タイトル画像




ラッシングベルトの使い方













ラッシングベルトの使い方


ラッシングベルトとは荷締め器付きのベルトのことです。 ラッシングベルトの使い方 器械の力で、人力だけでは不可能な固縛力で、荷締めすることができます。 ラッシングベルトの使い方 私は車上のキャリアーに、20kg超のカヤックを固定していますが、2本のラッシングベルトで充分固定できています。 ラッシングベルトを購入する際は、ベルトの長さが実際に使う寸法よりも長いものを選択しましょう。 荷物を締めた後で、ベルトは切って調節することができます。 荷締め器の使い方ですが、ラッシングベルトは2つのパーツに分かれています。 ラッシングベルトの使い方 荷締め器に、もう片方のベルトの端を通して折り返します。 ラッシングベルトの使い方 ラッシングベルトの使い方 この時点でベルトの端を強く引っ張り、できるだけ端を引き出しておきます。 上の画像では、ベルトの端が分かるよう、器械から出ている部分を短くしていますが、実際に使うときはもっと長く引き出しておかなければいけません。 実際にラッシングベルトを使う場合、付属のフックなどを使い、荷物を車などに巻くようにして固定します。 ラッシングベルトの使い方 ラッシングベルトの使い方 ラッシングベルトの使い方 荷締め機は金属なので、荷物が傷つかないように上の画像のよう、荷締め器と固縛する物の間にはクッションを入れておきましょう。 ラッシングベルトの使い方 ラッシングベルトの使い方 ベルトの端を引っ張りながら、荷締め器のレバーを赤矢印のように上下させ、ベルトを締めていきます。 ラッシングベルトの使い方 先述の通り、上の画像ではベルトの端を充分に引き出していないので、実際に使う場合はもっと引き出してから使ってください。 かなり強い力で締まるので、レバーを上下させるたびにベルトの張り具合を触って確認し、少し余裕のあるぐらいまで締めましょう。 最後に、余ったベルトの端を挟み込むか、結ぶかして処理しましょう。 ラッシングベルトの使い方 ラッシングベルトの使い方 なお、これから同じ荷物をずっと運び続けるようであれば、荷締めをした段階で、ベルトの端を丁度よい長さに切っておきましょう。 ラッシングベルトの使い方 切った後は、必ずライターなどで端を炙っておきましょう。 ラッシングベルトの使い方 そうしないと下の画像のようにほつれてしまいます。 ラッシングベルトの使い方 以上が荷締めの手順ですが、最後にベルトの緩め方を書いておきます。 下の画像の赤矢印の部分を、赤矢印の方向に引き上げるとレバーの固定が外れます。 ラッシングベルトの使い方 赤矢印の部分を引き上げつつ、荷締め機を引っ張りながらレバーを開閉していきます。 そうするとベルトが緩んできます。