タイトル画像




魚群探知機の配置について















魚群探知機の配置について


前のページでは、私が使用している魚探のガーミンストライカー4バッテリーについて、説明しました。 カヤックで魚群探知機を使う際、本体とバッテリー・振動子・そしてケーブルをカヤック上にどう配置するかが問題になります。 このページでは、私が行っている配置方法を紹介します。 魚群探知機は、先程述べたように本体・バッテリー・振動子・ケーブルで構成されています。 魚群探知機の配置 本体はカヤック上の、自分が見えるところに置く必要があります。 魚群探知機の配置 私はストライカー4の本体を、カヤックのペットボトルホルダーに入れて使っていました。 魚群探知機の配置 魚群探知機の配置 ホルダーはちょうど本体がすっぽり入る大きさです。 このままでは安定しないので、吸盤で止めたりして固定していました。 ただ、ボトルホルダーにプライヤーなどのよく使う道具を入れたくなったので、今では、カヤックに装着したScotty(スコッティ)のフィッシュファインダーマウントに本体を取り付けています。 魚群探知機の配置 魚群探知機の配置 「カヤック→スコッティのマウント→スコッティのフィッシュファインダーマウント→魚探本体」という順に取り付けています。 魚探マウントと魚探本体は、ケーブルをまとめるためのケーブルタイでくっつけています。 魚群探知機の配置 ケーブルタイは非常に便利で、物を固定する時に役立ちます。 ストライカー4の本体には、バッテリーと振動子をケーブルでつなぐ必要があります。 魚群探知機の配置 配線を考える上で難しいのは、このバッテリーと振動子の位置です。







バッテリーと配線について


まず、ケーブルはできるだけカヤックの上に出さない方が良く、出すならばできる限り短くするのが基本です。 カヤックの上にケーブルを出しておくと、ルアーのフックが引っかかってしまったり、乗員がカヤックから投げ出された時に、ケーブルが絡まって大事故につながる可能性があります。 私は最初のころ、ケーブルに吸盤を取り付け、カヤックの上にケーブルをペタペタと這わせていました。 魚群探知機の配置 今にして思えば、危ない事この上なかったと思います。 実際、ルアーのフックがケーブルに何回か引っかかったりしていたので、もしフックがケーブルに刺さっていたら、魚探が故障していたかもしれません。 カヤックの上にできるだけケーブルを出さないためには、振動子とバッテリーを本体の近くに置くか、ケーブルをカヤックの中に入れて配線するのが良いでしょう。 ただ、バッテリーは重くて大きいので、本体の近くに置くのは難しいと思います。 置くとしても、後ろの荷物スペースに置くしかありませんが、そうすると必然的に、カヤックの上を這わせるケーブルが長くなってしまいます。 魚群探知機の配置 私は色々とバッテリーの置き場所を考えた末、カヤックの中に入れることにしました。 幸いなことに、私の使っているバッテリーは、カヤックのハッチから中に入れることのできる大きさでした。 魚群探知機の配置 問題は、カヤック内部のバッテリーから出たケーブルを、どうやってカヤック上の本体につなぐかということです。 それを解決するために、カヤックにドリルで穴を開けることにしました。 ストライカー4のケーブルは、一番太い部分で11mmぐらいでした。 そこで、魚探本体のそばに11.5mmの穴を2つ空け、そこに電源と振動子のケーブルを通すことにしました。 魚群探知機の配置 魚群探知機の配置 魚群探知機の配置 上の画像では4つ穴が空いていますが、右側の2つの穴は、本体をボトルホルダーに入れていた時に使っていたものです。 今は左側の2つの穴を使っており、ホルダー側の穴はふさいでいます。 これでバッテリーはうまくカヤック内に収まりました。







振動子の配置について


次の問題は振動子です。 これもまた厄介で、振動子は音波を出す装置なのですが、魚探を使うときは水中に入れておかなければいけません。 魚群探知機の配置 魚群探知機の配置 基本はカヤック側面の下側など、常に水中に入る部分に取り付けて使うことになるでしょう。 また、衝撃を与えると良くないらしいので、地面にこすらないよう、離着岸のときには外しておく必要があります。 ある程度頑丈に固定することができ、なおかつ取り外しが簡単にできる方法がないかと考えた末、吸盤で側面に取り付けてみることにしました。 魚群探知機の配置 固定用のパーツに含まれていたケーブルタイを使い、振動子に吸盤を取り付けました。 魚群探知機の配置 吸盤一個だとゆらゆら揺れてしまい、魚探画面の表示に悪影響が出てしまう気がしたので、吸盤は3つ取り付けました。 これは割りと上手くいき、カヤックの側面にピタッと取り付いて離れず、逆に引っ張れば簡単に外れました。 魚群探知機の配置 画像の手前、カヤックの側面下側に振動子を取り付けます。 このように、うまくいく方法がないかと試行錯誤しているときはとても楽しいものです。 カヤックフィッシングはまだ行っている人が少なく、出回っている情報も少ないため、その分自分で試行錯誤する面白さあります。 さて、上手い形でカヤックに振動子を取り付けることができたのですが、まだ使い勝手の良くない部分がいくつかあります。 まず、離着岸の際にいちいち振動子を外さなければいけないというのが面倒です。 たまに振動子を外し忘れ、付けっぱなしのまま着岸してしまったこともありました。 さらに、カヤックを漕いでいる時に振動子が水流を受け、抵抗になってしまうのも嫌でした。 実際のところどのくらい影響があるのか分かりませんが、カヤックを漕いでいると振動子を付けている側が引っ張られ、思うように進めない気がしていました。 そして、振動子と本体をケーブルでつながなければならないことから、どうしてもケーブルが外に露出してしまいます。 魚群探知機の配置 画像の右側、吸盤で張り付いているケーブルが、振動子と本体をつなぐケーブルです。 ケーブルがぐるっと右舷側を取り巻いているので、ルアーの落とし込みや魚の取り込みの際に邪魔になってしまいます。 これらの問題を解決し、もっとスマートに振動子の配置と配線を行う方法はないかと考えました。 予め振動子はカヤックの上に上げておき、ポイントに着いてから海中に入れるという方法もあります。 しかし、そもそもポイントが分かりにくいカヤックフィッシングでは、魚探の画面を見ながらカヤックを漕ぎ進め、現れる反応を見ながらポイントを探したいものです。 魚群探知機の配置 魚の反応があるかどうかだけでなく、現在カヤックが浮かんでいる場所の水深や、海底地形なども把握しながら漕ぎ進められるほうが、何かと便利です。 常に反応を見られるようにはしておきたいが、振動子を水中に入れておきたくない。 このような贅沢な悩みを解決する方法は無いかと、本やネットで調べ回ったところ、振動子をカヤック内部に入れても魚探を使うことができる方法を見つけました。 それが、振動子をカヤック内部の底に、入れ歯用のポリグリップで貼り付ける方法です。 どこかのサイトで見つけた方法だと思うのですが、どこに書いてあったのか忘れてしまい、探しても見つけられませんでした。 魚群探知機の配置 振動子の底面にポリグリップを塗りつけます。 魚群探知機の配置 カヤックの底にグリグリと押し付けます。 魚群探知機の配置 振動子につながっているケーブルは、バッテリーと同じく、カヤックの天面に空けた穴を通して本体につなぎます。 魚群探知機の配置 入れ歯安定剤のポリグリップは、振動子を船底にピタッと隙間なく貼り付けることができ、剥がすときも簡単に剥がれます。 カヤックを漕いでいて振動子の位置がズレたり、倒れたりすることもありません。 音波の通りも良いようで、魚探の画面も問題なく表示されます。 魚群探知機の配置 もしかすると、海底がギザギザしている部分や画面に写り込んでいる細かい点などは、振動子を船底に貼り付けているために出る反応なのかもしれません。 それでも実用には全く問題なく、小魚のような反応が出ているところにルアーを落とすと、フィッシュイーターがよく釣れます。 これで、本体以外をカヤック内に納めることができ、配線もスッキリしてカヤックを漕ぐときのストレスが無くなりました。