ダイソージグの初期設定




|ルアーのコーティングについて>

<ダイソージグのすすめ|



カテゴリーのトップに戻る



目次






針とスプリットリングの交換


 ダイソージグは買ってそのまま使うこともできますが、付属のフックとスプリットリングをそのまま使うのは不安ですし、使っていると塗装がすぐに剥げます。

ダイソージグ

 このページではダイソージグのおすすめのセッティングと、ダイソーで売っているマニキュアのトップコートを使った、簡易的なジグのコーティング方法を紹介します。

 ただ、このコーティング方法はあまり強度が高くありません。

 本格的にコーティングをするならば、ウレタンのコーティング液が必要です。

 ウレタンを使ったコーティングは、ルアーのコーティングについてのページで紹介します。




 私がダイソージグを使うときは、下の画像のようなセッティングにすることが多いです。

ダイソージグのセッティング

 リアにはシングルフックを2本逆向きにセットし、フロントにはアシストフックを装着します。

 シングルフックを使う理由は、根掛かり回避のためと、安いからです。

 磯などの根がきつい場所では、シングルフック一本を上向きにセットします。

 上の画像ではアシストフックをルアーに装着していますが、普段はスナップに付けることが多いです。

ダイソージグのセッティング

 以下ではおすすめのフックやスプリットリングなどを紹介します。

 フックの交換方法などは、ルアーのフックについてのページをご覧ください。魚の口とフックサイズを比べた画像もあります。

 上で紹介したセッティングに必要なものは、釣り具メーカーのスプリットリングと針、スプリットリングオープナー、アシストフックです。

  スプリットリングオープナー とは下の画像のような物です。

 ゴールドカラーの物もあります。

 下の画像のように使います。

スプリットリングの開き方

 爪やオープナーでリング間に隙間を空け、その中にルアーやフックに付いている環を通していきます。




 スプリットリングについては、 スミス スプリットリングハイパーワイヤー を使っています。

 少し値段が張りますが、 ハイパーワイヤー はかなり頑丈です。

 スプリットリングのサイズは、#3でほとんどの場合に対応できます。




 フックについては、 プラッキンシングル というシングルフックのサイズ2を愛用しています。

 1袋250円ぐらいで買えます。トレブルフックはその3倍ぐらいの値段がします。

 最初はシングルフックに魚が掛かるか心配していましたが、その心配は杞憂でした。

 サイズ2を使う理由は、下の写真をご覧ください。 プラッキンシングル とサゴシの口を比べたものです。

サゴシの口とフックサイズ
48cmのサゴシの口とフックサイズ
フックは上からサイズ2,4

 写真を見る限り、サゴシの口にサイズ4は小さすぎる気がします。

 サイズ2か、一つ上のサイズ1ぐらいが丁度良いでしょう。

 実際、サイズ2のフックでほとんどバイトを逃したことがありません。イナダも同様です。




 アシストフックは、 マイクロジグフロント のLargeを使います。

 シンプルな形状で、余計なアクセントなどが付いていないのが気に入っています。





ジグのコーティング


 ダイソージグからスプリットリングなどをはずしたら、パーツ交換の前にジグをコーティングして、塗装を剥げにくくします。

ジグベイトとジグロック

 ダイソージグは素のままでは塗装が非常に剥げやすく、1回の釣行で塗装がなくなってしまうぐらい弱いです。

ダイソージグの剥げ

 なので、できればコーティングもしておくことをおすすめします。




 コーティングのために用意するものは、ダイソーにも売っているマニキュアの トップコート です。


トップコート

 それと、ネイル用の ラメパウダー もあればジグのアピール力を増すことができます。


ラメ

 どちらもダイソーの女性用のコーナーにあるので買いにくいですが、魚を釣るためならなりふり構っていられません。




 買って来たら、まずはジグについているスプリットリングなどを全て取り外しましょう。

 そして、必ずしも必要ではありませんが、ジグを吊るせるような物があればそれにジグを吊るして作業しましょう。

 私は下の画像のようなルアーを吊るす道具を自作しました。材料は全て100円ショップで買えます。

ルアー吊るし

 ルアーを吊るすフックは針金を切って作りました。

フック

 一度に大量のルアーを乾燥させることができ、使いやすく重宝しています。

 または、このようなものがあると便利です。


TOOL×2クリッパー 3ヶクリップ

 TOOL×2クリッパー という物で、3つのクリップで物を固定して作業をすることができます。

 釣りの仕掛けを作る時などにも非常に便利です。

 私は釣り具の改造だけでなく、電子回路のはんだ付けなどにも使っています。

 一つ持っておくと色々な作業が楽になります。

 ルアーを吊るせる物が無ければ、チラシなどの汚れてもいい物の上にジグを並べましょう。

 それから塗装を始めますが、部屋を換気しながら行いましょう。トップコートは有機溶剤の臭いがプンプンします。




 まずは片面にトップコートを塗り、1時間ほど放置します。

 吊るしているならば、一度に両面を塗れるので、時間短縮になります。

 このときラメがあるならば、トップコートが乾かないうちに、好きな色のラメをジグに散らします。




 チラシの上でやる場合、乾燥したらひっくり返し、反対側の面も同様に塗装します。

 それも乾燥したらまたひっくり返し、トップコートを塗ります。

 そんなふうにして片側2回ずつ塗ると良いでしょう。

 もっと塗ればそれだけ頑丈になりますが、トップコートはジグの塗装を溶かすのか、塗りすぎると色がぼやけてきます。せいぜい片面3回までに留めた方がいいでしょう。




 ラメを散らすとこうなります。

ラメを散らしたジグ

 遠くから見てもよく光ります。

 ただし、ラメを散らす場合、ジグの表面が凸凹しますし、ジグからラメがぽろぽろ取れてしまい、ルアーケースを汚す可能性があるというデメリットもあります。

 これの改善策は、ルアーのカラーリングに書きました。




 トップコートを何度か塗っておけば塗装は頑丈になります。磯でルアーを3時間ぐらい使用して、ようやく剥げ始めるぐらいです。

 しかし、トップコートは元々塗られている塗料に乗りにくく、一度剥げ始めるともう止まりません。

 剥げてきたら使用をやめ、家でトップコートを塗りなおした方がいいでしょう。

 より強いコーティングはルアーのコーティングについてのページをご覧ください。





|ルアーのコーティングについて>

<ダイソージグのすすめ|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る