青物の釣り方
投げ方編




|青物の釣り方・巻き方編>

<(青物)釣りのマナー|



カテゴリーのトップに戻る


目次






ルアーの投げ方


 ルアーを遠く正確にキャスティングする技術は、ルアーフィッシングでは必須です。

 投げ方はまずオーバーヘッドキャストを習得しましょう。

 オーバーヘッドキャストは全ての基本です。

改造ダイソージグでイナダ・ワラサ釣り



 ルアーを投げるときは、まずは飛距離を気にせず、正確に真っ直ぐ飛ばすことを目標にしましょう。

 真っ直ぐ飛ばせないと隣の人の迷惑になりますし、狙ったポイントを攻めることができません。




 飛ばすときは後ろを確認し、人がいないことを確認します。

 また、鳥が飛んでいるときは飛んでいくのを待ってから投げましょう。

前方の鳥

 最初に糸を人差し指で押さえ、リールのベールを起こします。

糸を押さえる

 竿を振りかぶり、振り下ろすと同時に糸から指を離してルアーを投げます。

 糸から指を離すタイミングは、ルアーが頭の上を通った時です。




 本などには、振り上げてからすぐに振り下ろすといった、ルアーが後ろに行くときの反動を利用する投げ方が紹介されていることがあります。

 ですが、最初はこの投げ方はお勧めしません。

 振り上げたら時間をかけて狙いをつけ、ひとつひとつの動作を確認しながら投げましょう。焦ることはありません。




 投げるときは力に頼るのではなく、右手を前に押し出すように、左手を下腹部の方に引きつけるようにして、てこの原理を使って竿を振ります。

 右手を支点、左手を力点にします。

 特に最初の内は、力を入れずルアーをふんわり投げるように心がけましょう。

 そして、どのタイミングで指を離したらルアーがよく飛ぶのか試行錯誤してみましょう。

 よく飛ぶタイミングが分かってきたら、少しずつ力を入れて竿を振る速度を早くしていきます。




 ちなみにミノーやポッパーを飛ばすときは、メタルジグのときより早めに糸を離すとよく飛びます。


真っ直ぐ遠くに飛ばすコツ


 竿を振りかぶったら、しっかりと飛ばしたい方向を向くようにします。

 肘と脇をしめ、右肘を飛ばしたい方向に向けます。このとき、肩に力を入れてはいけません。

投げ方1



 最初は、タラシを短め(30~50cmぐらい)にしましょう。長い方がよく飛びますが、コントロールが付けにくくなります。

 PEラインの先端にはショックリーダーが結ばれています。その結び目が竿のガイドを通ると結び目とガイドがぶつかってしまい、飛距離が落ちます。

結び目がガイド内にある状態
結び目がガイド内にある状態

 なので、最終的にはショックリーダーの結び目をガイドから出した状態で真っ直ぐ投げられることが目標です。

結び目がガイドの外にある状態
結び目がガイドの外にある状態

 ショックリーダーは70cm~1.5mぐらいの長さにとる場合が多いようです。

 私は1mにしているので、投げるときのタラシは1mぐらいになります。




 真っ直ぐ飛ばせない場合にありがちなことは、力を入れすぎていることです。

 ルアーを投げるときは力を使うのではなく、前述のてこと竿の弾力を使います。

投げ方2

 投げ始めの内は、力を入れても効率的に力を掛けるのは難しく、筋肉に負担が掛かります。

 まずは体に力を入れず、竿にルアーの重さを乗せて飛ばすイメージで投げましょう。

 そうして力の掛け方が分かれば、より遠くに、真っ直ぐルアーを飛ばせるようになります。腕にかかる負担も小さくなります。




 もう一つ、真っ直ぐ飛ばす上で大事なことは、竿を振ってルアーが飛んでいくときに竿を斜め上45度ぐらいに向けておくことです。

投げ方3

 うまく投げられない場合にありがちなことは、投げるときに竿を下まで振り下ろしてしまうことです。

振り下ろしてはいけない

 竿をルアーが飛んでいる方向に向けておかないと、糸がガイドから受ける摩擦が強くなり、飛距離が落ちますし真っ直ぐ飛びません。さらにPEラインが摩耗して切れやすくなります。いいことはありません。




 向かい風の時はルアーの飛ぶ軌道を低めにしましょう。

 オーバーヘッドキャストで投げるとき、糸から指を離すタイミングを心持ち遅くします。

 ルアーを重くすることも有効です。

 投げてルアーが着水する前に、指で糸にテンションを掛けるサミングという技術があります。

 これをすると糸ふけが出にくく、ライントラブルが少なくなります。

 また、ルアーが尻尾の方から着水するので着水音が小さくなったり、テーリング†1も防ぎやすくなるというメリットがあります。

†1 :糸にルアーのフックが引っかかり、エビのような状態になることです。こうなるとルアーは正常に動きません。





|青物の釣り方・巻き方編>

<(青物)釣りのマナー|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る