タイトル画像




カヤックの選び方













カヤックの選び方


カヤックの購入を考えるとき、どのようにしてカヤックを選べば良いでしょうか。 このページでは購入するカヤックの選択基準について書いていきます。 まず、手に入るカヤックの種類自体がそれほど多くありません。 カヤックの製造メーカーは多くないので、購入できる種類や購入方法は限られており、数少ない選択肢の中から選ぶことになります。 逆に言えば、選択肢の少なさから、選ぶときあまり迷わずに済むということでもあります。 私はカヤックを購入する際、主に以下のサイトを参考にしました。 ・モンベルオンラインショップ ・amazon ・バイキングカヤック ・kayak55 上に挙げたサイトの他にも、カヤック本体が購入できるサイトはあります。 「カヤック 購入」などで検索するとたくさんページが出てきます。 ネットサーフィンに加え、モンベルの実店舗にカヤックの実物を見に行きました。 購入を考えているカヤックとは別のカヤックでも良いので、購入する前にぜひ実物のカヤックを見ておいてください。 実際に見てみると、こんなに大きいのかと驚きます。 カヤックの購入 後はカヌーワールドなどの雑誌や本も参考になります。 カヤックの購入を考えていた時、カヤックワールドに載っているカヤックのカタログをワクワクしながら見ていました。 購入できる選択肢の中から、以下のような選択基準を基に、購入するカヤックを決めていきます。 1.大きさと重さ 私が購入したのはBARRACUDAというカヤックです。 大きさは長さ295cm✕幅78cmで、20kg以上あります。 カヤックの選び方 これでもカヤックの中では小さい方だと思います。 私は完全ソロなので、一人で運搬や車載をしなければいけません。そのため、できるだけ小さく軽いものを選択しました。 カヤックが小さいと漕ぐときに小回りが効きますが、安定性が悪くなりますし荷物の積載量が減ります。 波の穏やかな内湾や湖などで乗るのであれば、このぐらいの大きさで問題ありません。 毎回2人以上でカヤックフィッシングに行くならば、大きい物を選んでも持ち運びは問題ありませんし、シートが2つの物を選んで一緒に乗ることもできます。 また、カヤックの大きさに関して注意が必要なことは、車載のとき、積載する荷物が「車の長さ✕0.1」よりも飛び出している場合は届け出が必要になるようです。 カヤックの選び方 大きいカヤックを購入するときはこの点注意が必要です。 カヤックの素材も色々ありますが、手に入りやすいのはポリエチレン製の物がほとんどです。 素材によってはポリエチレンより軽い物があるようですが、現状はほぼポリエチレン一択です。 2.値段 生死に関わる物なので値段の妥協は良くないと思うのですが、穏やかな内湾などで乗るのであれば、一番安い価格帯の物で大丈夫だと思います。 私が購入したカヤックは7万円でした。7万円ぐらいがカヤックの値段の最低ラインだと思います。 モンベルでも安い物で7万円ぐらいから、ちゃんとしたメーカーの物が買えます。 比較検討する中で、何度も名前を目にするようなメーカーが出していて、新品の物であれば大丈夫だと思います。 中古の物はやめておいたほうが良いでしょう。 3.付属の装備や仕様 用途に適した大きさ・重さと予算の範囲から選択肢を絞り込んだら、後は付属の装備や積載スペースなど、細かい部分を見ていくことになります。 積載スペースは広い方が良いですし、ロッドホルダーも付いている方が良いです。 カヤックの選び方 カヤックの選び方 ロッドホルダーが付属していなくても、後からスコッティ―やラムのロッドホルダーを取り付けることもできます。 カヤックの選び方 私のカヤックは、真ん中にマウントを取り付けるネジ穴がありました。 カヤックの選び方 ただ、スコッティ―のマウントを取り付けようとしたところ、少しだけサイズが合わず、ネジ穴を削って広げ、無理やり取り付けました。 カヤックの選び方 カヤック内部に通じるハッチの大きさも大事です。 カヤックの選び方 ハッチはできるだけ大きい方が、中に色々な荷物を入れられて良いと思います。 私のカヤックのハッチは、魚探のバッテリーがギリギリ入るぐらいの大きさで、バッテリーをカヤック上に置かなくて済むのでとても助かっています。 カヤックの選び方 購入の前に、カヤック内に入れたい荷物がハッチを通るかどうか、シミュレーションをしておきましょう。