぐらいまで締めましょう。 締め終わったら、カヤックを下から手で揺すってみて、カヤックと一緒に車がグラグラと動くようであれば、固定は充分です。 次はカヤックと車の前後をロープでつなぎます。 下の画像の玉掛け用ロープを、カヤックのスカッパーホールに通します。 カヤックの車載 カヤックの車載 そこにロープのフックを引っ掛け、ロープの逆端に付いているフックを車の下に引っ掛けます。 カヤックの車載 ロープに体重を掛けて締めていきましょう。 運転席から見るとこのようになります。 カヤックの車載 最後に、もう一度ラッシングベルトと前後のロープに緩みがないか確認しましょう。 問題なければ、ベルトとロープの余りを処理します。 ベルトの余りは、ベルトとカヤックの間にでも挟んでおき、ロープの端は玉にして、ヒラヒラしないようにしておきます。 カヤックの車載 これで完成です。 運転の際は速度と急カーブに気を付けてください。 駐車の度にカヤックを揺すってみて、ベルトやロープに緩みがないか確認しながら運転してください。