青物の釣り方・巻き方編




|青物の釣り方・やり取りの仕方編>

<青物の釣り方・投げ方編|



カテゴリーのトップに戻る


着水後について


 ルアーが海面に届くと水面に波紋が立ちます。そして、糸がリールから出る様子が緩やかになるので、それで着水を知ることができます。

 着水したらすぐにベールを降ろし、糸の弛み(糸ふけ)がなくなるまで糸を巻きます。

 PEラインでトラブルが起きる原因の最たる物は、糸ふけです。糸をできるだけ弛ませないようにしましょう。




 糸ふけを少し巻き取ったらベールを起こし、指でテンションを掛けながら糸を出していきます。

 メタルジグは結構なスピードで沈んでいきます。そのまま底まで沈めましょう。

 ルアーが沈んでいるときは糸が勢いよく放出されます。ルアーが底に着くと糸の放出が止まります。

 底に付いた瞬間、間髪入れずにベールを降ろし、竿を強くあおってルアーを動かします

あおり

 青物は動体視力が良いので、ルアーの動きを止めると見切られてしまうからです。

 なお、このあおった瞬間が一番アタックが多いです。気を張っておきましょう。

 以下の2つの動画では、ルアーを着底させてあおった瞬間にアタリがきました(動画は音が出ます)。


メタルアディクトでイナダ釣り


ムーチョ・ルチアでヒラメ釣り



 竿をあおったら巻き取りの開始です。

 リーリングの際、特にアクションを付ける必要はありません。早めのただ引きで結構です。

 青物は縦の動きに着いてくるのが苦手だと言われています。また、サゴシは捕食が上手ではありません。

 なので下手にアクションさせるとミスバイトが多くなります。




 巻くときは下の画像のように竿尻をわきの下に挟み、手でリールフットの辺りを持つと安定します。

 肩に力を入れず、できるだけ楽な姿勢で釣りをしましょう。

巻き

 青物釣り全体を通してのコツは、とにかく体力を減らさないこと、楽をすることです。

 青物はアクションをつけなくても釣れますが、アクションはいらないという先入観を持つのも良くないです。釣れなければ色々と試してみましょう。

 アクションを付けるなら、早めに巻いている最中唐突に一瞬だけストップするというのが効果的です。

 ルアーがバランスを崩して光を乱反射するのと、食わせのタイミングを作るという効果があると思います。

 これはサゴシにもイナダにもよく効きます。

 他にも、着水後すぐに巻いて表層を攻めたり、中層を巻くなどして、攻めるタナを変えてみましょう。




 青物釣り上達のコツは、周りの釣れている人をマネることです。

 リールの巻き取りスピードアクションどのくらい沈めてから巻き始めているかなどを参考にしましょう。





|青物の釣り方・やり取りの仕方編>

<青物の釣り方・投げ方編|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る