タイトル画像




青物釣りのルアーの操作について















良い釣り方について


このページでは青物釣り初心者の方に向け、青物を陸からメタルジグで釣る際の、ルアーが着水した後の竿やリールの操作について書いていきます。 青物釣りのルアー操作 メタルジグは金属の棒のため、ただ巻くと細かい振動を起こしながらもほぼ一直線に引かれてきます。 青物釣りのルアー操作 その実直さから、竿を動かしてアクションを付けやすいのが特徴です。 重さと抵抗の少なさから沈むのが早く、色々な層を探りやすいのもポイントです。 沈むのが早いということは一定の層をゆっくりと引くのが苦手ということでもあります。 メタルジグの操作の仕方について書く前に、前提として、これが正解という操作はないということを述べておきます。 良い釣り方とは何かということを考えると、青物を釣ろうとしているからには、青物がたくさん釣れるのが良い釣り方だということになります。 青物釣りのルアー操作 ある場所ではメタルジグを底まで沈めてゆっくり引いてくるとよく釣れるかもしれませんし、他の場所では早めにアクションを付けるとよく釣れるかもしれません。 同じ場所でも表層を早巻きするとサゴシが釣れ、底層を普通に巻くとイナダが釣れるかもしれません。 ナブラが起きていれば、ジグをナブラの周囲に落として着水後にすぐ早巻きするのが良いでしょう。 青物釣りのルアー操作 つまり、どのような操作が良いのかということは、場所や時間帯・天候・対象魚・使っているジグなどあらゆる状況によって変わるかもしれないということです。 実際、私は特定のアクションを付けている人だけが釣れている場面に遭遇したことがあります。 釣り場や状況ごとの良い操作を見極めるにはどうしたら良いでしょうか。 魚がどの層に居るかは目に見えないので分からないことが多いですし、魚がどのアクションを好むのかも、魚の気分次第なので分かりません。 一つヒントになるのは、周りに釣り人がいれば、釣れている人の釣り方が参考になるかもしれません。 ルアーが着水してからどのくらい経過してから巻き始めているか、どのようなアクションを付けているかなどを見てみましょう。 例えばルアーを長い時間沈め、細かくアクションを付けている人が釣れているなら、それを真似してみても良いでしょう。 ただ、自分が使っている道具やルアーがその人の物と同じということはないと思うので、同じ様な操作で同じ様に釣れるとは限りません。 アクションを付けるのは結構難しく練習が必要ですし、自分のルアーに合ったアクションかどうかも分かりません。 また、釣れている人が底層を狙って釣っていたとしても、実は表層の方が魚がたくさんいるということもあり得ますし、実はアクションを付けない方が魚の反応が良いかもしれません。 どう操作したら正解なのかということを見極めるのは難しいことですし、もし正解があったとしてもその通りに操作できるかどうかは別問題です。 前述の通りアクション一つ付けるにしても慣れが必要だからです。 ではどうすれば良いのでしょうか。 私の提案は、まず一つのやり方だけ徹底して行い、その方法で何匹か釣ってみましょう。 一つのやり方で釣れるようになると応用も効くようになります。 次の項では釣り方の一例として、比較的操作しやすく釣れやすい方法を紹介します。







ルアー着水後の操作の一例


では私がよく行っている釣り方を書いていきます。 下の動画もご覧ください。 まずメタルジグを投げますが、ジグが水面に着水すると波紋が見え、糸がフワッと弛みます。 青物釣りのルアー操作 ジグが着水したのが分かったら、糸ふけを取るため、リールのベールを下ろして糸を巻きます。 できればジグが飛んでいる間にも、指で糸を軽く押さえ(サミング)、糸ふけができるだけ少なくなるようにしましょう。 糸ふけを少なくするのは、糸ふけが様々なライントラブルの元だからであり、周りの人との糸がらみの原因にもなるからです。 また、この後ジグを海底まで沈めていきますが、糸ふけがあるとジグが海底に着いたのが分かりにくくなりますし、糸ふけが竿の動きを吸収してしまいジグに初動をつけにくくなってしまいます。 さて、着水後に糸ふけを巻き取ったら、再度リールのベールを起こし、ジグを海底まで沈めていきます。 この時、指で糸をごく軽くつまみながら、糸を放出していきます。 こうするのは、糸ふけを少なくするためというのと、ジグが海底に着いたことをすぐに察知するためです。 ジグが海底に着くと張りつめていた糸がフッと弛みます。 その瞬間、間髪入れずリールのベールを下ろして糸が出ないようにし、竿をあおります。 竿をあおる時、瞬間的に強くあおると根掛かりしていた時に竿が折れたりするので、そこそこの速度で力強くグワンとあおりましょう。 この竿をあおる動作は、ジグが底に着いた時に動きを止めないために行います。 ジグを沈めるとき、やる気のある魚が海底までジグを追ってきていることが多く、この海底からの立ち上がりは一番ヒットする確率が高い瞬間です。 青物釣りのルアー操作 ジグが海底に着いた時に動きが止まってしまうと、魚に見切られてしまいます。 ジグが海底で止まってしまわないよう、ジグを沈めるときは集中し、海底に着いたらすぐに竿をあおることを意識します。 さて、竿をあおったら糸を巻き始めます。 糸を巻くときは竿先を動かさず、アクションを付けずにただ巻きします。 竿先は下の方に向けながら、一定の速度で巻いてきます。 巻く速度は、ジグが自然に動く速度が良いでしょう。 巻いているときに竿から手に伝わる、ジグの振動が最大になるような速さで巻きます。 巻くときは下の画像のように竿尻を脇に挟み、できるだけ全身の力を抜いて巻きます。 青物釣りのルアー操作 何十回・何百回と投げて巻きを繰り返すことになると思うので、どこかに余計な力が入ってると疲れてしまいます。 ジグが足元に来るのが見えたら、竿を上げてジグを回収します。 強く上げるとジグが跳ねて危険なので注意しましょう。 ジグを回収したら、PEラインやリーダに傷がないか、竿先のガイドに糸が絡んでいないかなどを確認します。 面倒ですが、一回一回確認することで余計なライントラブルが減り、釣果がアップします。 問題なければ投げ直し、底まで沈めて巻いてくるのを繰り返します。 釣れなければ上の動画のように、巻いている途中でもう一度底まで沈め、巻いてみても良いでしょう。