ルアーのコーティングについて




|シールでルアーのカラーリング>

<ダイソージグの初期設定|



カテゴリーのトップに戻る



ルアーのコーティング


 ルア-を堤防や岩などにぶつけると、塗装が剥げてしまいます。一度塗装が剥がれると、そこから剥がれが広がってしまいます。

 また、ダイソーで売っている100円の、通称ダイソージグなどは塗装がとても剥がれやすく、数十投で剥がれ始めます。

ダイソージグの剥げ

 このページでは、ウレタンコーティング液を使ったコーティング方法を説明します。

 お気に入りのルアーや塗装の弱いルアーをコーティングし、末永く使いましょう。




 ルアーをコーティングする方法でメジャーなものは、 ウレタン にドブ漬けするコーティング方法です。

 ルアーを糸やフックで吊るし、ウレタンの入った瓶にドブ漬けします。

ウレタンにドブ漬け
ウレタンにドブ漬け

 ドブ漬けの際は、あまり塗装が厚くならないよう、漬けたらすぐに引き上げます。

 そして何かに吊るして乾燥させます。

乾燥

 乾燥させたとき、ルアーの下の方のアイがウレタンで塞がっていることが多いです。

アイに付いたウレタン

 そのような場合は キリ(千枚通し) を塞がったアイに刺し、強めに回しながら突き通します。


キリ
テープでカラーリング
テープでカラーリング

 アイに付いていたウレタンを取ったら、ウレタンコーティングの完成です。

 ウレタンコーティングは簡単にでき、頑丈に仕上がるコーティング方法です。

 さらに頑丈にしたいならばドブ漬けと乾燥を2~3回繰り返しましょう。




 ちなみにダイソージグの初期設定のページでも紹介しましたが、ルアーを吊るした道具はダイソーで買った部品を組み合わせて作った物です。

ルアー吊るし

 ルアーをひっかけるフックもあります。針金を短く切って作りました。

フック



 私が使っているコーティング液は、 超!ケイムラウレタンフィニッシャーEX です。


ウレタンコートと薄め液

 パッケージ内には説明書と紙やすりが付属しています。

パッケージの中身

 このコーティング剤は、コーティングと同時にケイムラ塗装もこなすことができます。

 ケイムラ塗装が釣果に影響しているのかは分かりませんが、釣れそうな気がすると思わせてくれるという効果があります

 ルアーの選択についてのページに書いた通り、ルアー釣りは釣れると信じて投げ続けることが大切です。

 写真の右に写っているのは、 うすめ液 です。

 ウレタン液は開栓して放っておくと固まってきてしまうので、ちょくちょく薄め液を入れて柔らかくしなければいけません。

薄め液を入れる



 コーティング用のウレタンにもいろいろ種類があり、瓶の物の他にも

スプレータイプ の物なども売っています。




 ウレタンによるコーティングはとても頑丈に仕上がりますが、いくつかのデメリットもあります。

 まず、ウレタンコーティング液は容量が多いものしか売られておらず、やや高めです。

 さらに有機溶剤系の臭いが強く、コーティングする際は換気をよくしなければいけません。

 すぐ使い切らないと瓶の中身が固まって使い物にならなくなるので、気軽に使えないというデメリットもあります。

 稀にですが、ルアーの塗装とウレタンの相性が悪いと塗装が溶けてしまうこともあります。




 いろいろとデメリットを挙げましたが、それでもウレタンコーティングは現時点でベストなコーティングだと思います。

 頑丈なことはとても重要なことです。





|シールでルアーのカラーリング>

<ダイソージグの初期設定|


カテゴリーのトップに戻る

ホームページのTOPに戻る